教職にあるということ

先生の仕事を長年しています。

まだ自分も音楽の学生だったにも関わらず、教師として後輩の指導に
あたりはじめたのが17歳の頃ですから、それからずっと何かの形で
教職を続けてきています。

音楽、キャリア教育、そして、武術の経験を通じて、あるいは
フランスを中心にした欧州、アメリカ、日本、中国での
居住経験と長年の観察を元にお話すると、世の中には、
だいたい2種類の教師がいると考えています。

ひとつは、自分の権利欲や支配欲のために教師をする人たち。
自分のファンを作り、彼らを拘束して、自分がいないとその人の自己が
存在しなくなるような強く決して性質が良いとは言えない影響力を
行使しているタイプ。

もうひとつは、教え子の成長を念頭に、とにかく彼らを育てるタイプ。

日本語には「かわいい子には旅をさせろ」という言葉がありますが、
まさにこのニュアンスと同じでしょう。

教育とは、究極のところは、自己研鑽の世界です。
教師はあくまでも「サポート」役であり、教え子本人の足腰が
しっかりしていなくては、成長できません。
本人の足腰代わりになることも、あるいは足腰を奪ってしまうことも
決してしてはいけません。

教師は、教え子の指導にあたりつつも、自己と向き合っているのだと
感じてます。

そして、その瞬間、教え子本人もまた自己と向き合っているのです。

そういう真剣な相関関係があって、師弟関係があるのではないかと感じています。

僕が指導をしている武当式太極拳・気功教室WIMAの教え子たちが、

本格的な中国の修行に出かけます。

ひとりは6週間。
もうひとりは2ヶ月。

向こうの師匠に、みっちり鍛えてもらいます。

彼らは、おそらく、飛躍的に伸びるでしょう。
僕の指導のもとを離れて、勝手が違う師匠のもとで
いろいろと戸惑いながら、様々な試練を乗り越えていくでしょう。

ただ稽古をするだけでなく、やる気がなくなったり、
怪我をしたり、師匠と衝突したり、ありとあらゆることがやってくるでしょう。

それらをとても楽しみにしています。

どんどん苦しい思いをして、大きく成長して戻ってくるときを
心から待ち遠しく思っています。

今の彼らには、私と言う師匠しかいません。
でも、中国で長期滞在して、稽古をつけてもらうことで
新たに中国の師匠ができるのです。

新しい師弟関係がはじまります。
それをとても期待しています。

新しい空気、新しい技、新しいものの見方、感じ方、新しい体の使い方、
新しい感性、など、ありとあらゆるものを身につけた彼らが
再び日本のWIMAに戻ってくるとき、きっと、周囲のみんなにも
とても大きくて、良い刺激を与えることと思います。

そうして、WIMAに新しい空気が混ざり、また、独自の「修行の場」が
出来ていくのでしょう。

旅に出す教え子たちがもたらすものは、絶大だと感じてます。

修行の成功を、心から祈っています。

■ 日本赤十字 東北関東大震災義援金 受付 ■
http://www.jrc.or.jp/contribute/help/l4/Vcms4_00002074.html

◆◆◆

【夏セミナー 各種お知らせ】 

第35期『やる気を上げる2ヶ月講座』

7月24日開始の夏の講座。

ただいま、受講生募集中!

受講に関する不安や質問は、いつでもお気軽に。

info@d-pr.jp まで

◆◆◆

【新刊!】

◆◆◆

【まだまだ新刊!】

『人生を豊かに歩むために大切なこと どうでもいいこと』

(ダイヤモンド社、1,365円)

春を迎えるにあたり、新しい風を呼び込む一冊♪


◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆

■twitter:DuboisFrancois

■朝日新聞online 『人生を変えるカラダづくり』連載中!

NIKKEI NET 日経 Ecolomy 連載

◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木or金曜日更新】

音楽家の私が、なぜ武術の指導をしているのか?

先週の御岳山合宿も、とても楽しく終えることができました。
たった2日間なのに、みんなの上達ぶりがものすごくて、
毎回、びっくりしています。

(合宿の写真は、このブログの一番下に少しだけ載せておきます。)

それにしても、もともと、僕は武術家ではありません。
音楽家です。
それがいつのまにか、たくさんの人に武術を教えることも、
生きる道のひとつに加わっています。

なんとも面白いものです。

僕の本を読んだことがある人や、受講したことがある人はすでにご存知ですが、
僕はもともとヨーロッパを中心に作曲家、マリンバ奏者として活動をしてきました。

縁があって来日し、慶應義塾大学で作曲法や、キャリアマネージメントを教えながら、
音楽活動を続けていたのですが、音楽家の毎日はとても過酷です。

アスリートなみに、身体の同じ箇所をずっと使い続けることが、音楽家の毎日です。

だから、身体が故障すれば仕事に支障が出ます。
そうならないように、音楽家仲間は色々な工夫をして身体のメンテナンスをしてきています。
でも、残念ながら、それがうまく出来ている人と、できずにいつも故障ばかり抱えている
人に大別できます。一般の方には、あまり想像できない現実だと思います。

