出発

こんにちは。
きょうはみなさんに大事なお知らせがあります。

11月1日(土)から2009年の2月まで、日本を離れて、
中国の山中で修行をしてきます。

私は、10代の頃から武術を長年学んできていますが、
いま、特に内家拳(ないかけん)と呼ばれる武術を深めようと日々修行をしています。
この内家拳とは、太極拳、八卦掌(はっけしょう)、そして形意拳が含まれています。
私は、その中で八卦掌と呼ばれる武術を学んでいます。
みなさんが良く映画で見知っているのは、少林拳や詠春拳などの外家拳が多いのですが、
これとはまた流派が違います。

メソッドを体験した方ならおそらくご存知だと思いますが、
私自身と内家拳の関わりが、デュボワ・メソッドの形成にとても重要な役割を果たしているのです。

人を内側からもっと逞し、自力で人生を切り開いていくためのツールがデュボワ・メソッドですが、
その方法論や哲学の根底には武術があるのです。

とくに、内家拳では身体の中のことを鍛錬します。
そして、この修行は道教と深く結びついているものなので、
私が今回修行に行く先は「武当山」」と呼ばれる、
道教の総本山で、現在、世界遺産に登録されている山なのです。

と、ここまではかっこいい話ですが、実際は内陸の冬山なので、慣れない寒さや、
水事情、食事のこと(今までとは違う食べ物)、暖房の状態、などなど
実際はどうなっているかさっぱり分からないことがたくさんあります。
電気も、時々停電することを覚悟しておきます。
向こうでは、1日8時間のトレーニングをします。

自分にチャレンジをしたかったのです。

実のところ、この決定は去年の9月、つまり1年前から計画していました。
会社の活動に影響が出ないように、また、クライアントに迷惑がかかったり
不安が出ないように、たくさんのことを計画し準備してきました。

次回のブログで、なぜ修行に行こうと思ったのか
その個人的な理由もお話しましょう。

現地では、インターネットが繋がるかどうかまったく分からないので、
もシかしたら、手紙でブログの原稿を東京に送って
東京のスタッフがアップデートするかもしれません。

何ごともチャレンジ。

たのしみにしていきましょう。

これもまた、数あるキャリアの作り方のひとつの方法だと考えています。

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日に更新です!

中国からも、ひきつづきアップしますので、楽しみにしていてください。】

◆◆◆

『デュボワ・メソッド・スクール』

ベーシックコース23期募集中!

◆◆◆

最新刊

『いつも、いい方向に人生が動く1%の人たち』



◆◆◆

『日経ネット』エコロミーで大好評連載中!

http://eco.nikkei.co.jp/column/

◆◆◆

近著のお知らせ

『デュボワ思考法』(ダイヤモンド社)


♪ ブックファースト(京都)でベストセラー!

♪ ブックファースト(新宿ルミネ1)で総合3位!

♪ 有隣堂横浜東口店(ルミネ店内)で、今、話題の本!

 

『日本人には教えなかった外国人トップのすごい仕事術』

ミニトークショー&サイン会の様子

先日の21日火曜日に、新刊『いつも、いい方向に人生が動く1%の人たち』
ミニトークショー&サイン会が、青山ブックセンター六本木店でありました。

ABCさんと青春出版さんの運営がすばらしくて、心を込めて一生懸命仕事を
してくださったのが伝わりました。
ほんとうにありがとうございました。

たくさんのお客さんが時間通りに集まってくれて、売り場の一部をアレンジして
作られた会場には、はじめてお会いする顔から、馴染みの顔まで、さまざまな
年齢や性別、国籍の方であふれていました。

この日は、本の1章にでてくる、セクション10
「自分の中に沸いてきた違和感を識別する」を取り上げて、個人的な体験談を
交えながら、このセクションへの思いを話しました。

トーク後の質疑応答の時間では、実はとても驚いたのですが、
みなさんの質問が実に難しくていい質問だったんです。
こういう場では、だいたい「この本を出すに至った理由は?」などと言う質問や
「わたしは●●という悩みがあります。どんなアドバイスを下さいますか?」という類の
質問は良く出るのですが、今回はまったく違って、かなり読み込んだりあるいは
トーク内容をじっくりと聞いて、そこからあえて突っこんだ質問をしてみる、という感じでした。

例えば、「いつもエネルギッシュですが、エネルギーの源はどこにあるのでしょうか?」と言った
わたし個人に関するものや、「初対面の人と会ったときは、どこを見ますか?あるいは感じるのでしょうか?」と
言った鋭いものがありました。

実は答えが一つではない質問ばかりだったので、
一瞬、どうやって答えるのが一番分かりやすいか、と考えてから話はじめました。

例えば、エネルギー源の話をすると、ライフスタイルや、食べ物、睡眠、身体のケア、
そしてどういう人たちと関わって生きているか、などに意識を向けて毎日を過しています。
というのも、他人の足を引っ張ってしまうほどに「非建設的なエネルギー」を発している
人たちとお付き合いが過ぎると、関わっている周りの人たちのエネルギーの消耗も
無駄に激しくなってしまうのです。

