日本人コンプレックスを引き起こすテレビ

日本のメディアには、ある興味深い特徴があるといつも感じています。
それは、「日本人であることのコンプレックス」を、様々なところで
思い起こさせる番組作りをしている、ということなのです。

バラエティーだけでなく、ドキュメンタリー、報道番組などの比較的
“まじめな”番組でも、その傾向は同じように出ているように感じます。

実は、このことはボクの周りにいる日本人から非常に多く指摘されている
ことなんです。

例えば、海外で活躍する日本人を取材する番組では、
「○○で活躍する△△さん」ではなく
「海外”でも”通用する日本人」という、
特別なフィルターを通した視点で
主人公を写しているのが、今の日本のテレビの特徴だと感じています。

つまり「日本人は海外に出ると途端にダメだと思っていたけど、
意外といけるらしい」というコンプレックス心が見え隠れするような
見せ方になっています。

しかし、そういった見せ方をするとどうなるか?

余計に視聴者の中に隠れている、
日本人であることのコンプレックスを煽って終わってしまう可能性が高いのです。

つまり、海外で大活躍する日本人は、
日本国内の人口との比率で考えると、そんなにたくさんはいないでしょう。

だから、「あのTVの人はすごいけど、でも、自分はそこまでは・・・・」という
残念な雰囲気を持ってしまいかねないのです。

ボク自身の基本的な考え方の一つに、
プロ、ある道に通じている人、デキる人には国籍も文化背景も関係ない。
彼らの素質は、世界中で共通している。
(つまり、どこでも生きていける人になる。)
というのが、あります。

逆に、TVに写っている人が何人であろうと、
まったく関係なく見ています。

せっかく時間とお金をかけて作った番組なんだから
「わあ、日本人でも凄いな~」というチープな感想を持って終わらせるのではなく
「国籍に関係なく活躍する人がどういう道をたどってきたのか」
「どういう風に物を考えて見ているのか」という、
ベーシックな切り口に特化していくことで、
本当にいいものを伝えることができるのではと感じています。

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日に更新です!】

★ お知らせ ★

【デュボワ・メソッド・スクール ベーシック19期コース募集中!】

【デュボワ・メソッド・スクール 講師養成コース第2期生募集中!】

★ 近著 ★

ガンコじじいには、なりたくない!

難しい状況に陥ると、出口を見つけられずにあがきつづけて、
そのままどんどんと周りの人間まで巻き添えにして
さらに状況を重く、悪化させてしまう人っていますね?

なぜ、そうなってしまうかというと、そもそも自分のことを疑ったり
省みたりすることを、やめてしまっているからなんです。

自分の成長を怠けてしまうんですね。

いつか、自分も年とともに、そういう人になってしまうんじゃないか?
という怖さを見るようでもありますね。

では、そうならないようにするには、どうすればいいか?

一番大事なのは、なぜ、そうなってしまったのか?を理解することから
はじまります。
理由は単純ではないと思います。
だから、単純に「こうだよ」と決めつけずに、じっくりと観察して探ってみましょう。

でも、一つ、はっきりと言えるのは、自分を諦めてしまっている心がある、ということ。

逆を言うと、「諦め」ない限り、窮地も脱することができるし、
状況も変えていくことができる、ということなのです。

人生に「やっと着いた!もう一生動かなくていい。」という場所はありません。
時間も状況も、常に動いていきます。
時と場合によって、状況が変われば、対応策も変わります。
過去の経験は、我々の未来を照らすことはあっても、万能ではありません。

最近、ボクの身に起っている「変化」をお話しましょう。

多くの方がご存知のように、ボクは、キャリアを作っていくお手伝いをする
「デュボワ・メソッド・スクール」を主催しています。

田園調布に本校がありますが、そのほかにも六本木ヒルズや、
様々な自治体や法人にも教えに行っています。

スクールでは、一人一人のキャリアや人生の方向性を作り上げるお手伝いをしています。

ボクの方針は、とにかく「自由」であること。
「放任主義」です。
やりたければ、やってください。
やりたくなければ、やらなくていいです。
その代わり、やる・やらないは、ちゃんと自分なりの理由で決めてください、という考え方です。

そして、今年から新しくデュボワ・メソッドの「講師養成」もはじめました。
そろそろ次の世代の先生を育てる時期に来たな、と感じたからです。

ところが、先生養成の講座となると、いままでの「やさしいガイド役のデュボワ」は跡形もなく
消えてしまって、とにかく「ビシバシ指導して結果を求める先生」が現れたのです。

それはなぜか?

「講師」の人たちは、様々な状況を、自分の身体と頭一つで乗り越えて、
きちんと講座を最後までやり通さなくてはいけない、きちんと受講生に結果をもたらさなくてはいけない、
そんなタフな精神と身体を必要としているからです。

そういう講師になってもらうには、こっちも教えるスタイルを変化させて対応していかないと
結果が導き出せないのです。

だから、教える対象と内容によって、ボクの指導スタイルもがらりと姿を変えたのです。

こうやって、時と場合によって行動を変えていく、考え方を変えていく、というのは
頭と心をいつまでも柔軟に保つためにも、とても重要なことです。
そして、特に目的を達成するにはね!

