継続するヒミツ

勉強にしろ、芸術活動にしろ、スポーツにしろ、
一度はじめるとボクはわりと長続きします。

そんなボクを見て、どうやったら君みたいに続けられるんだ?と
聞かれることがあります。先日も、ちょうど、そういう質問をもらいました。

ここで改めてちょっと考えてみました。

答えは、たぶん、ボクのスタート地点に違いがあるのではないかと思います。

何かを始めたら周囲から応援してもらったり、仲間に手を引っ張って
もらったり、あるいは何かよっぽど大きなモチベーションがないと
たいていの人はひとつのことを続けられないと言います。
(少なくとも、出会った人の大多数はそうでした。)

じゃあ例えば「ああ、食べ過ぎた!お腹が出てきたよ~。何か身体を動かさなきゃ。」
という、よくある話をしましょう。

こういう時に、一番やってはいけないのが、あわててスポーツクラブに入会する、
ということ。

げ、お腹が出てきた!

ボクなら、この事実をじっくりと観察しはじめます。

なんで腹がでてきたのか?
年のせい?
季節のせい?
毎日の生活習慣?
食生活?

うーん。
何を変えたらいいんだろうか?
それよりも、お腹が出ていることで困ることって、そもそもなんだろう?

気持ちの問題?
実際に仕事とかで困る?
体調に影響する?
将来、病気になりやすい?
友人と比べたい?
人前で水着になりにくい?

こんなふうに、自分の気持ちの出どころもあわせて、徹底的に見つめてみて
どんどんそれらしい理由をさぐっていきます。

ボクは、このプロセスが終わらない限り、絶対に、焦って行動に移したりしません。
痩せるのに、どんなことがすごく効果的で、体調にもいい影響を及ぼすか、
など、具体的なことがわかってきら、やっと行動に移します。

どうですか?
難しそうですか?

実は、これだけ徹底的に「太った理由」と「痩せる方法」を研究したからには
行動を起こし始めると、もう簡単にはやめなくなっているんですよ。

自分の行動のスタート地点と、目指しているところがクリアーになるからです。

人によっては、ボクのこういう行動を「まじめだなあ」と後ずさりしてしまったり、
継続そのものがなんだかややこしいことに見えたりするみたいですが、
そんなことないですよ。

ほんとうは、ただ単純なことのくり返しに過ぎないのです。

ほんとうに大事なのは、自分がなんでこれをやろうとしているのか?という
気持ちと理由をはっきりとさせてから動く、というプロセスを大切にすることにあります。

日本語には「安物買いの銭失い」ということわざがありますね?

それとまったく同じです!

焦って行動をしても、いいことなんかありません。

【著書】

『日本人には教えなかった 外国人トップの「すごい仕事術」』(講談社)

『ダメな自分が変わる本』(WAVE出版)

モチベーション

こんにちは。
今日から、ブログをはじめることになりました。

みなさん、どうぞよろしくお願いします。

しばらく前から気になっていることがあります。

それは「モチベーション」の意味を間違って解釈しているひとに
ときどき出会うことです。

「モチベーション」は、もともと、英語、さらにはフランス語から
来ている言葉です。

「モチベーション」の語幹である「motive」は
「主に人を動かし行動へと駆り立てる内的衝動」を意味します。

そして、これととても近い言葉で「inducement」というのがありますが
これは「人を動かす外的な誘引」を意味します。

(Radom House English-Japanese Dictionaryより)

つまり、この「motive」と「inducement」をごちゃ混ぜにして
考えているひとが多いな、と思うのです。

自分の内側からくる動機と外側からの動機がごちゃごちゃに
なってしまっているのです。

たとえ話をしてみましょう。

給料の高さに惹かれて、転職を考えているとします。

もし、お金を浴びるほど稼ぐことが、あなたの心からの動機なら、
それもモチベーションのひとつと言えるかもしれませんが、
たいていの場合はちょっとそこまでは・・・と思うかもしれません

給料の高さよりも、ほんとうはいい人間関係を望んだり、などいった
別の動機があると思います。
もし、こっちのほうがお金よりも大切だと感じていたら、これが、
本当の心からのモチベーションです。

でも、このことに気がつかずに転職をしてしまうと、
いつまで経っても、ほんとうのモチベーションを満たすことができずに、
結局、転職をくりかえすことになる可能性があります。

だから、同じことを求めてさ迷うように行動をくり返してしまう前
自分がほんとうに心から望んでいるものを、見つけてみることが大切です。

それが見つかったところで、ほんとうの一歩、前進につながりますね。

みなさんも、もう一度「motive」と「inducement」がごちゃごちゃに
混ざっていないか、頭と心の中をのぞいてみてください。