僕も若い頃は、うまく身体のメンテナンスができずにいました。
日本に来てからしばらくも、季節の変わり目ごとには必ず風邪を引き、
肩や腰が痛かったりと、いつも病気がちでした。
だから、毎週、マッサージや針など、いろいろなところにお世話になっていました。

それが、ある事をきっかけに人生が変わったのです。
それ以来、風邪を引くこともなくなり、肩こり、腰痛とも縁が無くなってしまいました。
それどころか、昔に比べて、はるかに健康になりました。
同い年の誰よりも健康である自信がありますよ。

それはカンフー(中国武術)との出会いだったのです。

カンフーというと、馴染みの無い方には、ジャッキー・チェンのあれ?と思い浮かべると
思います。

そうですね。あれもカンフーです。
でも、あれだけではないのも、カンフーです。

ちょっと昔の話にさかのぼります。
10代の頃、フランスで柔術をはじめて、その後、合気道を一生懸命稽古していました。
一時期は、合気道の先生になろうと思うくらいでした。

やがてプロの音楽家になり、武術の道から遠ざかって、
日本にきてようやく落ち着いた頃に、再び武術の世界に触れたいと思い始めたのが
中国武術、つまり、カンフーを始めたきっかけです。

いま、僕が深めているのは、「武当山」という中国にある道教の里でもある山でさかんに
行われている「武当内家拳」というものです。
武当山は「世界遺産」でもあるので、もしかしたら聞いたことがある人もあるかもしれません。

「武当内家拳」には、大きく分けて3つのカテゴリーがあります。
「太極拳」「形意拳」「八卦掌」です。
(僕はこれらの3つのカテゴリーを、日々鍛錬しています。)

でも、これらのベースにあるのが、「気功・瞑想」なのです。
武当式武術においては、これはとても大事です。
(この先の詳しい話をすると、長くなるので、これはまた別の時にします。)

僕は、一時期、仕事をすべて中断して、中国の武当山まで修行に行ってきました。
これは今でも、定期的につづけています。
そして、とても深いものを学び、身体を通じて、様々な変化を実感しています。
武当式では、特に内蔵の健康をとても重要視していますが、これは本当に大切なことです。
日本語にもフランス語にも「腹が据わる」という表現がありますが、
これは、内蔵が健康でしっかりと機能していることを表してもいるのです。

いま、東京のWIMAで太極拳や気功を教えているのは、
武当山で体験して学んだものを、こちらに住んでいる人にも伝えるためと言えるでしょう。

僕の教える時のスタンスはとてもシンプルです。

「これはいいから、絶対にやってください!」という強制はまったくしません。
「興味があれば、ぜひ、オススメします。」というものです。

だから、WIMAは、自発的に「健康になりたいわー」という方でにぎわっています。
それに生徒さんが興味がなかったり熱意がないのに、こちらがガンガン教えるのは、
ただのお節介ですよね(笑)。
教わる方も嫌ですね。

そして、確実に言えるのは、稽古を一生懸命続けてくれている人たちは、
前に比べて、はるかに健康でパワフルになり、人生を謳歌している空気が周りにもものすごく
伝わるようになってきました。
やっぱり、身体をつねの動かしていると、心身の健全が保たれ、まっすぐ伸びますからね。

やっぱり、人生、何をするにしても健康が第一です。
僕のような音楽家にとっても、同じです。
たとえば、いくら才能があってもショパンのようにひ弱で早死してしまっては・・・・残念ですよね。
それは、どんな職業についている人にとっても、まったく同じことです。

幸せも、楽しみも、すべては健康から。

そんなわけで、WIMAも、もともとは僕の個人的な考えから発生した

ものだったのが、いつのまにか、たくさんの方の共感を得ることになり

ここまでやってくることができています。

■ 日本赤十字 東北関東大震災義援金 受付 ■
http://www.jrc.or.jp/contribute/help/l4/Vcms4_00002074.html◆◆◆

【新春セミナー 各種お知らせ】

 第34期「結果につなげる行動力をつけたい3ヶ月講座」

デュボワ・メソッド・スクール講座

2011年4月24日(日)開講分、

受講生募集中!

受講に関する不安や質問は、いつでもお気軽に。

info@d-pr.jp まで

◆◆◆

 【新刊!】

◆◆◆

【まだまだ新刊!】

『人生を豊かに歩むために大切なこと どうでもいいこと』

(ダイヤモンド社、1,365円)

春を迎えるにあたり、新しい風を呼び込む一冊♪


◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆

■twitter:DuboisFrancois

■朝日新聞online 『人生を変えるカラダづくり』連載中!

NIKKEI NET 日経 Ecolomy 連載

◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木or金曜日更新】

春合宿のオンラインアルバムは、こちらからもご覧になれます:

http://www.flickr.com/x/t/0093009/gp/dproject/9117BR/

土日の合宿が終わって、翌日、月曜日に延泊した人たちとで、

御岳渓谷でラフティングを楽しんで来ました!

