ダイヤモンド社から新刊本『デュボワ思考法』が出ます!

Et voila!!!!!! 

お待たせしました!!!!

デュボワ・メソッドについての本が、いよいよ8月1日から
本屋に登場します。

『デュボワ思考法』

ダイヤモンド社

フランソワ・デュボワ著

1,500円

ダイヤモンド社から出ることもすごくうれしくて、
あちこちで宣伝して回っています(笑)。

実は、いつも考えつづけてきたこと、そして、受講生に対しての

アドバイスにも盛り込んでいることがあります。
それは「ソリューションは一つではない」という考え方です。

この考え方を土台にして、デュボワ・メソッドは誕生して、発展してきました。

さっそく本の中をちょっとだけ紹介しましょう:

納得した人生を描くためのメソッド

第1章「現状」を本当に把握できているか?
~自分を知るためのメソッド~

第2章「本当にやりたいこと」にいかに気づくか
~自分を覚醒させるメソッド~

第3章自分を「過小評価」していないか
~自分の可能性を広げるメソッド~

第4章チャンスに敏感になれるかが人生を分ける
~自分の才能を見つけるメソッド~

第5章本当に幸せになれる人、なれない人
~継続を可能にするメソッド~

このほかに、何とフィジカルエクササイズと音楽のエクササイズも登場します。

あるサイトにはこう書いてありました:

「いま多くの企業で導入されている、
フランス発のキャリアデザイン・メソッド、
デュボワ・メソッドを紹介。
数多くの「真実」「自分」「現実」を知るヒントと、
本能のセンサーを敏感にするエクササイズが満載。」

うまいレジュメですね!

実は、本の表紙の写真を選ぶときにすごくたいへんでした。
日曜日の夜中の2時から、デザイナーさんの事務所で編集長といっしょに
打合せを始めて、やっと「これだ!」という写真を選んだんです。

今週末は、大型書店で僕の水色の本を探してください。

そして、ぜひ、感想を聞かせてください!

楽しみに待っています。

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日に更新です!】

★ お知らせ ★

【日経ネットにて、デュボワの新連載がまもなくスタート!】

【デュボワ・メソッド・スクール ベーシック21期生募集中】

 

★ 新刊のお知らせ! ★

8月1日(金)発売

『デュボワ思考法』(ダイヤモンド社)

★ 既刊 ★

『日本人には教えなかった外国人トップのすごい仕事術』

辛いことがわかっていても、あえて経験させることの大切さ

1998年~2002年にかけて、慶應義塾大学の教え子でアシスタントも勤めてくれていた
元学生Aとは、卒業後もわりと頻繁に連絡を取り合っていました。

そして、つい2ヶ月ほど前、一ヵ月半かけてアフリカ音楽を学びたいのだけれど、という相談を突如、
持ちかけられました。

事情を聞いた上で、さっそく、以前にもこのブログに登場した
私の音楽の師匠であるレイ・レマに連絡を取り、
教え子Aに、打楽器を教えてくれる人を紹介してくれるように頼んだのでした。

結局、Aは私が20年前に住んでいたのと同じ国、ブルキナ・ファソに降り立つことになりました。
ただし、村は違いましたが。

一昨日、アフリカから戻ってきたAとさっそく昨日あって、旅の報告を聞きました。
出会いから学び、そして、パリでのレイ・レマとの感動の対面などを、一気に話してくれました。

全てを言い終わると、とにかく、今回の旅の出発前からの様々な支援についてのお礼を
言われたのです。

Aがアフリカにいる最中も、ずっとメールでのやりとりをくり返しすことで
サポートをしつづけてきたのですが、時にはこのまま進んだらきっと壁にぶちあたるな、
と思うものことにも何もいわずに、わざと本人の思うように進めさせていきました。

例えば、現地の人の家に寝泊りすることになったAですが
それを知った瞬間、彼女は嬉々としてそれをメールで報告してきました。

しかし、こちらはありとあらゆるトラブルを想像して
きっと問題が起こるだろうな、ということを予測しつつも、
あえて、何も言わずにそのままにしておいたのです。

なぜなら、私も彼女と同じように、かつて現地の人の家でお世話になったことがあり
それがどれだけ、特に日本人の若い女性にとって大変かを知っていたのです。

昼夜構わず蚊は大量にいるし、ゴキブリにさそり、そして蛇類もその辺を這うのは
当たり前、それに加えての暑さ。もちろん、クーラーはありません。
そのままいると、自分がおかしくなってしまうくらいの、半端ではない暑さです。

案の定、彼女は熱を出し始め、クーラーの入っているホテルに移ったのでした。
それからしばらくして、熱はおさまりました。

このことに関しては、本当に何も手を貸さずにいたのを本人は
冗談まじりで「何で最初に言ってくれなかったの(笑)。」
といってきたのですが、旅の報告話をしているうちに
何にせよ、このことももの凄く成長の役にたった、ということを
認めたのです。

