第4回世界伝統武術大会に出場します

この秋、中国で開催される世界的な武術大会に僕が指導している
中国武術教室WIMAから6名の出場者が出ます。
僕はコーチとしてチームを引率します。
それにしても、まだ2年目の新しい教室にとって武術の世界大会に
出場することは夢のような話です。
今回は、太極拳部門に出場します。
出場者は数ヶ月前からこの大会に向かって準備を進めてきました。
実際に出場するひとも、そうでない日本に残るメンバーもみな、
それぞれに大会本番を心待ちにしています。
世界大会ですから、ほんとうに世界最高の武術家たちが一同に集います。
その中に混じるわけですから、入賞するにもなかなか手強い状況です。
実際、大会には「熟練」した達人も大勢いることでしょう。
そういう出場者に比べたら、WIMAのメンバーはまだまだ若いひよっこかもしれません。
しかし、中国武術を修行する者にとって、もっと大切なものの一つに
「スピリット」がふくまれていると思います。
武当式太極拳を稽古する我々にとって重要なのは「武当」らしさ。
その武当らしさを動きのひとつひとつでていねいに体現することが、
我々にとって最大の鍵だと感じています。
大勢の審査委員や出場者、そして観客に見られる中で、
どれだけ心穏やかに最後まで演武ができるか。
大会は10月16日から20まで。
実際の競技は17日から19日までの中3日間です。

出場メンバーは:
ガエル・ヴァッセール、上田美紀子、石井まゆみ、山中理恵、藤井宏美、木村彩。
(ブログ一番下に写真があります。)

大会開催中は、出場者がリレー形式でWIMAのブログに
それぞれ記事をアップしていく予定です!リレーブログは13日開始です。
どうぞお見逃しなく。

WIMA BLOG http://www.wimablog.com/

僕はコーチとして同行しますが、ひと一足先に10月4日から中国入りして、
師匠と集中稽古をしてきます。僕のブログは通常通り、アップしていきます。
ちなみに、僕が中国にいる間も、東京のWIMAのレッスンは行われます。
ご安心を!

★10月4日発売の『週刊ポスト』に、僕のインタビューと新刊が掲載されます。

◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆

■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気 功教室』

 

◆◆◆

■twitter:DuboisFrancois

■朝日新聞online 『人生を変えるカラダづくり』連載中!

NIKKEI NET 日経 Ecolomy 連載中!

◆◆◆【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日更新】◆◆◆

青山ブックセンターのミニトーク&サイン会の様子

今日は火曜日ですが、変則的に更新します。
昨晩、青山ブックセンター(六本木店)をおかりして新刊の発売を記念した、
ミニトーク&サイン会を開催しました。
雨の月曜日にもかかわらず、たくさんの方にお越しいただけてほんとうにうれしかったです。
トークもだんだん盛り上がっていって、最後は時間をオーバーしてしまいましたね。
来てくれた人に「特ダネ」として、本には登場しない、
僕の特別な才能についての話もしました。
他にも、「僕の運命を変えた本」という「ミニブックフェア」をお店でやっているので、
今回のために選んだ本についなぜそれを選んだのか、と言う話もしました。
お客さんのリアクションも良くて、ほっとしました。
写真をフリッカーにアップしておきました。よかったら覗いてみてください。http://www.flickr.com/x/t/0098009/photos/dproject/sets/72157624924941673/

また、今週木曜あたりにレギュラーの更新もします。
そのときに、ちょっとした重大発表をします。
お楽しみに!

◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆

■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気 功教室』

 

◆◆◆

■twitter:DuboisFrancois

■朝日新聞online 『人生を変えるカラダづくり』連載中!

NIKKEI NET 日経 Ecolomy 連載中!

