実力を上げるための、2つの方法:その2

さて、先週に引き続き、実力を上げる方法の話です。

実力を上げるには、ずばり2つの方法があります。

ひとつは、得意なことをとことん伸ばす。
もうひとつは、得意でないものにチャレンジしてみる。
先週は、こんな話をしました。

じゃあ、私の場合はどうでしょうか。
実は、両方をちょっとずつやってきている気がします。

小さい頃からピアノは結構得意なほうでした。
練習をしていてあまり難しく感じることはなかったのですが、
面白いことに、むしろ打楽器、なかでも、鍵盤打楽器は
ほんとに苦手だったんです。

信じられないでしょう????

いまやマリンバ専門家の私の、秘密の過去です(笑)。

たぶん、自分に対する大きな課題だ、と感じていたのでしょう。
そのために、わざわざ鍵盤打楽器を専門に勉強しはじめて
プロにまでなったのだと思います。

今になって、この選択については、まったく後悔していません。
この経験を通じて、できないことができるものに転じる喜びを
味わうこともできたし、それが大きな自信にもつながったからです。

それに、こういう体験をしていると、心が逞しくなります。

つまり、ひとつの成果を得る中で、
実は目に見えないもっとたくさんの成果を手にしているからです。

その一方で、書き物にも手を出し始めました。
もともと書くことは得意なほうだったのですが、
書いてみませんか?という提案を頂いて、そのままいろいろな
テーマで書く仕事をさせてもらってきています。

この分野に関しては、無茶苦茶無理をしてがんばってきた
というわけでもありません。

苦手なものをがんばる一方で、得意なことをさらに伸ばす、という、
まさにバランスですよね。

何をどういう力配分でやるかについては、結局、
どういうタイミングで物事がやってくるか、
そして自分は直感的にどう感じているか、にもよると思います。

あまり周りの人の意見を聞きすぎず、むしろ、自分がどういう方向に行くのが
状況にとって最も相応しいのか、そして自分もハッピーになるのか
を感じたままに素直に選択することが一番だと思います。

世の中には、上達しなくてはいけないもの、避けては通れないもの、
興味がなくても取り掛からなくてはいけないもの、そういったものが
たくさんあります。
なぜなら、あなたの進む道のど真ん中にそれがドンと居座っていて、
そこを通過しないと、次にいけない仕組みになっている場合があるからです。

例えば、私の経験では、書類作りでした。
いわゆる、手続きに必要な書類作りがほんとに苦手だったのです。
若い頃は、できるだけ避けて通りたいと常に思って生きていましたし
もしかしたら、それが嫌で嫌で音楽の道に行ったのかもしれないくらいです(笑)。

でも、よくよく辺りを見回してみると、成功している音楽家は、みな書類作りがうまいことに
気がついたのです・・・・。

奨学金を得る。
コンサートの契約を取る。
キャリアのありとあらゆるステップを上がるには、
上手な書類作りが欠かせなく、それらが上手な音楽家が結果を
手にしている、という事実に気がついたのです。

“なんだ・・・・結局、避けて通れないのか・・・・。”

それがわかってからは、嫌々ながら、書類作りをきちんとやるようになりました。
はじめは、そういう仕事が得意な父に手伝ってもらい、
そのうちコツがつかめるようになると、自分で進んで作成するようになり、
今では得意なものの一つになってしまいました(笑)。

慶應義塾大学で私が開講した「キャリアマネージメント」のクラスも
説得力のある授業草案を作成してプレゼンできたからこその
成果なんですよ。
(だって、音楽家が指導するキャリアマネージメントなんて、
今と違って、当時はまだ認知されること自体が難しかったですからね。)

みなさんも、自分の進んでみたい方向性を、おおまかでも良いので
描いてみてください。
そうしたら、その過程で、避けては通れないモノやコトが見えてくるでしょう。
こうなったら、何はやっておいたほうがいい、とか、これはやっぱり避けて通れないね、
というものに少しでも着手していくことをおすすめします。

最初は「ゲ」と思うような嫌なことでも、やっているうちに
得意になる可能性が大です。
私で実証済みです(笑)。
【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日に更新です!】

◆◆◆

『日経ネット』エコロミーで新連載スタート!!!!

http://eco.nikkei.co.jp/column/

◆◆◆

【デュボワ・メソッド・スクール ベーシック23期生募集中】

 

 

★ 新刊のお知らせ! ★

8月1日(金)発売

『デュボワ思考法』(ダイヤモンド社)


♪ ブックファースト(京都)でベストセラー!

♪ ブックファースト(新宿ルミネ1)で総合3位!

♪ 有隣堂横浜東口店(ルミネ店内)で、今、話題の本!

