持って生まれた体力についての“謎”

今日のディスカッションで、ひとりひとりの中にもともと蓄えられている
体力の量は平等だと思うか?という質問をもらいました。
そして、実際の体力のある・なしの実感は、ただ単にその人が自分の中にある
体力分を十分に引出しきれていないからか?と。

正直に言うと、もともと生まれ持った体力には個人差があります。
DNAが違いますからね。
実際、丈夫に生まれる、あるいは、虚弱体質に生まれる、などと言うでしょう。

でも、多くのひとは、この一時的な事実に留まって
それ以上先に進もうとしないのがクセモノです。

「わたし、もともと身体が弱くて体力ないのよ。」という風に言い訳をしたら、
それに甘んじて生活してしまうのです。

でも、それはマズイですよ。

遺伝で受け継いだものを、ただ持て余しているだけでは、
あなたというヒトとしての生命力や、性質としての個性は、
浮かび上がって来ません。
いろいろな体験を生きて、鍛えたり、育てたりして、
心身のアイデンティティーが、徐々に形成されていきます。

そして、冒頭に出てきた体力の話もしかり。

中国の高名な漢方医で、副主席の主治医でもある王医師のことを
思い出します。
彼は、武当山の道士であり、また名医として中国中に知られている方で、
私が向こうで修行をしている間に、気功を教わった張本人でもあります。

上:王医師

先生は、虚弱体質として生まれ、いつも病気がちで、さらにまだ小さい頃に心臓に重要な
疾患が見つかって「長くは生きられない」と当時の医者から宣言されたそうです。

その頃に中医学と漢方に出会って興味を持ち始め、勉強&実践をするうちに、
身体が丈夫なり、心臓の疾患を自力で治したという話を教えてくれました。

彼は今80歳で、山の誰よりも身体がやわらかく、また丈夫で、かくしゃくと
しています。そして、見事なカンフーの使い手です。

さあ、私の言いたいことがお分かりですね。

持って生まれた体力云々なんて、ただの都合のいい「いいがかり」です。

【6月4日(土)シンポジウムの告知】

テーマ:講談社『現代ビジネス』行動経済学シンポジウム
「幸福の経済学—3・11以降の『豊かさ』と『幸せ』を考える」

日時:6月4日(土) 午後1時半受け付け開始 午後2時開演終演午後4時

場所:株式会社講談社本社講堂
東京都文京区音羽2-1-12-21 営団地下鉄有楽町線「護国寺駅」すぐ

主催: 講談社『現代ビジネス』編集部
協賛: 行動経済学会

詳しい情報とお申し込みは、こちらから。

※チケットの当日販売はありません。事前に入場券を購入した方のみ
ご参加いただけます。
シンポジウムに登場するゲスト:

(上左)香山リカ氏 (上右)筒井義郎氏 

(下左)フランソワ デュボワ (下右)内藤忍

■ 日本赤十字 東北関東大震災義援金 受付 ■
http://www.jrc.or.jp/contribute/help/l4/Vcms4_00002074.html

◆◆◆

【夏セミナー 各種お知らせ】 

第35期『やる気を上げる2ヶ月講座』

7月24日開始の夏の講座。

ただいま、受講生募集中!

受講に関する不安や質問は、いつでもお気軽に。

info@d-pr.jp まで

◆◆◆

【新刊!】

◆◆◆

【まだまだ新刊!】

『人生を豊かに歩むために大切なこと どうでもいいこと』

(ダイヤモンド社、1,365円)


◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆

■twitter:DuboisFrancois

■朝日新聞online 『人生を変えるカラダづくり』連載中!

NIKKEI NET 日経 Ecolomy 連載

◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木or金曜日更新】

ものごとを継続して、なおかつ結果を出すコツ

何かを始めるのはわりと簡単だけど、継続が難しい。
誰もがそのことを実感していると思います。

例えば、新年度(4月)に手をつけはじめたことで、
いつのまにか立ち消えになっている事はありませんか?

はじめたばかりの習い事、習慣、企画など。
果たしていくつ、今も継続していますか?

はじめたことの継続ができない最大の理由は、
その行為に義務が発生しないから、というのがあります。
罰やお叱りがまっていたら、きっと誰もがんばってやりますよ(笑)。

たとえば、子供のころ、学校や塾やお稽古ごとに行っていたのは、
親から「行きなさい!」と言われたり、学費を払ってしまっているから
しぶしぶでも行かざるを得なかったわけです。

毎日、たのしみでたのしみで学校にいったり塾にいったり
ピアノを弾いたりするひとは、おそらく稀だと思います。

でも、しぶしぶでも行き続けたことで、おかげで山のように
大切なことが身につきますね。
あるいは、きょうの授業は受けたくなかったのに、出てみたら
ものすごく面白いことを教わったという経験もあるでしょう。

でも大人になると、何にどうお金と時間を使うかは、
ある程度の自分の判断と自由で決まることが多いので、
「継続」するには一番良くない環境条件なのです。

継続をはばんでいたのは、この「自由」なのです。

だから、大人になったら相当の意志がないと、続けられなくなってしまう。
あるいは、それが好きで好きで好きで!というくらいに
のめりこんでいるか、のどちらかですね。

継続をはばむものの原因がわかれば、対策も打ちやすくなります。

ある程度「止めにくい条件」を自分に課してみるのは
ひとつの方法でしょう。

ーお金を先に出してしまったから、ちゃんと続けようとか、
ー○○と約束してしまったから、ちゃんとやろうとか、
ーいつまでに■■をやる、と自分に目標を課してしまう、
宣言してしまう、など。

