仕事でも何でも、一番たいせつなポイントは「力のかけどころ」ではなく「抜きどころ」を心得ることです

「今度こういうことに取り組むんですよ。」「そうか、がんばってね。」
「来週、試験なんだ。」「おお、がんばれ!」

こういう会話は、日本語を話すひとであれば、誰でも一度は交わしたことがあるでしょう。

一見、何でもない中身に聞こえますが、実は、ここに大きな落とし穴が隠されています。

それは「がんばれ」という言葉。

新しいことに取り組もうとしている、あるいは、試験を控えている人に対して、「がんばれ」と声をかけるのにどこも悪いことなどありません。単純に応援の気持ちを表現しているに過ぎないのですから、言われた方も、(ああ、応援されたし、よし、結果を出そう!)と思うことでしょう。

だけど、実際に取り組んでいる本人は、がんばるという意味の本質を勘違いしてしまうことが頻繁にあるようです。
「がんばる」というのは「ガムシャラになって、何が何でも食らいついて、結果を出してやる~!」という風にするものだと思い込んでいて、実際そうやって「がんばっちゃう」人が、いつまでも後を絶ちません。
イメージで想像するだけでもしんどいし、暑苦しいですね(笑)
しかも持久力が持ちません。持久力が持たないと、途中でアクションを止めてしまいます。そうすると、せっかく今まで積み上げてきたものも水の泡に帰すこともあります。

僕が考える、本来的な意味のがんばる、はもっと違っています。

それは僕自身も、昔は、しんどくて暑苦しいタイプの「がんばり」を実践していて、失敗をくり返し、これじゃない!と確信を得た後、さらに、中国武術(武当式)をやるようになってからは、ますますかつての「がんばり」方は全く逆効果だった、いや、かえって危険だ、ということに気がついたからです。

みんなが勘違いしている「がんばる」は、常に力みつづける動き方です。
これは、自分の足で時速100キロでずっと走り続けようと思うのと同じで、無理です。
途中で疲弊したり、怪我をしたり、あとで回復に要する時間も長くかかります。

僕がやっているのは、力まない動き方で、そこそこの時速30キロでいいから、止まらないように延々と走り続けるのと同じです。使う筋肉がまったく違います。体との対話の仕方も、疲労回復のさせ方も、何もかもが違います。
さあ、もうなんとなくわかってきましたね。

あなたのビジネスライフ、ひいては、人生は長いのです。

そんな長い人生のそこここで、いろんなイベントや事件が発生して、取り組んでいかなくちゃいけないのですから、常に時速100キロで走り続けながら、ガンガンがんばる!なんていうのは、どう考えても無理です。

結果を出そうと思えば、ここぞ!というポイントで力を抜かないと本領が発揮されません。
僕が考える本領とは、つまり才能のことです。才能、はリラックスした、良い集中状態の時に発揮されるものです。
中国武術(武当式)の動きでも、鋼のような筋肉の使い方をしている人は、簡単に負けます。柳のようにしなやかで、相手の動きに息を合わせて、無駄な動きをしない者が勝ちます。

このフレーズ、ビジネスで結果を出して来た方にも、必ず響くものがあると思います。

さあ、どこが力の抜きどころなのか、結果を出せる本当の動き方を、この秋開講する『アントレプレナーシップ講座』で、ぜひ一緒に学びましょう。

■大前研一のアタッカーズ・ビジネススクール

『アントレプレナーシップ講座』 by フランソワ・デュボワ

無料ガイダンス、随時、開催中。

★デュボワ・メソッド講座が、気軽に、六本木ヒルズで体験できます。

力の抜き方のテクニックのひとつとして、僕は「瞑想」を提唱しています。今週末の六本木ヒルズで、そのすばらしい効果を、実際に、体験してみてください。

第139回デュボワ・メソッドによるライフ&キャリアマネージメント講座
『ビジネス瞑想〜情報を遮断する快感。ストレスを切り離し、ブレない軸をつくる、1日20分の新習慣』
http://www.academyhills.com/artelli/detail/tqe2it00000nscf7.html

******

[ フランソワ・デュボワ New Album ]

『ダイヴ・イントゥ・サイレンス』(日本コロムビア)
フランソワ・デュボワ
2枚組CD・通常配信・ハイレゾ配信

dive_packages
■Amazon■
http://www.amazon.co.jp/dp/B00LTPMF3K

■通常配信■
Amazon mp3
iTunes

■ハイレゾ配信■
mora
e-onkyo
HD
ototoy

■dive into silence: official video■
http://youtu.be/sLQ4jQl6wxo

**********

 [電子書籍新刊!]