 

★ 既刊 ★

『日本人には教えなかった外国人トップのすごい仕事術』

実力を上げるための、2つの方法:その1

人生で実力を上げるには、2つの王道がある、ということを
身をもって体験しています。

今日は、その話をしましょう。

1つ目の王道は、とにかく、得意だったり好きだったりすることに集中して徹底的に伸ばすことです。
例えば、私が歩いてきた音楽の道がとてもいい例です。
一般的に、音楽の道を目指すときは、一番得意な楽器に集中します。
そして、一応弾ける、という程度の楽器は二番手に回してしまいます。
音楽の道を目指す時は、2つ以上の楽器を弾けるようにしておくのですが、
実際はこういう手法を取ります。
(もちろん、マルチで楽器が弾ける人もたくさんいますが。)

私の場合は、打楽器とピアノです。
打楽器が専門で、ピアノは作曲の時に使う道具程度に弾けます。

こういう道の究め方、実力の上げ方は決して悪くはないし、何かに秀でるには
とても有効なやり方なのですが、残念ながら、短所もあります。

それは、専門化するがゆえに、逆に、他とは一線を画すぐらいの断トツの実力を発揮しないと
だめだという現実が待ち構えているのです。
そうでないと、あなたがその「専門家」として世の中に出ていけない、という現実があります。

一か八かの勝負に出る、といったところでしょうか。

フランスでも多くの音楽家は、たいてい、一番得意な楽器に集中していくばかりに
他のことがどんどんと疎かに、あるいは、お留守になってしまい、
音楽以外の日常でも一見して自分は不得意そうだな、と思うものをだんだんと避けて通るような
習慣が身についてしまうのです。
例えば、事務処理。
これが苦手な音楽家は山ほどいます(笑)。

さて、実力を上げるための2つ目の王道は、実はこの逆の話で、
不得意なものにこそ取りくんで伸ばして、最初の頃はぱっとしなかった分野でもじょじょに活躍をし始める、
というものです。

これにはとても有名な例があります。
あのパガニーニ(18-19cにかけての、イタリアのヴァイオリニスト、ヴィオラ奏者、ギタリスト、作曲家)です。
彼はヴァイオリンと平行して、生涯、ギターも弾きつづける中、ヴァイオリンの腕前はみなさんも
周知のごとくの巨匠ですが、あの巨匠もギターに関しては、こういう言葉を残しています。

「私はヴァイオリンの師であるが、ギターは逆に私の師である。」

非常に面白い表現だと思いました。
これは、あるギタリストの友人から聞いたもので、ギタリストの間では
とても有名な言葉だそうです。

さて、そういう私の場合なのですが、それはまた次回、お話しましょう。
お楽しみに!

PS:先週のトークショーのブログで、写真をあとで追加すると書きましたが、

うまく行かないので、ちょっと待っていてください・・・・。

たのしみにしていた人、ごめんなさい!

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日に更新です!】

◆◆◆

『日経ネット』エコロミーで新連載スタート!!!!

http://eco.nikkei.co.jp/column/

◆◆◆

【デュボワ・メソッド・スクール ベーシック23期生募集中】

 

 

★ 新刊のお知らせ! ★

8月1日(金)発売

『デュボワ思考法』(ダイヤモンド社)


♪ ブックファースト(京都)でベストセラー!

♪ ブックファースト(新宿ルミネ1)で総合3位!

♪ 有隣堂横浜東口店(ルミネ店内)で、今、話題の本!

 

★ 既刊 ★

『日本人には教えなかった外国人トップのすごい仕事術』

トークショー

きのうは、とても大事な日でした。

実は『デュボワ思考法』(ダイヤモンド社)のトークショー&サイン会があったんです。
今回はリブロさんにご協力をいただいて、
東池袋にあるリブロのカフェで開催しました。

トークショーがはじまる前に、今回の本を担当してくれた編集長たちと
打ち合わせをして、どこのお店でどれだけ売れているか、などを教えてもらいましたが、
なかなかがんばっているみたいです!

あとちょっとで、重版がかかりそうです。
ぜひ、そうなるといいな。

さて、トークショーへのお集まりはとてもよくて、
なんと満員でした!

私のスクールの受講生の知っている顔のほかに、
今回始めてお会いする人もたくさんいました。
1時間ほどお話をして、その後質疑応答にはいったのですが、
デュボワ・メソッドの成り立ちから、なぜああいう構成になっているか
などを改めて説明しました。

前にも質問をされたことがあったのですが、
メソッドは急に「お!」と閃いて生まれたのではなく、
少しずつ形になっていったものです。
そのプロセスの話や、自分が来日してから日本のことを理解しなくては
自分の道がこうしてここまで開けなかったことなども話しました。

この日は、わざわざ名古屋からこのトークショーのためだけに
駆けつけてくれた方もいて、ほんとうにうれしかったです。
読者の方を目の前にして、生のリアクションを見ながら
改めて話をするのは、とてもたのしいですね。

いつものセミナーとも少し雰囲気が違っていて、おもしろかったです。

今回のトークショーを主催してくれたダイヤモンド社とリブロに
心からお礼申し上げます。

そしてお越しくださったみなさん、本当にありがとうございました!
またお会いしましょう。


【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日に更新です!】
◆◆◆

『日経ネット』エコロミーでインタビュー掲載中!
http://eco.nikkei.co.jp/interview/
まもなく、連載もはじまります。

 

◆◆◆

【デュボワ・メソッド・スクール ベーシック23期生募集中】

 

 

★ 新刊のお知らせ! ★

8月1日(金)発売

『デュボワ思考法』(ダイヤモンド社)


♪ ブックファースト(京都)でベストセラー!

♪ ブックファースト(新宿ルミネ1)で総合3位!

 

★ 既刊 ★

『日本人には教えなかった外国人トップのすごい仕事術』