そのまま鵜呑みすると危ないこと

この世の中には「より良い人生」や「自己実現」についての提案やセオリーが、
実にたくさんあります。

例えば、宗教もその方法論のひとつと言えます。
宗教の場合は、特に教義というものが存在して、
「これはやってはいけない。これはやってもいい。」
と、ライフスタイルや考え方、行動の仕方など、ありとあらゆることに
「神様との約束」と称したルールを課します。
そしてそれを守ることが、神様に少しでも近づく道である、と説かれています。

しかし、ご存知のように、ある宗教では正しいことが、別の宗教では間違った
ことになってしまうことも、山のようにあります。
例えば、ある宗教では一夫一婦制が正しいのに対して、
別の宗教では一夫多妻制が正しい。
また、別の宗教では妻帯しないことが正しいとされる。

つまり、多くの宗教が信者に対して「これが神様から課せられた
絶対のルールだ」と思わせているものに、本当は絶対的などというものは存在せず、
すべては社会や、構成する人々によって変化する
相対的なものであるということが見えてきます。

これはビジネスの世界でも同じです。
例えば、有名な「マズローの欲求段階説」という、ビジネススクールでは
必ず学ぶ説があります。これは1943年に発表されたマズローの
「A Theory of Human Motivation(自己実現理論)」
という論文に登場する人間の欲求段階を解説したものですが、
彼の説はごく少数の一部西洋人のライフスタイルをモデルにして
考えられたものであり、文化的な違いによって発生する
考え方や行動様式の差異はまったく無視されているものです。

実際、アフリカ圏やアジア圏の人にこのピラミッドを当てはめようとすると
まったく機能しないこともわかるでしょう。
つまり、このような一方的で、狭小的な視点でしか構成さられていない
セオリーをすべての社会や人々に当てはめようとすることは横暴とも捉えられ、
ひいては人類同士の無理解に発展する要因です。

例えば、第4段階の「承認の欲求」や第5段階の「自己実現の欲求」は、
オーソドックスな西洋社会流の「成功」イメージを頂点としたピラミッドに過ぎず、
この「成功」イメージは必ずしも全ての社会や文化において受け入れらるとは
限らないのわけです。
それが世の中の豊かさを形成するダイバーシティーです。

僕が若い時にパリで経験した実際の話をしましょう。

「ガール・ド・レスト(東駅)」で、友人と話をしながら歩いていると
路上生活者がお金を恵んでもらうために床に座っていたのを見かけました。
僕は彼に近づき「大変そうだから、はい」と言って小銭を投げ、
そのまま引き続き、友人と歩き続けたのです。
すると、路上生活者が後ろから追いかけてきて、
僕の肩を叩き「これは君に返すよ。そんなしかめっ面をした
無愛想な若造からもらったお金は使えない。君の元に返す。」
と言ってきたのです。

その時、はっとしました。

恐らく、自分ではそんな失礼な態度を取ったつもりは全く無かったのですが、
向こうからは、十分にそう写ったのです。
だから、これは否定しようがない。
この時の路上生活者が、たとえばかつては高等教育を受けて
それなりの社会地位を持っていたけれど、何らかの理由で落ちぶれてしまったのでは?
という見方もできますが、明らかにそういった風情の男性ではありませんでした。

余談ですが、この時から、誰に対しても、それがたとえ路上生活者であろうと、
失礼に写るような態度は二度と取るまいと心に誓った事件でした。
自分の「つもり」と相手が受けとるシグナルは、時には乖離するものです。

いずれにしても、わたしたちの人生を構成している様々な要素に対して
もっと敏感になること、そのためには何よりも自分のことを
鋭敏な感覚で日々、実感をしつづけること。
それが最も大切なことであるように思いますし、
それ以外に選択の余地はないようにも思うのです。

他所から提供されるセオリーや価値観は、あなたにとってひとつの道としての
可能性は秘めています。しかし、それが絶対であると決めつけたり、
思い込んだりすることは危険です。そんなことをすると、
自分の直感や、感性に蓋をしてしまい、知らないうちに
リスクを背負う行為に繋がります。

自分を知るためのありとあらゆる方法を学び、実践すること。
そうすることで、あちこちで提案されている
「最良の方法」「最高のセオリー」「究極の発想法」
「これさえあれば理論」などなどを鵜呑みにせずに、
その真意を理解したり、分析をして取捨選択をする力が
どんどんとついていくことでしょう。

ちなみに、マズローの欲求段階説に関しては
批判が相次いでいるにも関らず、相変わらずビジネススクールで
昔のまま教え続けているところもあります。

なぜなら、何も疑問を持たずに鵜呑みをすることが、
教える方にも、教わる方にも、楽だからです。
それを「とてもわかりやすい」「便利」という言葉でまとめてしまって。

◆◆◆

■ライフとキャリアのことなら

『デュボワ・メソッド・スクール』

◆◆◆

■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆

■twitter:DuboisFrancois

■朝日新聞online 『人生を変えるカラダづくり』連載中!

