武当山から9:いよいよ下山

※2008年11月1日から2009年1月末まで、
中国の武当山にこもって
内家拳の修行をしています。

こんにちは。
マネージャーの木村です。

さて、今日のブログをもって、わたしの代理更新も終わりそうです。

というのも・・・・
いよいよ、デュボワ本人が帰ってきます!

長いようで短いようで、
簡単に一言では表現しきれない、
山あり谷ありの3ヶ月が終わろうとしています。

ちょうど、その節目となるように旧正月がやってきました。

25日(日)から26日(月)にかけての旧暦大晦日&元旦には
学校に残っている師匠や指導員、そして生徒達と、
夜を徹しての大宴会だったそうです。

そして、午前2時を過ぎた頃に、みな、練習着に着替えて・・・・
いつも稽古をしているお寺「紫霄宮」に繰り出して、
新年の祈祷をして回ったそうです。
新年は、お寺も夜中でも開放してあるみたいです。
(日本と同じですね。)

いくつものお堂があるので、全てのお堂を巡って1時間半ほどかかったと
言っていました。

そして、そのまま学校に戻って宴会を続ける者もいれば、
デュボワのようにフラフラになって3時には寝てしまう者と
それぞれの新年を迎えたようです。

26日の夜も、再び、宴会です。(当然。)

そして、明けて27日、旧暦元旦2日目。

正月休みということで稽古がないのと、帰国が迫っているので
一人、山に登って、この3ヶ月を共に過した山とお別れをしてきたと
言っていました。

南岩(ナンニャン)という山の中腹にある場所が
武当山山頂への入り口のような役割を果たしている村なのですが、
そこまで上がって行って、この3ヶ月の稽古で使った場所、
練習内容をひとつひとつ思い出しながら、
心の中で山に別れを告げてきたと。

「感傷的になってしまうけど、余りにもたくさんの出来事があったから
仕方がない。」と本人が言っていました。

いい時もあれば、本気で帰国したいと言って、国際電話で
何時間も何日も議論をした事もありました。

師匠とも何度も腹を割って話し合ったり、
稽古仲間とそれぞれの心情を吐露しあったり。

どうにか決められた滞在期間をまっとうさせようと、
師父がいろいろと心を砕いて声をかけてくれたこともありました。
それは、一度決めたことはやりと通す、という意味で引き止めようと
したのではなく、その時のデュボワの精神状態を見ての師父の判断でした。

常識では考えられない不思議な出来事が山では起こり、
はじめはそれをどう受け止めていいのか戸惑ったり、そのうちに
あるがままに受け止めるようになれたり、
稽古を通じての肉体的な上達のみならず、精神的な広がりを
獲得していく様を、東京からモニタリングしているこちらには
時々刻々と伝わってきていました。

しかし、本人は、現場にいる当人ということもあり
まだまだ自分の成長ぶりを客観視できていないと言っていました。

それも当然だと思います。

体験してきたことがあまりにも大きく、強烈なために、
それらがゆっくりと消化されて、腑に落ちて糧になるまでには、
しばらく時間がかかるものと思います。

東京のような大都市特有のリズムに、どうやって自分のリズムを
合わせなおすのか、それもまた本人にとっての新たな修行になると思います。

帰国を目前にして、デュボワが師父に対してこういうことを言ったそうです。

「自分は根っこを引き抜かれる、大きな木になった気分だ」と。

「分かっている。」

それが師父の答えでした。

◆◆

さて、来週は、いよいよ本人更新に戻ります。
武当山から戻っての第一声は、いったい、どんなものになるのでしょうか。

◆◆

お寺の中にある建物の中庭。

かなり古い建築物です。

タイムスリップしたような空間です。

3ヶ月過した部屋と、窓からの眺め。

武当山武術学院、外観。

武当山の月。

◆◆◆

『デュボワ・メソッド・スクール』

アドバンスト18期募集中!

講師養成講座第3期生募集中!

◆◆◆

最新刊

『いつも、いい方向に人生が動く1%の人たち』



◆◆◆

『日経ネット』エコロミーで大好評連載中!

http://eco.nikkei.co.jp/column/

 

◆◆◆

近著のお知らせ

『デュボワ思考法』(ダイヤモンド社)


♪ ブックファースト(京都)でベストセラー!

♪ ブックファースト(新宿ルミネ1)で総合3位!

♪ 有隣堂横浜東口店(ルミネ店内)で、今、話題の本!