駅前山小屋「A-yard」の主人でもある大吾さんに、今回はラフテイングのガイドを

していただきました。彼は元国際大会の選手です。

ラフティングの様子はこちらから:

http://www.flickr.com/x/t/0094009/gp/dproject/SKE15x/


					

音楽の話

最近、Youtubeに音楽をいくつかアップしました。

アップした曲を時系列で解説していきます。

まずは、TBMTというアルバムから、一曲。

http://www.youtube.com/watch?v=c8KRy3On16U

これは、僕がまだ若いころにレコーディングしたファーストアルバムです。
自分が作曲した曲も入っています。
曲が進むにつれて意外な展開になっていきます。
当時の僕としては、ひとつの曲に様々なディメンションを持たせたかった頃です。
それぞれのパートが、展開していく構成です。

ちなみにTBMTは、ジャズフュージョン系の音楽です。

アルバムの中では、一番若くて、まだまだ経験が浅かった音楽家でした。
この仕事で、ものすごくたくさんのことを学びました。

このあとに作ったのが、僕のファースト・ソロ・アルバム、Entre Deux Mondesです。
レイ・レマという、アフリカ出身の巨匠で、僕の師匠が、アーティスティック・ディレクターを
担当してくれました。

このアルバムには、音楽界のスターが共演してくれています。

ドミニク・ディ・ピアッツア(ジョン・マクラフリンのベース)、
リシャール・ガリアノあたりは、日本でも超有名人ですね。
クラシック界からは、オーボエの天才で僕の親友の
フランソワ・ルルーも参加してくれています。

このアルバムは、僕のソロ活動の1枚目だったので、かなり、気合を入れて
作りました。それぞれにとっての最高のものを出そうと、スタジオの中で衝突も
したし、とにかく、思い出深い一枚です。

そのかいあって、市場でもものすごく評判が高かった一枚です。

http://www.youtube.com/watch?v=VfgHb4DrDqE&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=NQVpsgsm9fU&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=meBTedVzR1U&feature=related

最後は、フランスで最後に収録した、DP4というアルバムからです。

これは、オーバーダビングという手法で、いくつもの楽器を自分が弾いて
音を重ねて作った一枚です。

和太鼓、マリンバを何台を弾きこなして、2週間目の最後は手にできた豆が潰れて
血が止まらなくなってしまったので、手袋をして、楽器を弾いているのが
ビデオにも写っています。

http://www.youtube.com/watch?v=wpzzDllXD8s&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=REpcDDuBJgs&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=-mRKoxw5Gz8&feature=related

それから、この作品には日本の人間国宝(尺八)の山本邦山氏をフランスに
招いてレコーデイングしました。

このコラボレーションはとても楽しかったですよ。

http://www.youtube.com/watch?v=S7LKKZU6lZs

http://www.youtube.com/watch?v=HQNi36v4brY&feature=related

こちらもDP4からです。(演奏は僕のみ)

http://www.youtube.com/watch?v=wpzzDllXD8s&feature=related

このレコーディングのあと、日本に来て、住むことになりました。しばらく、音楽の世界から離れていますが、またそのうち、音楽の方から
僕に歩み寄ってくるのではないでしょうか。

そんな気がしています。

『TBMT』↓↓↓

アルバムTBMTのジャケット。

僕のファーストアルバムです。

アルバムから。

『Entre Deux Mondes』↓↓↓

Entre Deux Mondesのアルバムジャケット。

Richard Galliano/ Francois Du Bois/ Ray Lema

リシャール・ガリアノ、フランソワ・デュボワ、レイ・レマ

Francois Leleux/ Francois Du Bois

フランソワ・ルルー、フランソワ・デュボワ

『DP4』↓↓↓

アルバムジャケット。

Francois Du Bois

フランソワ・デュボワ

Hozan Yamamoto/ Francois Du Bois

山本邦山、フランソワ・デュボワ

■ 日本赤十字 東北関東大震災義援金 受付 ■
http://www.jrc.or.jp/contribute/help/l4/Vcms4_00002074.html◆◆◆

【新春セミナー 各種お知らせ】

 第34期「結果につなげる行動力をつけたい3ヶ月講座」

デュボワ・メソッド・スクール講座

2011年4月24日(日)開講分、

受講生募集中!

受講に関する不安や質問は、いつでもお気軽に。

info@d-pr.jp まで

◆◆◆

 【新刊!】

◆◆◆

【まだまだ新刊!】

『人生を豊かに歩むために大切なこと どうでもいいこと』

(ダイヤモンド社、1,365円)

春を迎えるにあたり、新しい風を呼び込む一冊♪


◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆

■twitter:DuboisFrancois

■朝日新聞online 『人生を変えるカラダづくり』連載中!

NIKKEI NET 日経 Ecolomy 連載

◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木or金曜日更新】