そう考えると、よくある英会話スクールなどの「いつでも、好きなときに通える」
といううたい文句はとても良いように見えますが、あれは習う側から見ると、
まったく益のないシステムなんです。
継続する「義務」が発生しないから、結局はまったく何も身につかないで
終わってしまうのです。

くれぐれも気をつけましょう。

やっぱり、王道ですが「継続は力なり」です。
言い換えると、継続だけが、力になる。

僕も、音楽が好きで好きで好きで学びつづけて音楽家になったわけではありません。
楽しい時間ももちろんゼロではありませんが、ほとんどの時間は
苦しい練習時間と、先生からのお叱りでできた時間を過ごしてきました。
義務や周りからの叱咤激励や、いろいろな障害があったのを
なんとかこうとか乗り越えて、継続できたからこそ、
プロになれたのです。
武術もまったく同じです。

何かを身につけたり、形にしようと思ったら、
ある程度の縛りや不自由がないと絶対に結果を出しません。

ほら、有名な作家でも言ってるじゃないですか。

「〆切が無かったら、原稿なんて書けませんよ。」

ものごとを継続して、結果を出すためのコツのお話でした。

【6月4日(土)シンポジウムの告知】

テーマ:講談社『現代ビジネス』行動経済学シンポジウム
「幸福の経済学—3・11以降の『豊かさ』と『幸せ』を考える」

日時:6月4日(土) 午後1時半受け付け開始 午後2時開演終演午後4時

場所:株式会社講談社本社講堂
東京都文京区音羽2-1-12-21 営団地下鉄有楽町線「護国寺駅」すぐ

主催: 講談社『現代ビジネス』編集部
協賛: 行動経済学会

詳しい情報とお申し込みは、こちらから。

※チケットの当日販売はありません。事前に入場券を購入した方のみ
ご参加いただけます。
シンポジウムに登場するゲスト:

(上左)香山リカ氏 (上右)筒井義郎氏 

(下左)フランソワ デュボワ (下右)内藤忍

■ 日本赤十字 東北関東大震災義援金 受付 ■
http://www.jrc.or.jp/contribute/help/l4/Vcms4_00002074.html

◆◆◆

【夏セミナー 各種お知らせ】 

第35期『やる気を上げる2ヶ月講座』

7月24日開始の夏の講座。

ただいま、受講生募集中!

受講に関する不安や質問は、いつでもお気軽に。

info@d-pr.jp まで

◆◆◆

【新刊!】

◆◆◆

【まだまだ新刊!】

『人生を豊かに歩むために大切なこと どうでもいいこと』

(ダイヤモンド社、1,365円)


◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆

■twitter:DuboisFrancois

■朝日新聞online 『人生を変えるカラダづくり』連載中!

NIKKEI NET 日経 Ecolomy 連載

◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木or金曜日更新】

シンポジウム「幸福の経済学—日本人の『豊かさ』と『幸せ』を考える」

今回の震災のような、心身を脅かす出来事に出くわすと、
ひとは自分の生き様をつきつけられます。

いまこそ、自分の価値観が試されるのです。

ふだんから、いろいろなことについて思いを巡らせて考えて行動しているひとと、
そうでなく、ぼおっと生きてきたひととでは、ここぞというときに、
言動にはっきりとした差が現れます。

わかりやすく言うと、「このひとはしっかりしている」、
あるいは「だいじょうぶか、このひと?」という風に、
他人の目に写ったりするわけです。

震災以来、大きく変わりつつある、あるいは、多くのひとにとって
重要な課題になってきているものの一つに、幸せについての価値観があります。

豊かさとはなにか?

幸せとはなにか?

わたしは音楽、キャリア教育、武術の分野を通じて、つねにものごとの価値に
ついて考えつづけ、実践をしてきました。

来月、行動経済学会のシンポジウムに参加するのですが、
まさに「幸せについて」がテーマとなります。

行動経済学という観点から、幸せや豊かさについて考える。

香山リカ氏などの著名なゲストも交えて、
パネルディスカッションが行われます。

学会の催しもののため、参加費も1,000円と非常にお手頃価格です。
ぜひ、多くの方のご参加をお待ちしています。

【シンポジウム詳細】

テーマ:講談社『現代ビジネス』行動経済学シンポジウム
「幸福の経済学—3・11以降の『豊かさ』と『幸せ』を考える」

日時:6月4日(土) 午後1時半受け付け開始 午後2時開演終演午後4時

場所:株式会社講談社本社講堂
東京都文京区音羽2-1-12-21 営団地下鉄有楽町線「護国寺駅」すぐ

主催: 講談社『現代ビジネス』編集部
協賛: 行動経済学会

詳しい情報とお申し込みは、こちらから。

※チケットの当日販売はありません。事前に入場券を購入した方のみ
ご参加いただけます。
シンポジウムに登場するゲスト:

(上左)香山リカ氏 (上右)筒井義郎氏 

(下左)フランソワ デュボワ (下右)内藤忍

■ 日本赤十字 東北関東大震災義援金 受付 ■
http://www.jrc.or.jp/contribute/help/l4/Vcms4_00002074.html

◆◆◆

【夏セミナー 各種お知らせ】 

第35期『やる気を上げる2ヶ月講座』

7月24日開始の夏の講座。

ただいま、受講生募集中!

受講に関する不安や質問は、いつでもお気軽に。

info@d-pr.jp まで

◆◆◆

【新刊!】

◆◆◆

【まだまだ新刊!】

『人生を豊かに歩むために大切なこと どうでもいいこと』

(ダイヤモンド社、1,365円)


◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆

■twitter:DuboisFrancois

■朝日新聞online 『人生を変えるカラダづくり』連載中!

NIKKEI NET 日経 Ecolomy 連載

◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木or金曜日更新】