今回の体験のおかげで、アフリカとアフリカ人の特性が嫌というほど
身に染みた、というのがAの正直な感想です。

現実との対峙によってどれだけ成長して、かえって物事を引いた目で見られる
ようになったか、Aの成長振りには目を見張るものがあります。

もし、人を助けたい、支えたい、と思うのであれば
いつでも手を差し伸べることがそうである、とは限らないのです。

ときには、その人なりの経験をさせることも重要になってきます。

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日に更新です!】

★ お知らせ ★

【日経ネットにて、デュボワの新連載がまもなくスタート!】

【デュボワ・メソッド・スクール ベーシック21期生募集中】

 

★ 新刊のお知らせ! ★

8月1日(金)発売

『デュボワ思考法』(ダイヤモンド社)

 

★既刊★

 

 

 

 

『日本人には教えなかった外国人トップのすごい仕事術』

「自分に厳しく、他人に優しく」の極意

人生の様々な局面でうまくいくためのコツ。
いくつぐらいあると思いますか?実はそんなにたくさんではないと感じています。
しかも、一度、その秘訣がわかると、それは仕事においても、そうでないときにおいても
いつでもどこでも共通している秘訣だ、ということが見えてきます。

「自分に厳しく、他人に優しく」

この言葉は、誰でも一度は聞いたことがあると思います。
実は、これが成功の秘訣の一つであり、人生そのものの鍵でもあるんです。

大なり小なり、実現したい目標は誰にでもあると思います。

しかし、この目標設定をするときに、気をつけるポイントがあります。

例えば、会社のエグゼクティブになりたい、という目標を持ち始めたとしましょう。
そうしたら、その大切な役職に伴うすべての責任やプレッシャー、ストレスが自分に降りかかって
くる、ということをおおまかでもいいので、イメージしてみることが何よりも大切なんです。
イメージできる限りの重責のもとで、それでもあなたはあなたらしく、モチベーションを失わずに
前に進めそうですか?

さあ、どうでしょうか?

それだけではありません。
エグゼクティブになるという、仕事における目標のほかにも、だいたいいくつかの目標を
同時に持ちますね。
例えば、人生のパートナー選び。
さて、あなたの大切なパートナー選びは、果たしてちゃんとできていますか?
あなたが厳しい局面を生きようとしているときに、支えてくれるような方ですか?

まだまだありますよ。あなた自身の身体です。身体は、あなたの活動をちゃんと支えてくれそうですか?
いまのライフスタイルのままで健康を保っていけそうですか?
これから変化するかもしれない体質や体調に、あなたはそれなりの準備をしていますか?

ほら、目標設定を一つしてみたところで、ずいぶんといろいろ準備すること、想像しておくべきことがありますね。

ふつう、ややこしい自問自答は避けたがるのが人間のさがです。
「あれはどうするのか?」
「これは準備したのか?」
「それは想定しているのか?」
「もしうまく行かなかったら、どうするつもりだ?」
などなど・・・。
夢を粉々に打ち砕かれてしまうような気になるから、よけいに避けて通ってしまうんです。

それと、もうひとつ人間らしいさががあります。
それは、他人批判が大好き、という点です。
人は自分のことは棚に上げておいて、人の批判はとてもうまくやるんですね。
自分だって、やるべきことをやっていなかったり、判断を誤って人に騙されてしまったり、という
ことがたくさんあるにもかかわらず。

だからこそ目標設定をしてみたら、まずは、現時点でのあなたの人生経験に
もとづいて、できるだけ厳しい目で自分を観察して、どんな小さなことでもいいので、
努力を続けてみてください。
誤った方向にスピンアウトされないように、自分の行く道を逐一見守ってやるのです。

努力の中身はひとそれぞれ違います。
飲み過ぎないようにするとか、禁煙するとか、いろいろです。
自分の目標達成に大切だな、と思うものなら大小に関係なく、何でもいいのです。

こうしてみると、「ずいぶんとやることがあるなぁ。それにいつでもどこでもやることがあるなぁ。」
ということに気がつくでしょう。
そうなんですよ。
そうすると、気持ちとしても人のことを気軽に批判できなくなってくるものです。
だって、どれだけ集中力を必要とするか、あるいは、大変かがわかるからね。
つまり、自分を通じて、他人への理解や共感も生まれてくるのです。

そうすることで、敵も減ってくるでしょうし、周りへの理解も進むことでしょう。
不思議なことに、周りの人もあなたのことをサポートしてくれるようになってきます。

いずれにしても、成功は一人では実現しません。

もし、道半ばにしてあなたの目標が実はくだらないものだった、ということに
気づくことがあったら、それはそれで潔く諦めることをおすすめします。
だって、人生経験のおかげで、今まで分からなかったことが
わかるようになった証拠ですから。

大切なのは固執ではなく、いつでも柔軟に人生に対応することです。

そんな風に目標を実現するために、いろいろとこなしているうちに、あなたの中に逞しさが
そなわっていきます。
その力こそ、次の新しい目標設定のために大切なエネルギー源なんです!

さあ、自分を信じて前に出てみましょう。
【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日に更新です!】

★ お知らせ ★

【デボワ・メソッド・スクール ベーシック21期生募集中】

★ 近著 ★

『日本人には教えなかった外国人トップのすごい仕事術』