就職活動中のみんなへ

そういえば、昨日12月3日は、聖フランソワの日でした。
つまり僕のお祭りです。
フランスではキリスト教のカレンダーがあり、
日替わりで聖人の日と定められています。
フランス製のカレンダーを良く見ると、365人の聖人の名前が
書かれているのに気が付くと思います。
フランス人の名前は、だいたい聖人から取ることが多いので
僕たちはお誕生日のほかにも、自分と同じ名前の聖人の日がくると
お祝いをします。

さて、12月に入りました。
いよいよ、2009年も終りに近いですね。

今年中にやっておきたいこと、来年新たに準備していることなどがあって、
楽しみや不安が入り混じるざわざわした時期ですね。

僕はというおt、来年1月から、新たに朝日新聞がはじめた
『ジョブラボ』という、働く女性のための応援サイトでコラムと、
それに連動したセミナーを始めます。

新たな試みなので、どうか楽しみにしていてください。
詳しいことが決まり次第、またお知らせします。

新たに始めることと言えば、2011年卒業の大学生達が
いっせいに就職活動を始める時期になりましたね。

僕も、予告どおり、先週はHi Touch Forum という
ベンチャー企業に特化した就職フォーラムイベントで
講演会をしてきました。

会場のある六本木の泉ガーデンにあるホールに入る前に
隣にあるブースの並ぶ会場をぐるっと一周して全体の雰囲気や
学生の顔を見て周りました。

ぴりぴりしたムードで、学生達の不安いっぱいの緊張感が伝わります。

講演会で何を話すかは、きっちり用意するものと、ゆるく用意するものに
分けておきました。
きっちり用意するものは話の柱です。これは2本ありました。
あとは会場の雰囲気を見ながら柔軟に対応していこうという感じです。

ちなみにこの日の話の骨子は:

1)自分を良く知ること

具体的には、何をやりたいのか、何をやりたくないのか。
それが実現するかどうかは次のステップの話であって
まずはあなたは何をどうしたいのか、という意思、気持ち、方向性の部分を
明確にすることはとても大切です。

2)情報の正しい取り方を知ること

これは日本の学生に特徴的なことなのですが、
なぜか就職希望ランキングを見てしまうみたいですね。
はっきり言って、このランキング情報は何の役にも立たないのです。
そんな役に立たない情報を見て、学生は一喜一憂する。
そんなことよりも、リアルに企業で働いている人に1人でも多く出会い、
お話を聞く。これに尽きます。

学生達の反応はとても真摯で、顔つきや頷き具合を見ていると
僕の言わんとしていることを理解をしてくれていることが
とてもよく伝わってきましたし、僕も彼らの心のうちが手に取るように
見えてきていました。

とにかく何かの力になれば、と思って言葉を選んで伝えました。
そして、少しでも自分探しや自分軸作りに役に立ってくれたらという思いです。

学生を含め、若い世代は日本の未来そのものです。
そんな彼らの頭と心を大事に育てていきたい、といつも考えています。

◆◆◆

リクナビ海外×デュボワ タイアップ企画

◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日更新】

◆◆◆

 NIKKEI NET 日経 Ecolomy 連載中

(↑クリック)

11/28(土)『Hi Touch Forum』で講演します

いよいよ、2011年度卒業生向けの就職活動イベントが
盛んに開催される時期ですね。

僕も、もちろん参加します。

今年は、『ハイタッチフォーラム』というベンチャー企業だけを集めた
フォーラムで講演をします。

今週の土曜日(28日)に六本木の泉ガーデンギャラリーです。
ご興味がある方は、ぜひ、遊びに来てください。

http://mvweb.jp/contents/editors/?cat=4

すでに講演会は、定員の100名を超えているみたいですが、
当日、がんばって会場に来てくれた人は、もしかしたら
まだ入るこむ余地があるかもしれません。

最初から「無理かも。」と諦めるより、
まずは現場に出向いてみる。
そこでまた次に新しい手が見えてきます。

講演会のテーマは
『デュボワ・メソッド式:自分の声を聞ける奴だけが、幸せな就職をする』
です。

実を言うと、会社だけを取りあえげて、どこの会社がいいとか、
どこの会社が良くない、というのはありえないと考えています。

むしろ、どこの会社があなたと相性が良いのか、いまいちなのか、
と言う方が正確です。

昔の就職活動だったら、例えば安定した地位や仕事を希望した際、
その指標として企業名で選ぶ傾向が非常に強かったものですが、
現在、その方法で選ぶととんでもない顛末が待ち受けていることは
日々の経済ニュースを見ていると、一目瞭然です。

最初は企業名に目をくらませていたら、
いつの間にか、会社の財務状況に立ち眩みが・・・なんてことになりかねません(笑)。

慶応のキャリア講座でも、まずは自分個人の感覚に基づいた考えを大事にしろ、
と、最初の授業からずーっと口をすっぱくして言ってきました。
これは、アカデミックな観点からすると、人に伝えることはできるけど
実際のところを教え込むのは非常に難しいものです。
それでも、絶対に外せない、キャリア教育のコアの部分です。

自分の感覚に基づいた考えを作り上げるには、
より具体的で正確な情報を手に入れること、
さらに情報を探しに行く嗅覚や行動力もいる。
でも、やっぱり、一番大事なのは自分の軸だ。

自分の軸が無いまま行動を起こしたり、発言していくと、
自分の外にある色づけされたり、操作された情報たちに
翻弄されて、最後はくたくたになって終わってしまう。

土曜日の講演会では、ぜひ、この軸のことや、
軸の見つけ方の話をしたいと思います。

大勢の学生の顔を見るのを楽しみにしています。

◆◆◆

リクナビ海外×デュボワ タイアップ企画

◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日更新】

◆◆◆

 NIKKEI NET 日経 Ecolomy 連載中

(↑クリック)