『日本人には教えなかった外国人トップの「すごい仕事術」』

〜カリスマたちの人生を豊かにする「秘密」〜 

(フランソワ・デュボワ著)

 対応機種:Windows / iPhone / iPad / Android S / Android M / Android L

Kodansha_book_cover_small

[大人気!] 

太極拳が教えてくれた人生の宝物-中国・武当山90日間修行の記

(講談社文庫)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド』

@大前研一のアタッカーズ・ビジネススクール

2014年9月生募集中!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

[デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木or金曜日更新]

 

この春、新しい海に漕ぎだしたすべての人々へ 

大前研一のアタッカーズ・ビジネススクールの『アントレプレナーシップ講座』1期目の“最終講義”が、先日行われました。

正直に告白すると、まさか、あそこまでハイレベルなプレゼンテーション大会になるとは、夢にも思っていませんでした!いい意味で受講生のみんなに裏切られて、心から嬉しいです。

実は、この話には前振りがあります。
2週間前に、課題の“個人プロジェクト”のプレゼンテーションをしてもらった際には、出来不出来のばらつきが激しく、このまま最終講義でのまとめプレゼンテーションではどんな結果が待ち受けているのか・・・と、実は気が気でなかったのです。(ははは・・・。)
だからこそ、受講生のみんなには、最後の発破をかけるつもりで、叱咤激励の厳しいメッセージを贈りもしました。

ところが、蓋を開けてみると、みんなの予想外の挽回力に、感動さえ覚えました。
この挽回力は、みんなの本気度から来ています。
本気で取り組むことで、自分にとって必要なことがうっすらと見えてきて、それらをとことん追求することになります。それが真剣なアウトプットとなって、プレゼンテーションを見ている側にもしっかりと伝わります。

3ヶ月に及ぶ全講義を終えて、受講生に最後に贈った言葉をもう少し膨らまして、ここに、もう一度まとめておきます。
この春から新しい海に漕ぎ出したすべての人々への応援メッセージになればうれしいです。

◇◇◇

今日の最終講義をもって、定期的にあなた方の前に立って、叱咤激励したり、アドバイスをしたり、課題を与えたり、何かを伝えたりということは、僕はもうしなくなります。
明日から、あなた方は文字通り独りです。
これから起業を目指すひと、キャリアを大きく舵転換するひと、それぞれに見えない未来に向かって、暗中模索しながら進み続けることでしょう。

今までのように、定期的に教室でクラスメイトや講師役の僕と顔を付き合わせるチャンスがなくなるので、孤独そのものの状態になります。だからこそ、これからは自分で課題を見つけ、クリアしていく力をつけて下さい。その力を進化させ続けることを意識してください。進化を止めてはいけません。
これは僕がパリのコンセルバトワールを卒業した時と、非常に似ているものがあります。それまでは、週に一度、担当教授が僕の演奏を聴いて、あれがダメ、これを練習しろ、もっとこうしろ、何が足りない、と様々な叱りや指示が飛んできて、定期的な指導がありました。指導が続く限りは、自分で“課題”を見つける力が例え弱くても、何とか上達していくものです。ある意味、楽な状態なのです。しかし、卒業してしまえば、もう担当教授はいません。孤独に、自らの音と向き合うのみです。その音が果たして良いのか、まずいのか。何が過ぎて、何が足りないのか。それらに自ら気づく力がなければ、一流のソリストにはなれません。それができずに、ほかの様々な理由も重なって、ソリストへの道から脱落していく音楽家を何人も見ています。はじめはひしめいていたライバルの数も、ひとり減り、ふたり減り、だんだんと人口が減っていきます。そして、いつか自分も脱落するのではないか、という恐怖心と闘いながら、腕を磨き、ステージに立ち、を繰り返して、音楽家は一流のソリストになっていきます。苦しくても、誰も助けてくれません。
アントレプレナーも、それとまったく同じです。

みなさんの目の前には、すべてのポテンシャルが開いています。
そのポテンシャルをつぶさないように、どうか、力いっぱい漕ぎ出してください。
みなさんの健闘を祈っています!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

[春のイベントのお知らせ]

春の太極拳・気功合宿を開催します。

太極拳に以前から興味があったけど、な

かなか試すチャンスがなかった、

という方にもとてもオススメです。

自然に囲まれた環境で、スロートレーニングを楽しみましょう。

くわしくは、こちらをご覧ください。

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 [電子書籍新刊!]