 

『日本人には教えなかった外国人トップのすごい仕事術』

武当山から8:デュボワによる写真

※2008年11月1日から2009年1月末まで、
中国の武当山にこもって内家拳の修行をしています。

こんにちは。
マネージャーの木村です。

さて、この武当山ネタのブログもいよいよ終焉に向おうとしています。
もしフライトの手配がうまく行けば、来週末には東京に戻ってきているはずです。

先ほど、エアチケットなどの連絡事項もあって中国のデュボワに
電話をしたところなのですが、耳の凍傷がひどくなってしまったので
病院にいって抗生物質をもらってきたそうです。

それにしても、その病院代が5元。
日本円にして75円。

・・・・・・。
どういう計算でそうなるのでしょうか?

さて、耳の凍傷のほかにも肉体的にあちこちに疲労が出てきて
背中の凝りもひどいと言うので、別のところで診てもらう、といっていました。

その手伝いをしてくれているのがMarcという武当山の麓に住むプロのガイドさん。
彼のプロフィールが非常に興味深いので紹介します。

彼はかつて大きな事故をして四肢が麻痺してしまったことがありました。
医者からは一生障害が残り車椅子生活だと言われたそうですが、
そこで彼は気功を習い始め、なんと、四肢の麻痺を完全に克服してしまったのです。

気功師として大きな力を自身が持っていることに気がついた彼なのですが、
それを商業目的で教えたり誰かを治したりすることを嫌い、
現在は、武当山のガイドという仕事を選んだのです。

身体のことについて詳しいので、デュボワの健康状態も診てくれているそうです。
頼りになる友人がまた一人増えました。

先日、八卦掌の練習に、師父が音楽を取り入れてみたそうです。
音楽を聴きながら砂の上を歩くのですが、
その際「足があることを忘れろ」と指示があるも
あまりにも難しくて、大変だったとのこと。

また、数日前から、師父のスパルタ指導が突如再開され、
今では本稽古に入る前に

●蹴り1,000回
●腕立て伏せ100回
●馬歩冲拳100回

などを1時間半(!!!)やってから、やっと各自の稽古に入るそうです。
あまりコンディションがよくないデュボワ本人も少しは参加せざるを得ない空気のようです。

さて、私が武当山から持って帰ってきたデュボワのカメラのデータを整理できたので、
それらを使ってアップデートしたいと思います。
(今までの写真は、別のフォトグラファーの写真です。)

いい写真がたくさんありますよ!

まずはこの一枚。

脚力がいります。

窓からの眺め。

学校で最年少の子。

お寺でデモンストレーションをしています。

師父も剣を披露します。

動かざること、山のごとし。

あくびをしている人たち。

コレは誰でしょう?

正解は、TVドラマの撮影でした。

『武当山』というシリーズが大人気だそうです。

主演の女優さん。

美人です。

師父いわく、スターだそうです。

◆◆◆

『デュボワ・メソッド・スクール』

アドバンスト18期募集中!

講師養成講座第3期生募集中!

◆◆◆

最新刊

『いつも、いい方向に人生が動く1%の人たち』



◆◆◆

『日経ネット』エコロミーで大好評連載中!

http://eco.nikkei.co.jp/column/

 

◆◆◆

近著のお知らせ

『デュボワ思考法』(ダイヤモンド社)


♪ ブックファースト(京都)でベストセラー!

♪ ブックファースト(新宿ルミネ1)で総合3位!

♪ 有隣堂横浜東口店(ルミネ店内)で、今、話題の本!

 

『日本人には教えなかった外国人トップのすごい仕事術』

武当山から7:まもなく、春節!

※2008年11月1日から2009年1月末まで、
中国の武当山にこもって
内家拳の修行をしています。

滞在中は、メールを読めないので、メールのかわりに
よかったらお手紙をください。
住所を書いておきます。
(ただし、返信はできませんので、ご了承ください。)

Attention: Francois Du Bois

The Academy of Wudang Taoist Wushu Arts,

Zi Xiao Palace, Wudang Mountain,

Shi Yan City, Hu Bei Province,

China 442714

※普通郵便で10日ほどかかります。ご注意ください。

こんにちは、今週もマネージャーの木村が
アップデートさせて頂きます。

みなさんもTVのニュースでご覧になっているかもしれませんが、
いま、中国は旧正月(春節)の準備でおおわらわです。
学校は夏休みよりも大切な長期休暇に入り、職場もほとんどがお休みになり、
みなそれぞれ里帰りをして、実家で春節をお祝いするのです。

中国式の正月は、今年は1月25日の旧暦元旦より1週間、
朝から晩まで大ご馳走攻めが続きます。
とにかく、おいしくてたのしくて酔っぱらい通しのすごい期間だということで、
全国民にとって大切な節目の儀式なのです。

そのために、交通機関は大混雑を極め、
その時期に当たってしまった外国人旅行者は
駅の大混乱ぶりや乗車率200%に近い列車の状態にびっくりします(笑)。

何せ23億人が大移動を繰り広げるわけです。

さて、そんな中、淡々と山奥で稽古を続ける
「武当山武術学院」のメンバーですが、
中国人の子供達や指導員たちはやはりそれぞれの親元に帰省をして、
現在、校内は閑散としているそうです。
事務局でさえ、もう誰もいません。

しかし、残る数名の外国人生徒のために
今年も帰省を取りやめ学校に残ることを決めた師父。
師の教育熱心さには、本当に頭が上がりません。

先日のデュボワからの報告では、なんとあまりの寒さに本人もとうとう耳が
凍傷になってしまったということです!

