インプットとアウトプット

特に病気や体調が優れないというわけでもないのに、
どうもここのところ疲れがひどいということがありませんか?

自分の生活のペースをもう一度振り返ってみるのが最も良い方法ですが、
その時、インプット&アウトプットのバランスという視点から観察してみるのも
とても重要なことだと考えています。

インプット&アウトプットとはどういうことか?
簡単に言うと、普段のエネルギーの使い方のことです。
一般的に、我々は普段のエネルギーの使い方には
わりと無頓着です。

「やらなくちゃいけないこと」「できること」「やりたいこと」
という視点でしか物事を見ない傾向があります。
それと、今の体力や気力を照らし合わせて
実際に、「動く」「動かない」「動けない」などに行動が分かれます。

そういうものの見方のほかに、エネルギーを消耗する活動と
反対に、エネルギーを充填する活動、という二つの種類に大別した見方も
可能です。

前者をアウトプット、後者をインプットと呼んでいます。

ではまずアウトプットとは何か?
自分の中に貯めこんであるエネルギー(気力・体力)をどんどんと
使っていく活動のことです。
例えば、義務から発生している仕事をする、友人を助ける、
義務感から親に会うあるいは世話をする、などなど。
こういう行動は、アウトプットに類します。
極端に体力を消耗する激しいスポーツも、これらに属します。

アウトプットが悪いと言っているのではありません。
あるいは、するなと言っているのでもありません。
そういう類の行動である、ということをしっかりと認識しておくことが
大切なだけです。

なぜなら、次に挙げるインプットをあまりせずに、アウトプットばかりしている、
全体的なバランスが悪い日々を送っていると、
本当に体力・気力がなくなってしまって、倒れてしまったり、
病気の原因になるからです。

インプットとは、自分を豊かにしてくれるものを指します。
太極拳、いけばな、裁縫、何でも好きでやっている趣味など。
それこそ何でも良いのです。
先生と呼ばれる人について学ぶ、自分の心身を新しいもの・考え・行動などで
充実させる行為です。
それは積極的に楽しみながらする仕事でもありうるし、あるいは
刺激しあえたり学びあえる人間関係もそれに該当します。
あと忘れてはいけないのは、自然とのふれあい。
これも大切なインプットです。

さあ、だいたい勝手がわかってきましたか?

今度は、自分の日々を振り返ってみましょう。
白い紙(A4)を用意してください。

そこに、日々やっているインプットとアウトプットをそれぞれ書き出して見てください。
どちらの方が多いか?
自分の日々はどんなことで構成されているか?

ここのところの疲れ具合の説明が、その紙に書かれたことを通して
透けて見えてくるのではないでしょうか?

【お知らせ】

朝日カルチャーセンター(横浜校)で特別講演します。

2011年3月19日(土)

詳細、お申し込みはコチラ 

 『人生を変える才能の見つけ方』

◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆

■twitter:DuboisFrancois

■朝日新聞online 『人生を変えるカラダづくり』連載中!

NIKKEI NET 日経 Ecolomy 連載

◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日更新】

◆◆◆

WIMA的組織論

WIMAの秋合宿が、先週末無事に終了しました。
今回から、いつもの合宿に比べて、ひとつ進化したことがあります。

WIMAは、誕生からまだたった1年半のささやかな若いクラブなのですが、
ちょうど一ヶ月前に中国で開催された世界大会で、金・銀・銅メダリストを
輩出しました。
これをきっかけに、新たな展開をすることになりそうだからです。

その第一歩として、この秋合宿があったわけですが、
僕が上級生を、そして、初心者は金メダリストのまゆみさんが指導する
役割分担を明確にすることにしました。
メダルを獲った者には、ある種の責任も同時に発生します。
それを彼女に説明し、新たに指導員としての立場に立ってもらいたい旨を
伝えると、快く引き受けてくれました。

結果的にこの役割分担のおかげで、上級生にさらに次のステップを
教える余裕ができて、僕ひとりだけでクラブを回すという負担が
少し軽くなりました。

組織は有機体です。
常に動き続ける中で、どうやって存続していくかを考えます。
また、ただ存続するだけでなく、規模を最小限にとどめるのか
あるいは、発展させるのか。それらを予測して、決めて、実際に動きます。
10月末に中国からもどってきて以来、今後のWIMAという組織を
どうやって上手に運営していけるかをずっと考えていました。

メダルを獲得できたことは、ニュース性もあり、非常に素晴らしいことです。
ですが、それだけで終わっていては、せっかくメダルを獲ったみんなにとっての
ただの珍しいあるいは美しい思い出だけで終わってしまいます。

だからこそ、これからのWIMAのあり方について、真剣に考え、

周囲とも議論し、相談し、そして実践に移そうとしています。

組織のマネージメントに関しては、多くの経営者と話をし
たくさんのことを学んできています。
僕がメンターとしていつも参考にしている一人にカルロス・ゴーン氏が
いらっしゃいますが、彼いわく、組織を発展させようとするのであれば
新たな責任者を立てて、その人物を信頼して委託すること、
しかし、一方で、目配りは忘れないこと。
そうすることで、自分があまりにもたくさんのことを手がけすぎて、
状況に飲み込まれるという最悪の事態を避けることができるのです。

もし、読者の中にも組織の成長に悩んでいる方がいらっしゃれば、
ぜひ、誰かに新たなタスクを依頼することを少しずつチャレンジしてみては
どうでしょうか?

