11/28(土)『Hi Touch Forum』で講演します

いよいよ、2011年度卒業生向けの就職活動イベントが
盛んに開催される時期ですね。

僕も、もちろん参加します。

今年は、『ハイタッチフォーラム』というベンチャー企業だけを集めた
フォーラムで講演をします。

今週の土曜日(28日)に六本木の泉ガーデンギャラリーです。
ご興味がある方は、ぜひ、遊びに来てください。

http://mvweb.jp/contents/editors/?cat=4

すでに講演会は、定員の100名を超えているみたいですが、
当日、がんばって会場に来てくれた人は、もしかしたら
まだ入るこむ余地があるかもしれません。

最初から「無理かも。」と諦めるより、
まずは現場に出向いてみる。
そこでまた次に新しい手が見えてきます。

講演会のテーマは
『デュボワ・メソッド式:自分の声を聞ける奴だけが、幸せな就職をする』
です。

実を言うと、会社だけを取りあえげて、どこの会社がいいとか、
どこの会社が良くない、というのはありえないと考えています。

むしろ、どこの会社があなたと相性が良いのか、いまいちなのか、
と言う方が正確です。

昔の就職活動だったら、例えば安定した地位や仕事を希望した際、
その指標として企業名で選ぶ傾向が非常に強かったものですが、
現在、その方法で選ぶととんでもない顛末が待ち受けていることは
日々の経済ニュースを見ていると、一目瞭然です。

最初は企業名に目をくらませていたら、
いつの間にか、会社の財務状況に立ち眩みが・・・なんてことになりかねません(笑)。

慶応のキャリア講座でも、まずは自分個人の感覚に基づいた考えを大事にしろ、
と、最初の授業からずーっと口をすっぱくして言ってきました。
これは、アカデミックな観点からすると、人に伝えることはできるけど
実際のところを教え込むのは非常に難しいものです。
それでも、絶対に外せない、キャリア教育のコアの部分です。

自分の感覚に基づいた考えを作り上げるには、
より具体的で正確な情報を手に入れること、
さらに情報を探しに行く嗅覚や行動力もいる。
でも、やっぱり、一番大事なのは自分の軸だ。

自分の軸が無いまま行動を起こしたり、発言していくと、
自分の外にある色づけされたり、操作された情報たちに
翻弄されて、最後はくたくたになって終わってしまう。

土曜日の講演会では、ぜひ、この軸のことや、
軸の見つけ方の話をしたいと思います。

大勢の学生の顔を見るのを楽しみにしています。

◆◆◆

リクナビ海外×デュボワ タイアップ企画

◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日更新】

◆◆◆

 NIKKEI NET 日経 Ecolomy 連載中

(↑クリック)

『ロスト・イン・トランスレーション』から7年

先日、自由が丘を歩いていると、偶然、昔の仕事仲間に会いました。
映画『ロスト・イン・トランスレーション』の撮影の時にいっしょだった人です。

なんと、数えるともうあれから7年になるんですね。

懐かしくて、ちょっとカフェで一緒に話をしました。

当時のことはとてもよく覚えています。
時には日中は湘南藤沢までバイクで飛ばして
慶応大学のSFCで教えて、夜は都心で通し撮影という
ハードなスケジュールをこなして、ほとんど24時間稼動
だったときもありました。

チームは日米混合スタッフで、スタッフの共通語は英語。
在米日本人もいれば、僕のような在日外国人もいて、
とにかく、ありとあらゆる背景の人々が一本の映画を作るために
東京の現場に集まって、もの凄い集中力と創作意欲でもって
みなが働いていたのを、昨日のように思い出します。

あの頃はまだソフィア・コッポラ監督も『ヴァージン・スーサイズ』を
撮ったあとで、一部の映画ファンにウケた作品ではあるけれど、
それほどの知名度はまだありませんでした。

なので、慶応の学生の大半も「ソフィアって誰?」というリアクション。

それがオスカーを獲ったとたんに、
「先生、スゴイネ~~~~!!!!!」と、あちこちで
手のひらを返したように、大騒ぎです(笑)。

懐かしい話です。

おまけ映像をつけておきます ↓↓↓↓↓

● 『ロスト・イン・トランスレーション』バックステージ映像

●リクナビ海外×デュボワ タイアップ企画



◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日更新】

◆◆◆

 NIKKEI NET 日経 Ecolomy 連載中

(↑クリック)

仕事道具

こんにちは。

ここのところ、膨大な書き物に追われています。
本の企画やら、そのほかの資料作りなどで毎日、
文字ばかり追いかけています。

体力消耗を控えるために、先週からアルコールを
飲まないことに決めています。

でも、やっぱりキツイですね。

きょうは、僕の仕事道具を紹介しましょう。
4つのマシンを交代で使っています。
別に意味はありませんが、その時々の用途に合わせて
マシンを変えています。
1)デスクトップPC

2)Lenovo(旧IBM)のThinkPad、数週間前に手元に来ました

3)MSIのミニノートPC、小さいのでどこにでも持って行けます

4)ポメラ、小さくて軽いので、どこにでも持って行けます。主にこれで書いてます。

5)紙とペン、実はかなりアナログな人間です。ペンの感触は好きですね。
ペンと著者の関係性は人間的な感覚で、僕にとっては重要な感覚の一つかも
しれません。

現在、たくさんの企画が同時に走っているのですが、
まだ詳しいことはお話できません、ごめんね。

また時期が来たら!

◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日更新】

◆◆◆

 NIKKEI NET 日経 Ecolomy 連載中

(↑クリック)