初対面の人と出会ったら?という質問にも、とても考えました。
まず、わたしは見る、というより相手を感じるタイプなのですが、
これには、自分の直感を信頼しなくてはいけないというベースがあります。
自分の直感を信頼するには、ある程度の訓練が必要になりますし、
間違いをくり返す、プロセスをある程度こなさなくてはいけないのです。
目や手を見てビジュアルで判断する、というほど、簡単ではないことなんですね。

こうして深い質問をぶつけてくれて、とてもうれしかったですし
どういう方が本を読んでくれていて、デュボワ・メソッドの考えを実践しようとしてくれているのかが
良く見えて、とてもいい経験でした。みなさん、それぞれの人生において
うまく実践しようと試みている熱意がとても伝わりました。

デュボワ・メソッドは、実践の哲学だと思っています。
動かないと、何も始まらない。
ほんとうにそう思います。

火曜日に来てくれたみなさん全員に、もう一度お礼を申し上げます!

友人のKazが撮った写真がたくさん載ったブログはこちらから:

http://shiology.com/shiology/2008/10/1442-081021-1-6.html

明日は、千葉商科大学で公開講座があります。
無料なので、ぜひ、遊びに来てください。

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日に更新です!】

◆◆◆

最新刊

『いつも、いい方向に人生が動く1%の人たち』



◆◆◆

『日経ネット』エコロミーで大好評連載中!

http://eco.nikkei.co.jp/column/

◆◆◆

近著のお知らせ

8月1日(金)発売

『デュボワ思考法』(ダイヤモンド社)


♪ ブックファースト(京都)でベストセラー!

♪ ブックファースト(新宿ルミネ1)で総合3位!

♪ 有隣堂横浜東口店(ルミネ店内)で、今、話題の本!

 

『日本人には教えなかった外国人トップのすごい仕事術』

自分の意見を持つことがなぜ大切なのか

仕事でも、プライベートでも、いつでもうまく物事が収まるように
願い続けるのが人情だと思います。

特に日本の場合、滞りなく進む&収まる、という精神があちこちで
見受けられるものですね。

しかし、それがいつもうまく行くとは限りません。
時には衝突があったり、落とし穴があったり、なにかと難しいことが
山積みだったりするのが、我々の日々の生活でしょう。

実は、決断をする、ということと対極にあるのが、時間の経過に任せることなんです。
確かに時間が解決する話もときにはあります。
でも、それは自分で動いた結果ではなく、偶然の賜物によるものです。
そこに甘んじてしまうと、本来は取り組むべき自分の指導力の弱さや
責任を取りたくないという本音を隠すのに好都合なのが、時間なのです。

例えば、仕事の忙しさや様々な理由にかこつけて、
父親が子供の躾や教育をすべて母親に丸投げにしてしまうというのも、
本質が同じだと感じています。

例えそこで子供が問題を起こしても、
1)自分にはどうしようもなかった
2)あまり考えずに、とりあえず目の前に出てきたソリューションを掴んでみる。
そして、時間の経過共にそのうちことも収まるだろう、という期待をどこかで持ってしまうのです。

仕事でも同じです。
マネージャーなどの、部下を持つ立場になると、もっとも大切な資質のひとつに
「聞く力」を挙げます。たしかに、人の話に耳を傾けるのはとても重要なことで、
話が聞けないマネージャーは困りものです。

しかし、それだけでも、マネージャーとしての資質は足りません。
時には決断をして前に進んでいかなくてはいけないときもあります。

決断をしないと、関係者全員によくない影響が出てくるばかりか、
組織全体にも悪い結果をもたらす原因になってしまいます。

いい決断ができるようになるためには、例えば、先に出た父親の例だと
まずは自分の価値観をしっかりともつこと、そして、自分の感情をきちんと持つこと。
それらがあることで、なるべく自分の弱点に引きずり回されることを
避けることができるようになるでしょう。

決断を取るときは、時には自分にとってあまり都合の良くない話もあります。
でも、それでも状況がそうしなさい、と言っていることがあると
自分の意思に逆らって、決断をすることがあります。
それに自分が受けてきた教育や持っているポリシーに反することも時には
決断しなくてはいけないものです。
これからのことは、少しずつ生きていくなかで体験してきていることです。

結局は、自分の内なる逞しさが備わっているかどうかで、
決断に動揺しない自分を創っていくことができるのだと感じています。

フランソワ・デュボワ ミニトーク&サイン会
10月21日(火)19:00-20:00
青山ブックセンター 六本木店

http://www.aoyamabc.co.jp/10/10_200810/20081021.html


【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日に更新です!】

◆◆◆

『日経ネット』エコロミーで新連載スタート!!!!

http://eco.nikkei.co.jp/column/

◆◆◆

【デュボワ・メソッド・スクール ベーシック23期生募集中】

 

 

★ 近著のお知らせ! ★

8月1日(金)発売

『デュボワ思考法』(ダイヤモンド社)


♪ ブックファースト(京都)でベストセラー!

♪ ブックファースト(新宿ルミネ1)で総合3位!

♪ 有隣堂横浜東口店(ルミネ店内)で、今、話題の本!

 

『日本人には教えなかった外国人トップのすごい仕事術』