 

『日本人には教えなかった外国人トップの「すごい仕事術」』

〜カリスマたちの人生を豊かにする「秘密」〜 

(フランソワ・デュボワ著)

 対応機種:Windows / iPhone / iPad / Android S / Android M / Android L

[大人気!] 

太極拳が教えてくれた人生の宝物-中国・武当山90日間修行の記

(講談社文庫)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

[デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木or金曜日更新]

自分だけのビジョンと(人生)軸の見つけ方

何をするにしてもビジョンを持って取り組むのは、大切なことです。
それがたとえ家事でも、家の大掃除でも、庭仕事でも。
家庭の中で大きな仕事としてあるもののひとつに、例えば家計のやりくりがあります。あるいは育児があります。これらもビジョンがないと、めちゃくちゃな方向性でもって関係者を振り回した挙句に、破綻させることだってあります。家計の破綻、育児の破綻。特に後者は、ひとの人生(命のあり方)が掛かっていますからますます重大事項です。

考えてもみてください。

朝起きてから、夜寝るまで、何も考えずに漫然と何かをすることは、あまり無いはずです。
電車に乗るのだって、いつも使っている電車で、特にぴりぴり緊張しないものの、どこ行きの電車でどの駅で自分は降りるのか、というのは、最低限見て・聞いて、注意力を払っていますよね。
それも、自分は自宅から職場まで行く、という明確なビジョンがあるからです。これをビジョンと呼ぶには少し大げさかもしれませんが、それでも、根本的な発想というか、人生や仕事のビジョンでも考え方はほぼ同じなのです。

僕が担当しているビジネススクールの「アントレプレナーシップ講座」でも、新しい事業を始める際、ビジョンを打ち立てて、軸を確立して、それに則ってアクションを取っていくことの重要性をいつも説いています。これは僕が言い始めたことではなく、人類の歴史上昔からある行動原則です。

しかし、いざ「ビジョンを描いてみてください」と言われると、それって何だろうか?とうんうん悩んでしまうのが大方のケースです。
それはなぜか?

ひとつ考えられるのは、ビジョンをあえて意識して行動したことが今までなかったから、というのはあると思います。普段何気なく行動していることでも、実はそこにしっかりとビジョンがあり軸があります。(まあ、ない場合もありますけど。笑。)
しかし、たいがいはそれを明確に意識せずに行動しているだけなのです。
だから、あらためて「はい、そこにあるビジョンはなんですか?」と聞かれたときに、発掘作業でもするごとく、一生懸命掘り起こしてみないとわからない、という事態に陥るのです。
掘り慣れている人は、だいたい、地表に出ているモノを見て、何がビジョンで何が軸か、すぐにわかります。
慣れていない人は、やっぱり、掘っていかないとわからないのです。だけど、そういう作業を繰り返していくうちに、だんだんとわかってくるようになるものです。

事業を始める、というと、何だから大げさな話に聞こえがちですが、実際は、そんなに大それたものでもありません。例えば、小学生が家族に「肩たたき券」を発行することだって、立派な事業です。
そういうささやかな発想を大切にして、少しずつ大きくしていくことで、いわゆる大人が大きな資金で回す事業に繋がっていくのです。肩たたき券を発行した時の、子供の発想にも、きっとビジョンがあるはずです。「家族に感謝を表現したい」というものだったり、「役に立ちたい」だったり。
そういう基本を大切にして、大人になった今、あなたの中をもう一度しっかり掘り下げていくと、きっとあなただけのビジョンが見つかるはずです。

大切なのは、掘り下げる作業をやめないこと、手を止めないことです。
来週は、クラスでそれぞれのビジョンと軸を発表するプレゼンテーション大会が待ち受けています。
今から、楽しみです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 [電子書籍新刊!]

 

『日本人には教えなかった外国人トップの「すごい仕事術」』

〜カリスマたちの人生を豊かにする「秘密」〜 

(フランソワ・デュボワ著)

 対応機種:Windows / iPhone / iPad / Android S / Android M / Android L

[大人気!] 

太極拳が教えてくれた人生の宝物-中国・武当山90日間修行の記

(講談社文庫)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

[デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木or金曜日更新]