NIKKEI NET 日経 Ecolomy 連載中!

◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日更新】

◆◆◆

ワールドカップ:スター選手を親戚の持つと・・・

いまの世の中の流れに逆らうような発言をするようですが、
サッカーワールドカップにはあんまり興味がなく、TVも観てません(笑)。

正直言うと、集団のスポーツそのものにあまり興味がないのかもしれません。
なぜかというと、みんなが一時的に人を熱狂させて、TVの前に釘付けになっているその間に
政治家たちが良からぬ法案を国会で通してしまったり、、、なんてこともあるからです。

でも、昔からそんなひねくれた考えだったわけではありません。
子供の頃はサッカーをするのも観るのも大好きでした。

ところがある時期から、きっと他人から見たらうらやましすぎるような、
家族に関係する、“ある大きな問題”のせいでサッカーをやめてしまったのです。

その問題とは・・・・従兄弟のひとりが当時、サッカーのスター選手だったんです。
フランスの歴史に残るひとりです。
彼の名前はドミニク・ロシュトー。
フランスリーグ・アンで4回連続優勝、フランス杯(シャルル・シモン杯)3回優勝、
そして、1984年にはフランスナショナルチームでミシェル・プラチニと共にヨーロッパ杯優勝、
プラチニは、ご存知のように、現在のFIFA会長を務める、やはり伝説のサッカー選手です。
そして、翌1985年には、やはりナショナルチームでインターコンチネンタル杯で優勝しています。

僕が子供の頃は、ドミニクもまだデビューしたばかりで、ASSEというクラブチームで
プレイしていました。(サンテチエンヌのチーム)
当時のニックネームは、「緑の天使」。

ヨーロッパ杯の時のサンテチエンヌ対キエフ戦で、ドミニクがゴールを決める瞬間
(YOUTUBEの5:42ごろ)
http://www.youtube.com/watch?v=YJFrlDIrUds&feature=related

スター選手なので、有名歌手も応援歌を作っています。
どれくらいスターだったかというと、ブラジルのペレや、
日本の闘莉王といったところでしょうか。
http://www.dailymotion.com/video/x7dqud_les-gosses-de-paris-le-petit-rochet_music

握手をするだけでもすごいことなのに、
それが親戚となったら、もうおおごとです。

これは、フランス対ハンガリー(1978)の国際試合の様子。
ドミニクがフランス代表チームでプレイを始めたての頃です。
YOUTUBEの1:10の頃にゴールを決めています。
http://www.youtube.com/watch?v=LOa7kz0UA4c&feature=related

という事情なので、僕がサッカーフィールドに立つたびに、
学校中のみんなが注目するわけです。
あのヨーロッパ杯のような奇跡的な活躍を僕にも期待するみんなの目が
刺さります。

まあ、結果はいつもがっかりしたものになるわけです。
しかも、普通よりも下手だったので、そんな針のムシロ状態に
キリをつけるために、サッカーを止めてしまいました。

ちなみに、ドミニクはものすごくやさしい男です。
寡黙で音楽を愛し、FIFAの倫理委員会の会長として
若者にフェアプレイの大切さを指導する立場にいます。
なんと、現役時代は通算イエローカード3枚、レッドカードゼロ
というすばらしい紳士プレイでも知られているのです。

でも、一方ではプレイスタイルは勇敢で足がものすごく速く、
パリサンジェルマンという名門チームにいた時は100ゴールを決めています。
パリサンジェルマンは、ロナウジーニョの所属クラブでもありますね。

最後に、おまけとして名優ジェラール・ドゥパルデュー主演の
映画「Le Gracu』にも俳優として出ています。これは現役引退後の95年です。
http://www.youtube.com/watch?v=s-noWBfSv5Q&feature=related

一番下にある写真は、僕が小さい頃にドミンクの両親の家で一緒に撮ったもので
左がドミンク、真ん中が僕、右端が僕の一番上の姉のジゼルです。

◆◆◆

■ライフとキャリアのことなら

『デュボワ・メソッド・スクール』

◆◆◆

■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆

■twitter:DuboisFrancois

■朝日新聞online 『人生を変えるカラダづくり』連載中!