でも、そうしていることで、頭も心も新鮮であり続けるし、
状況に乗り遅れたりすることもなくなりますよ!

年寄りくさくならない秘訣は、ここにあると思います。
誰もガンコじじいやばばあには、なりたくないですよね(笑)?

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日に更新です!】

★ お知らせ ★

【デュボワ・メソッド・スクール ベーシック19期コース募集中!】

【デュボワ・メソッド・スクール 講師養成コース第2期生募集中!】

★ 近著 ★

師匠との出会い、不意のチャンス

時々、ふと、今まで出会ってきた音楽の師匠たちのことを思い出すことがあります。
彼らはそれぞれの世界で有名なスターばかりで、毎日を忙しく飛び回っている人たちばかり。
それなので、あまりひんぱんに連絡を取り合っているわけでもありません。
それに、ボクだけが教え子でもないですしね。

それぞれの人生のある時点で、出会って、そして、また別れ道でさよならをしてきた仲です。

レイ・レマも、ボクの大切な師匠の一人です。
彼はボクのアフリカ音楽の師匠で、ザイール国立バレー団(現コンゴ民主共和国)の創設者でもある
非常に有名な音楽家です。
ザ・ポリスのドラムをやっていたスチュワート・コープランドともCDを作ったりと、
様々なジャンルのミュージシャンとのコラボレーションをする人としても世界中に知れわたっています。

【参照】
スチュワード・コープランドとの共演曲
http://www.youtube.com/watch?v=NxWSykgLAP4

レイ・レマのソロ曲
http://www.youtube.com/watch?v=rlWjI9fwbfY

レイは、デュボワ・メソッドの生みの親の一人と言っても過言ではない人です。

というのも、彼から受け継いだアフリカ音楽の秘密が、現在のデュボワ・メソッドの
音楽エクササイズの原型を形作っているからです。
メソッドの音楽エクササイズを通じて、プレーヤー(受講生)は精神統一を図り、
集中力を発揮する中で、創造力を伸ばしていく練習をすることができるのです。
ほとんどの人の場合、自分の中に眠るクリエイティビティーを使わずいる場合が多く、
ボクのメソッドでは、このアフリカ音楽を応用して、楽しみながらクリエイティビティーを
発揮していくプロセスを身につけることができます。

そういうことをキャリア教育の一環として教えることができるようになったのも、
もとはと言えば、レイに教わった基礎があってこそなんです。

そんなわけで、ここ最近、彼のことをふと思い出すことがありました。
ちょうど、デュボワ・メソッドに関する本を2冊書いているところで、
彼の名前を、メソッドの生みの親として引用しようと考えていたからです。
(本は7月と9月に出ます。この話はまた今度!)

「レイに連絡をして、許可をもらおう。」

何となく、そんなことを考えている矢先でした。

なんと・・・・、突然、ボクの携帯に彼からの国際電話がかかってきたのです。

しかも、先日、横浜で船に乗っているところに、突然、携帯が鳴ったのです。

「もしもし?レイだけど、ちょうど君の消息が知りたくて、それと、
君のことをいつも気にかけている、ということを伝えたくて、電話をしてみたよ。」と。

船のエンジンの騒音に紛れて、電話の向こうから15年ぶりの師匠の声がするではないですか?!

驚きのあまりに、たちの悪い冗談かと思うくらいでした(笑)。

そのまま、本の話と、彼の名前を引用させてもらいたいという許可をすぐに口頭でもらい、
そっちはどうだ?という話をしているうちに、電波が悪くて通話が途切れてしまいました。

それこそ、あっという間の出来事でした。

電話が切れたあと、心底感じたことが二つあります。

ひとつは、師匠の心に残るような弟子でいられたことの幸い。
(つまり、嫌な思い出を後に残していない、ということ。)
どんな印象を残した生徒かによって、師匠の思いも大きく変わってくると思います。

そして、普段からいろいろと「これも考えておこう」と何となく頭の中に引き出しを
用意しておいたおかげで、不意の電話にも対応できたこと。
(つまり、師匠の名前を本に引用させてくれ、という大事な用件を切り出せたこと。)

本当に人生は、いつ何時、「その瞬間」が降ってわいてくるかわからないものです。

さて、このブログを読み終わった途端、
あなたの憧れの「あの人」から電話がなったとしたら、
あなたは何をどう切り出すか、準備ができていますか???

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日に更新です!】

★ お知らせ ★

【デュボワ・メソッド・スクール ベーシック19期コース募集中!】

【デュボワ・メソッド・スクール 講師養成コース第2期生募集中!】

★ 近著 ★