福島のりんご

現在連載中の雑誌『家の光』(JA発行発行)の編集部から、
先日、おいしい福島のりんごを頂きました。

心遣いに、とても感謝しています。
そして、ほんとうにとてもおいしく頂きました!

今年一年は、言葉では表現しきれないくらいに、いろいろなことがありましたね。

これを読んでくれているひとりひとりが、激動の年を生き延びて、
そして、2011年を心穏やかに終えられることを、願っています。

そして、来る2012年が、実り多く、良き年となるように。

今年も一年、ほんとうにありがとうございました。
また、新しい年もどうぞよろしくお願い致します。

フランソワ・デュボワ

 先週のクイズの正解:

3)仙人(寺の裏山の洞窟に住む)

クイズ、いかがでしたか?

また、気が向いたら出して遊んでみます!

[新刊] 

太極拳が教えてくれた人生の宝物-中国・武当山90日間修行の記

(講談社文庫)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木or金曜日更新】

人生の宝物

あなたにとって、“人生の宝物”はなんですか?

経歴、肩書、容姿、家、車、人脈、健康、家族、会社、部下、
資格、哲学、神様、社会、平和、環境・・・・などなど、
人によってバラバラでしょう。

さて、あなたの答えはなんでしょう?

それを選ぶとき、その人の価値観や生きてきた軌跡が大きく影響します。

だから、この質問をされて、とっさに出て来る答えが、いまのあなたの
人生のあり方を映しだしているのではないかと思います。

僕が、人生の宝物を見つけるに至った経緯や結果は、
拙著太極拳が教えてくれた人生の宝物-中国・武当山90日間修行の記
(講談社文庫)を読めばわかるので、ここでは説明をしませんが、
音楽家、教育家、そして、武術家と、どんな肩書をもって生きていても、
変わらない「わたし」というのがあって、それを深めていくことが
宝なのだな、という思いに至ったプロセスも、とても大切なものだ
という思いです。

あの、長く、複雑な(いや、ある意味、シンプルだったかな?笑。)
プロセスが無かったら、あの結果も、あの宝物も見えなかったかもしれません。

実際、太極拳や、中国武術という言葉にとらわれずにこの本を読んで頂けたら
きっと、多くの人に共感されることたくさんあるのではないかと感じています。

書評ブログも、あちこちで書かれていますが、
どれも非常に好意的な感想で、とても感謝しています。

最近は、この方のブログを読ませて頂きました。
すてきな感想を、どうもありがとうございます。

ところで、本の登場人物についての質問をときどき受けるのですが、
登場されている方々は、全員、実在人物です。
だって、この本自体がノンフィクションですからね(笑)

奇想天外な経歴の人ばかりが登場するので、「本当にいるんですか??」と疑われるんですよ。でも、みんな、紛れもない実在人物で、経歴詐称はいっさいしていません。

じゃあ、ちょっと、ここで面白いクイズをしてみましょうか。

質問:実際に本に登場するこの人物、さて、いったい誰でしょう?



1)テロリストのハンス(修行仲間)

2)G師父(僕の師匠)

3)仙人(寺の裏山の洞窟に住む)

答えは・・・・本の中にあります!(笑)

来週にでも、発表しましょうか。

どうぞお楽しみに!

[新刊] 

太極拳が教えてくれた人生の宝物-中国・武当山90日間修行の記

(講談社文庫)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木or金曜日更新】

今週は、誕生日でした

12日(月)は、誕生日でした。
たまたま、夜に大前研一の「アタッカーズ・ビジネススクール」で、
セミナーのガイダンスの仕事が入っていたのですが、主催者のみなさんには何も伝えずに、
当日を迎え、会場についたときに「きょう、僕、誕生日なんですよ。」
とあいさつしたら、なんと、セミナー終了後にサプライズで
いきなり、ケーキが!

僕が壇上でしゃべって、パフォーマンスをしている間に
スタッフの方がケーキを買いに走りにいってくれて、しかも、
まだ仕事が残っている人もいるかもしれない、ということで、
気をきかせて、ノンアルコールのドリンクまでつけてくれて、
それがシャンパンボトルの形をした、スパークリンググレープジュース!
(これが、おいしい!)

さすがですね。

アタッカーズ・ビジネススクールのスタッフの方々は、
スマート&ホスピタリティーに溢れていらっしゃいます。

ちなみに、ガイダンスを行ったセミナーの本番は、
12/23(金・祝)に「直観力」を磨く、
というテーマで、一日特別セミナーをやります。

興味がある方は、どうぞ。

【メルマガ案内文より】

経営者の方限定!1日セミナー
☆ゲームやディスカッション、音楽ワークを通して
「直観力」(=経営判断力) を身に付ける!

あなたは、目の前の仕事に夢中になりすぎていませんか?
長時間労働は、日本人に多い傾向です。
デュボワ氏は「自分自身との距離を取る」ことを提唱されています。
一歩離れたところに視点を置くと、柔軟で質の高い解決策を
導き出せるのです。

経営判断のためには「直観力」(=本質を瞬時に見抜く力)も
必要とされています。
そこで、武術家や音楽家として活躍中のフランソワ・デュボワ講師が、
経営に必要となる「直観力」を伝授します!

直観の定義から、実際の引出し方、磨き方までのメソッドを、
少人数形式で、みっちりと指導してもらいます。
斬新な切り口で、経営判断力を身体的に磨きませんか?

■講座詳細■

経営者限定セミナー 『”間違わない直観力を持つ経営者”体質になる!』

■講師:フランソワ・デュボワ Francois Dubois

■2011年12月23日(金・祝)10:00〜18:00

■お申し込みは【こちら】から。

=====翌日13日(火)は、雑誌「秘伝」の対談企画で、ヨーガの成瀬雅春先生と
五反田の道場で対談してきました。

詳しい内容は、来年の2月に発売される号を、ぜひ、読んでください。

とにかく、いろいろな方を出会われて、僕よりもはるかに長いこと修行を
重ねられている成瀬先生といっしょにお話をさせてもらえるだけでも
楽しかったのに、さらに、僕もいろいろと勉強をさせてもらえてとても
いい時間でした。

帰りに、近所にある「御塩屋」というおいしい玄米食を食べさせてくれる
カウンターのお店にも寄りました。
自然酒(オーガニック日本酒)も、おいしかった〜。
すすーいと、たくさん飲めてしまいます。
ここの夫婦はバリ島に長く住んでいて、向こうで塩田を持っていて
日本に輸入しているのです。
まろやかで、おいしい塩です。
結晶が、ピラミッドの形をしています。
不思議!

今週は、何かと予定がたくさんつまっている週で、年の暮れ実感します。
こんな感じで、年末までずっといろいろ予定がつづく感じです。

でも、合間にトレーニングもしていますよ :)

僕の服装は、道教の道士の正式な服装です。帽子も。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木or金曜日更新】