自分だけなく、信頼された相手にとっても新たなチャレンジになり、
そして、成長のきっかけとなるでしょう。

ちなみに、WIMAの金メダリストのまゆみさんは、
12月初旬の「日経新聞」に記事が出ることになりました。
日付が決まり次第、またお知らせしますので、
ぜひ、目を通してみてください。

◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆

■twitter:DuboisFrancois

■朝日新聞online 『人生を変えるカラダづくり』連載中!

NIKKEI NET 日経 Ecolomy 連載

◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日更新】

◆◆◆

自然を上手に取り入れる方法

今朝から御岳山(青梅市)に出発します。
今週末に、太極拳教室WIMAのが合宿があるのですが、
その前後に、少し長めに山に滞在する習慣を取ることにしています。

いつも書いていることですが、ふだん、慌ただしく目が回るような
生活をしていると、自分を振り返ること、日常の細かいことにも気を配ることが
なくなりがちになります。
それが蓄積すると、なにかの拍子に失敗したり、自分が病気になったりしやすくなります。
そういうことがなるべく起こらないように、あらかじめ余裕を作り出すのも
生活者としての責任じゃないかと考えています。

ちょうど、週末は合宿で山に行くので、その前後の金曜と月曜も
山に滞在することで、心身の休まり方はぐんとアップします。

「そうは行っても、山に簡単にいけないよ・・・」という方は、
ぜひ、意識的に近くの公園に足を運んでください。

できるだけ、一人きりになれる空間を見つけてください。
他人の存在は、それだけで気をとられてしまい、自分を振り返ることが
難しくなりがちだからです。

そして、自然を見ます。
ただ、じっと見るだけでOKです。

最初は、あれこれ考え事がよぎるでしょう。
考え事は通り過ぎるまま、放っておいてください。

そのまま引き続き、自然に目を向けてください。
そうすると、ゆっくりと自然の方があなたの中にすーっと入りこんできます。
自然のエネルギーは、黙ってそこにいるだけで、心身を満たしていってくれます。

そうすることで、プレッシャーやストレスなどから守りやすくします。

それから、ひとつ、コツを教えましょう。

呼吸をするときは、鼻呼吸をしてみてください。
(鼻だけを使って呼吸する。)

鼻の入り口から息が出ていって遠くまでいく感覚、
そして、また息が入ってくる感覚に意識を集中させます。

そうすることで、集中力が高まり、頭をからっぽにしやすくなります。

今週末は晴れるそうですから、ぜひ、自然の中で実行してみてください。

最後におまけの映像を二つ:

先月、中国で開催された武術の世界大会の豪華な開会式と
ニュースダイジェストを貼っておきます。

どちらにも、僕らWIMAチームが写っていますよ。
探してみてください。


■大会開会式■(120分大会フル映像)

http://v.youku.com/v_show/id_XMjE1NDI4Mzg0.html

≪映像の中身≫

選手入場 (WIMA選手が写るのは14’04と14’28辺り)

開幕宣言

ジャッキーチェン オープニング

ショー(歌・ダンス)

ジャッキーチェン 締めの歌 『少年強』

■ニュースダイジェスト■(CCTVでも生放送されたインタビュー)

10月18日付けのニュースです。
大会の話は、画面右上の時計「18:41:50」あたりから開始します。

リポーター(女性)の左後ろに僕らが見えます(笑)。

http://bugu.cntv.cn/news/china/hubeixinwenlianbo/classpage/video/20101018/100743.shtml

背後にパフォーマンスを終了したばかりのWIMA選手が写っている瞬間があります。

TV画面右上の時計「18:43:07」あたりで、僕のコーチ・インタビューも登場します。
フランス語で答えていますが、内容はこんな感じです。

「もちろん、メダルをとれたらそれに越したことはありませんが、
何よりも大切なのは、この大会に参加できている瞬間を楽しむこと、
特に今大会は武当山の近くなので、この山の心をこの本番でも
みなさんと分かち合うことができたら最高ですね。とても大切なことです。」

◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆

■twitter:DuboisFrancois

■朝日新聞online 『人生を変えるカラダづくり』連載中!

NIKKEI NET 日経 Ecolomy 連載

◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日更新】

◆◆◆