◆◆◆【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日更新】◆◆◆

家族の中の人間関係

生き方や仕事など、日常の四方山に関して人からの
アドバイスや意見が飛んでくることはしょっちゅうあることですね。
特に家族からはまっさきに意見がくることでしょう。
こちらとしては家族にはいつでも応援してもらいたいものですが、
いつでもそれが叶うとは限りません。

また、家族は自分の成長のスピードについてこらないこともしばしば。
そうすると、逆に足を引っ張るような意見や態度を取られることも出てきて
かえって嫌な思いをすることもありえます。
特に、兄弟同士でそういう話はしょちゅうです。

はじめは「長女・長男だから」「学業の優秀な方」などいろいろな物差しで
子供たちの「将来」や「期待」を周囲の親なり親戚なりは予測していきます。
しかし、子供が成長するに従って、昔、みなが予測していた将来とは
ちがう道を本人達はどんどん歩み始めます。

そして、想定していた以上・以下の「成功」「失敗」を見せ始めると、
周囲は戸惑いを覚えます。
だって「予測していたこと」や「理解していること」とは違っているから。

自分の家族のケースでも同じようなことが起こっています。
ぼくのところは、姉が2人、として私という兄弟姉妹構成です。
そして、真ん中の姉が一番の成功者として見られています。
なぜなら、ぼくがまだ学生の頃から、彼女はすでに独立して会社を
経営し、かなりの売り上げも立てていたので、親戚中からも
「彼女は見本だ」と言われていたくらいです。

一方で、ぼくはというと、夢見がちな末っ子、という扱いでした。
何を言ってもやっても、本気にしてくれない、という感じです。

しかし、月日は経ち、それぞれの道が少しずつ出来上がっていきます。
ぼくもかつての落ち着きのない夢見がちな青年ではなくなり、
活動拠点も日本に移して、音楽家のみならず
教育者、として、武術家としての顔を持って活躍することになりました。
自分でもこのような道が開けてくるとは予測していなかったので、
家族はさらに驚いています。

しかし、ここで問題が出てきます。
二番目の姉がいつでも家族の中では「見本」や「リーダー」格であり続けたのに
例えば僕みたいに日本で活躍している「弟」が出没すると、姉としても
役割ゲームがやりにくくなるのです。
僕のかつての「夢見がちな、将来が心配な弟」という存在が消滅してしまい、
それに伴い、彼女の「成功者」としての像や、リーダー格の立場も危うくなって
しまうからです。

これは世界中のどの家族にもある、日常的なソーシャルゲームの一つです。
精神科のドクターに、こういった家族関係のあり方の仕組みを学んだおかげで
僕は姉達が僕の仕事に「無関心を装って」いても、むっとせずに喧嘩もせずに、

冷静に良好な関係を保ち続けることができています。

家族が久々に集まってする話題と言えば、僕の今の活躍ぶりよりも、
いかに昔は落ち着きのない、おっちょこちょいな奴だったか、
という話題になります。それでも、この背景にあるソーシャルゲーム、役割ゲームが
分かっていれば、自分が笑いの種になっても、平然と構えていっしょに
なって笑っていられる余裕が出ます。

みなさんも、もし家族の関係が難しいな、重いな、と思うようなことがあれば
役割ゲームのことを意識した目で家族を観察してみて下さい。

きっと違った見方、新しい事実が見えてくると思います。
そして、その見方によって気持ちがとても楽になるでしょう。

■ サイン会情報 ■

月日: 9月27日(月)

時間: 19:00~20:30

場所: 青山ブックセンター 六本木店

  http://www.aoyamabc.co.jp/45/45215/

会費: 無料

定員:30名

詳しいことは、またここや本屋のサイトにアップします。

みんな、遊びにきてね。

◆◆◆

★ 『デュボワ・メソッド・スクール』からお知らせ

 デュボワ・メソッド講師『プロ養成講座』

 受講生募集中!

◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆

■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気 功教室』

 

◆◆◆

■twitter:DuboisFrancois

■朝日新聞online 『人生を変えるカラダづくり』連載中!

NIKKEI NET 日経 Ecolomy 連載中!

◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日更新】

◆◆◆