NIKKEI NET 日経 Ecolomy 連載中!

◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日更新】

◆◆◆

ぞれぞれの価値観を大切に生きる

ひとにはひとの、それぞれの世の中におけるポジションがあります。
そして、それがお互いに交換が利くものではなく、
そのひとだからこそのポジションなのです。

現代社会で入り乱れる雑多な価値観のせいで、
我々にとってほんとうに大切な判断基準が
歪んでしまっています。

例えば名刺に書かれた肩書きをみて
その持ち主の人生全体をうらやましく思ってみたり、
立派な肩書きと個人の幸せが比例するとは誰も
言っていないのに、自動的にその人を尊敬してしまったり。

個人の幸せと社会的な立場は、本来まったく無関係です。
しかし、その基本的な事実を簡単に忘れることができるのが
現代社会の特徴でもあるようです。

社会的立場が人生の目的になってしまった場合、
立場を失うとその人は人生の目的そのものを失ったことになります。
それほど悲惨なことはありません。

心穏やかに、雑多な価値観に振り回されることなく
幸せに生きる秘訣は、与えられた責任に目を向けて
それを引き受けることではないかと思います。

日本語でこう書くと、非常に硬派でイメージしづらいかもしれませんが
例えば、わたしが元来の怠け者だったら、なるべく気をつけて
怠け者顔が出過ぎないように行動する、だとか、
そういうシンプルなことです。

そういう、ひとりひとりにとっての「バランスを取る行動」というのが
あるはずで、自分にとってのそれと、友達にとってのそれは
それぞれに違います。

いつも働きすぎて体を壊すクセのある人だったら、
ほどほどに働いて同時に健康を大切にする方法を真剣に考える、だとか。

結局、わたしたちはそれぞれに違う性格と身体特徴を持っています。
だからこそ、人まねで自分の道を作ろうとするのではなく、
自分を良く知って自分の道を手作りしていくことが
なによりも大切になります。

自分を知ることで、自分なりの夢や理想も知ることができます。
そうすると、自分なりと夢や理想と社会が良しとする既成の夢や理想には
大きな隔たりがあることが分ります。
そういう行程をきちんと踏んでいる人は、
世の中でどんなおかしな価値観が蔓延っていようとも
翻弄されることなく、心穏やかに前に進むことができるものです。

また夢や理想に、大きいも小さいも、
立派も貧相もありません。

他人とのコミュニケーションをより良くしたい、というのが
ある人にとっての命題かもしれません。
また、自律を学ぶことが、別の人にとっての絶対的な課題かもしれません。

僕の考えでは、自分を知ることほど、人生でもっとも貴重で重要な
そして、楽しい作業はないと考えています。
そんなに大切な作業を、どうやったら飛ばす事ができるんだ?!?!と。

生きている目的はひとつきりではありません。

しかし、自分を知る作業を怠ったり、
自分にとっての最も大切なものが何なのかを知る作業を
怠った人にとっては、人生の目標は、誰かが勝手に
メディアで「これは目標として、かっこいいよ。
尊敬されること間違いなしだよ」と吹聴したことを
鵜呑みをすることが簡単です。
そして、いつのまにかそれがそのまま自分のための
目標であったかのように振舞ってしまいます。

あとに待ち受けている問題や深い落とし穴については
語らなくてもいいですね?

自分を失う、という表現がありますが、
まさにこれは上のような状態を表します。
自分を失うと、人生のありとあらゆるものを
さらさらと失い始めます。

大切なものが消える時間は、驚くほどあっという間です。

そうならないように、わたしもまたいつどの瞬間にも
学びの姿勢を心がけ、いま自分がいる道がどんなものなのか
常に自問自答しながら前に進み続けています。

【お知らせ】

6月13日 から「デュボワ・メソッド・スクール」で新しい講座がはじまります。

『結果につながる行動力をつけたい3ヶ月講座』

資格試験がある、プロジェクトで結果を出したい、

などなど、いろいろな理由で「結果」を出したいと思っている

みなさんの背中を押す“応援講座”です。

3ヶ月でいっしょに結果を出していきましょう。

 このクラスで学んだことは、一生使えます。

◆◆◆

■ライフとキャリアのことなら

『デュボワ・メソッド・スクール』

◆◆◆

■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆

■twitter:DuboisFrancois

■朝日新聞online 『人生を変えるカラダづくり』連載中!

NIKKEI NET 日経 Ecolomy 連載中!

◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日更新】

◆◆◆