普段、帽子をかぶっているのですが、
耳の一部が完全に隠れないために、その部分が火傷を負ったように、
症状がでてきてしまったらしいのです。

幸い、手元にあったエッセンシャルオイル
(オーガニックで、直接肌に塗っても大丈夫な品質のもの)を塗って、
快復に向かっているそうですが、以前に、やはり凍傷になった指導員もいるので、
冬山では決して珍しいことではないのです。
対策として、耳当てをするようになったそうです。

さて、さらにこの1週間ほどずっと体調が優れなかったようです。
体調が落ちると、精神に影響を及ぼします。
デュボワも人間ですからその例外に漏れず、
一時はすぐにでも東京に戻るという話にまで発展していました。
それは健康上の理由、というよりも、やる気の問題上のことでした。

今でこそ笑って報告できますが、その議論のやりとりは本当に大変でした。
国際電話で何時間にもわたる大議論を何度も繰り広げました(笑)。

そうこうしている間に、体調不良の原因が分かったのです。
我々が帰国してから入れ替わりでやってきたプロのダンサーのJ氏曰く、
肉体疲労だそうです。
ダンサーの世界ではとてもよくある現象だそうで、
一つの新しい環境に入ってからだいたい2ー3ヶ月経つと、
一度肉体が過度の疲労を起こし、そのまま精神の不調にまで大きく
影響をするタイミングがあるのだそうです。

デュボワのケースもまさにそれで、
食事の中身から稽古の度合いまで、
すべてを調整し直すことになりました。

激しい運動の伴う稽古はすべて中止し、
穏やかな動きのみをここ1週間ほどずっと続けてきたそうです。

ところが、体調不良になってから新しい指導員がやってきて、
なんとその人もカンフーのチャンピオン!
師父とは違った動きを見せて、それがまた素晴らしく、教え方も非常に
分かりやすくて、それなのに自分はその指導を受けられなくて、
めちゃくちゃ悔しい!と嘆いています(笑)。
フラストレーションになっている、と言っていました。
ところ変われば、フラストレーションの種類も変わるものですね(笑)。

そういえば、とても大事な話をまだしていませんでした。

師父がデュボワに中国語の名前をつけてくれたのです
漢字で書くと「悟無」。wu(4声)wu(2声)と発音します。

「悟」は動詞で日本語の「悟る」。無は「ない」です。
何もない、「無」の真意を理解し、悟るという意味です。
非常に難しい哲学的な名前ですね。。。
それではまた次回のご報告をお楽しみに!

※旧正月の大混雑を避けるために、
デュボワの帰国日に変動がある可能性があります。
今のところ、1月末を予定しています。

*********

Lee師父と、カメラの画像チェック。

彼は、子供たちの指導を主に担当しています。

Guan師父の見本に見入るデュボワ。

そして、練習。

ひたすら、練習。

稽古のはじまりと、最後は、必ず整列して挨拶します。

そして、中国語の掛け声を、みなでいっせいに復唱します。

「我為 武当、 男儿(兒)自強 一二三四、 一二三、四!」 

おおよその意味は、

「わたしは武当山において努力をし、心身ともに強くなります。」

というようなものです。

意味が違っていたら、教えてください(汗)。

お寺の境内で練習するので、いつでも観光客がいます。

大人気です(笑)。

◆◆◆

『デュボワ・メソッド・スクール』

アドバンスト18期募集中!

講師養成講座第3期生募集中!

◆◆◆

最新刊

『いつも、いい方向に人生が動く1%の人たち』



◆◆◆

『日経ネット』エコロミーで大好評連載中!

http://eco.nikkei.co.jp/column/

 

◆◆◆

近著のお知らせ

『デュボワ思考法』(ダイヤモンド社)


♪ ブックファースト(京都)でベストセラー!

♪ ブックファースト(新宿ルミネ1)で総合3位!

♪ 有隣堂横浜東口店(ルミネ店内)で、今、話題の本!

 

『日本人には教えなかった外国人トップのすごい仕事術』