一難去って、また一難

実は、一部の人にしか知らせていなかった事実なのですが、
中国での修行から戻って以来、半月板損傷の痛みで右ひざに
激痛が走っていました。
あまりの痛みに、一時は歩くことさえできなかったくらいなのです。

正直言うと、心底焦りました。

中国で武術の修行を3ヶ月して戻ってきて、
心身ともにさらに逞しくなったことを喜んでいた矢先の出来事だったからです。
日本に戻ってひきつづき稽古に身を入れたら、ますます上達するだろうな、
あれももっとうまくなろう、これももっとやろうと、そしていつかあのレベルまで・・・
と自分に対する期待もありますし、目標を設定してどんどん前に進もうと
思っている人間にとって、身体の故障ほどショックなことはないのです。

似たような経験をされた方も多いのではないかと思います。

中国での厳しい修行を終えて日本に戻ってから
ある種の達成感を感じ初めていたところに
その感慨を吹き飛ばすような「試練」がやってきたと思いました。

整形外科でMRIを撮り、いろいろな治療を進めながら、
足を休めて、精神的にどうこれを乗り越えるかを日々試行錯誤しつつ
今日まできました。
様々な専門家に相談し、意見を求め、プロアマ問わずに直感的な
意見を聞いて回り、自分の身体の声を聞き、
何をどうすれば良い方向に向かいそうか、
心をオープンにしてたくさんの声を拾い集めていきました。

幸い、時間の経過とともに、痛みも少しずつ軽くなってきています。
正直言って、何が効いてきているのかはさっぱり分かりません(笑)。

自分の体験を通じても思うのですが、
どんな状況でもそのまま簡単に飲み込まれないこと。
そして、とにかく「なぜだろう?」「どうすればいいのだろう?」と常に
疑問を解決する姿勢を崩さないように心がけること。

修行で強くなったから、もう安心、なんていう
「おとぎ話」みたいな流れは、この世には存在しないな、と感じています。

人間は生きものだからこそ、心身の状態がつねに変化し続けるのですね。
興味深いものです。

◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日更新】

◆◆◆

『デュボワ・メソッド・スクール』

アドバンスト20期生 募集中!

◆◆◆

最新刊

『いつも、いい方向に人生が動く1%の人たち』



『デュボワ思考法』(ダイヤモンド社)

『日本人には教えなかった外国人トップのすごい仕事術』

外に気を取られすぎないで!

一般的な話をすると
大自然の中で暮らす人よりも
都会暮らしの人の方が、
エネルギー量に劣ります。
活力、心の元気度、いろいろな測り方ができますが、
総じて弱いのは都会暮らしの人々です。

この差は、いったいなぜだか
考えたことはありますか?

もちろん様々な理由があります。
その中の一つで、みなさんがあまり気にしていない、
とても大きな問題があります。

それは注意力です。

都会暮らしのパターンを思い浮かべて見てください。
私も含めてそうですが、自分の周囲で
起こっていることに膨大な注意力を注ぎます。
世の中の動き、経済の動向、人々の健康や
心の状態、新しいアイデアのためのヒント探し、
新しい視点、社会の進歩のために、
日夜頭を捻り続けます。
そして、それには膨大な体力を使います。
外を観察して、外に向かって発信する
サイクルができてしまっています。

でも、そのサイクルを上手くまわずための体力をつける、
つまり英気を養うには、外ばかりに目を向けずに、
自分の内面をじっと見つめる時間が必要です。

例を挙げましょう。
組織の中で仕事をしていると、
同僚や上司、あるいは部下、
クライアントなどとトラブルが発生することぐらいあります。
お互いに理解し得ない事態が起こると、
まずはどうやったら相手に理解してもらえるか?という
道を探りはじめます。

この道探しは、とても重要です。
しかし、時として、問題も起こします。
というのも、自分とは視点を分かち合わない
人からすると、あなたの行動はただのじゃまにしか
映らない可能性もあるからです。

そんなときこそ、自分の内側に視点を戻すのです。

自分が本来到達するべき目的、
状況にとっての最適な回答や行動、
自分はどこまで関与するものか、
などを冷静に見つめる目を持つためです。

これは逃げとは違います。
問題を無視することが目的ではないからです。
むしろ、なぜ衝突が起こっているのか、
なぜ、うまく行かないのか、を冷静に判断するためには
まず自分の心の内側で静かに考えなおす必要があるのです。

そうすることで、エネルギーの無駄遣いもなくなります。

よれよれになるまでがんばってしまう人、
あるいはうつっぽくなってしまう人の中には、
これらの切り替えがうまく行かずに、
ずるずると人や状況に引きずり回されっぱなしの
ケースが非常に多く見受けられます。
注意力がどんどんと外に奪われていってしまっているのです。

私自身もストレスには決して強いほうではありません。
だからこそ、どうやって自分の内側に視点を戻すべきか、
ということを考えて、メソッドを確立したのです。
もしストレスに強かったら「ストレスってなんだろう?」
「どうやったらうまく対処できるんだろう?」などという発想そのものが
生まれてきません。

もっと柔軟に、敏速に、物事に細かく対処していくことで
救えるエネルギーがあると思いますし、
エネルギーの無駄遣いを失くすことができると思います。
何ごとも、訓練の問題です。

私も物事や人にこだわりすぎて、
本来の目的を見失ったり、
エネルギーの無駄づかいを見過ごしてしまうこともあります。

だからこそ、常日頃自分を振り返って、
意識をし直すことが大切だと実感します。

自分の注意力が外にばかり向いているな、
自分の内側にはまったく向いていないな、と
意識することが大切です。

心当たりのある人も、多いのではないですか?

◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日更新】

◆◆◆

『デュボワ・メソッド・スクール』

アドバンスト20期生 募集中!

◆◆◆

最新刊

『いつも、いい方向に人生が動く1%の人たち』



『デュボワ思考法』(ダイヤモンド社)

『日本人には教えなかった外国人トップのすごい仕事術』

不和によるストレスを解決する

最近、ストレスの元について考えていました。

考え始めると、実に数え切れないくらいの
様々なストレスがありますね。
そんな中でも、仕事をしている・していないに関わらず、
あるいは都会暮らし・田舎暮らしに関係なく、
誰にでも共通しているストレスもいくつかあります。
その中の代表的なものが、誰かとの不和です。

不和と一言で言っても、いろいろです。
誰かと理解しあえない、
こちらの伝えたいことが伝わらない、
共感しあえない・・・・。
これらは大きなストレスのもとですね。

職場の上司が分かってくれない、
同僚との仲が悪い、
部下の誰もついてきてくれない。
こんな状況になると、同じ日本語やフランス語を
しゃべっているのに、ぜんぜん通じあわないイライラで、
よけいにストレスに感じてしまうのです。

さあ、あなたならどうしますか?

答えは、簡単でもあり、難しくもあるのです。

簡単というのは、やることは一つしかないからです。

自分を忘れるのです。

先週のテーマにも通じます。
自分、自分、自分、と、頭の中が自分でいっぱいになる前に、

●なぜ、相手が今のような態度をとっているのか?
●なぜ、相手があのような言葉を投げてきたのか?

など、とにかく自分がするのとは違う態度や言葉遣いをしてきた
相手の心や仕組みを理解するためには、
まず、自分を捨てる作業が一番です。

何か理解しがたい状況や、
うまく行かない状況が起こると、
僕はなるべく自分を忘れて、
状況や登場人物の立場になってみて考えてみます。

でも、そうなんです。
それがとても難しい作業なんです。
人生の中で、一番、難しい作業の一つかもしれません。

でも、希望はあります。
なぜなら、練習するという方法があるからです。
いや、練習あるのみ、と言うのが正確かもしれません。
楽器をうまく弾けるようになるには、練習をしますね。
運動がうまくなるには、やはり練習をしますね。
それとまったく同じです。

一番良くないのが、なにも意識せずに、
無為に時間を過ごして、
何度も同じ過ちを繰り返してしまうことです。
そして、毎回周りにイライラして、
さらにストレスを増大させてしまうことです。
それでは時間がもったいないですね。

練習の方法はいくつかあります。
例えば、呼吸をきちんとすることも一つの方法です。

え?なぜ呼吸と自分を捨てることがつながるのか!?
と思いますか?
そうですね。もっともな疑問です。

基本的に呼吸をすることを我々は学びません。
学ぶ必要がないと思っているからです。
なぜなら、生まれた瞬間から呼吸はできてしまっているので、
あえて「わざわざ学び直す」ものではないと思ってしまうのです。
歩き方をわざわざ学び直さなくてもいいじゃないか、
できるんだから、と考えるのと似いるかもしれません。
しかし、正しくない歩きかたのせいで背中がゆがみ、
身体全体がゆがみ、そして万病の元になる、
という考えはすでに一般に広く知られています。

同じく、呼吸も適当にするものではなく、
きちんと正しくすることで、酸素が脳や全身にくまなく届き、
意識や精神の状態に影響し、
そして日々の生き方や態度にも大きく影響をするのです。
これは、自分の認識能力にも大きく関わってきます。
意識した呼吸をくりかえすことで、
自分の現状をとらえていきます。
「あ、呼吸が速すぎる」「浅い」「不規則」などなど、
自分で分かる範囲で良いので、
少しずつ認識していきます。
そしてそれに伴う精神状態、意識の状態も把握していきます。
それが自己認識の力を養います。
武術や高度な音楽の訓練を積んでいる人であれば、
理解しやすいことだと思います。

最終的に自己認識能力が高い人が、
いわゆる「客観視するのがうまい」人ですが、
自分を忘れるとは、要は客観視する力なのです。

さらに詳しいことは言葉ではなかなかお教えできないので、
ご興味がある方はスクールを覗いてみてください。

◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日更新】

◆◆◆

『デュボワ・メソッド・スクール』

アドバンスト20期生 募集中!

◆◆◆

最新刊

『いつも、いい方向に人生が動く1%の人たち』



『デュボワ思考法』(ダイヤモンド社)

『日本人には教えなかった外国人トップのすごい仕事術』