生きている限りつづく問答:わたしは、どこに行くのか

先週のマレーシアの旅での対話で、新たな価値観を学び、自分にとっての節目のような旅となった、ということを話しました。

きょうは、ちょっとそのことについてさらに話をしたいと思います。

友人は、いわゆる社会的な地位も非常に高く、「大富豪」と呼ばれるカテゴリーに属します。
そして、国で最も影響力のあるビジネスパーソンのひとりです。
分かりやすく説明すると、地位も、名誉も、お金も、家族も、手にしています。
彼が手にしている全てを「履歴書」のように書き出せば、きっと誰もが羨む人物として想像されるでしょう。ここまで成功しきったら、きっと悩みなんて、あまりないだろう、と思うひともいるかもしれません。
悩みがあるとしたら、有り余るほどの金をどうやって使ったらいいか分からない、というぐらいがせいぜいかな?と。

(実際、それが彼の悩みとは思えませんが。笑。)

しかし、世の中で言う「成功」を掴みきった彼でも、今なお人生に真摯に向き合い、ひたすら多くの悩みと真剣に向き合っています。
それは、例えば、人はどこに向かおうとしているのか。
社会に何を還元すれば良いのか。
生きるとは何か。
と言った、命題。

日々、こういった深い疑問を向きあって生きているのは、それは、彼の知性が日々成長しているからなのです。
友人は、若かりしころ、今とは比較にならないくらいのところから、ビジネスをスタートしていると思います。(詳細は知りませんが。)
そして、その頃に持っていた人生哲学、成功哲学、目標、志、うんぬんがあるでしょう。でもそれらは、あくまでも「その当時」のものです。
それから、いくつもの経験を経て、たくさんのものを得て、精神も肉体も変化して、今の彼があります。
今の彼に合わせて、彼の知性も進化をしています。昔の彼にとって大切だったことは、今は大切でなくなっています。変わりに新たなことが大切になっています。そして、これからも彼の価値観の変化は続いていくでしょう。
価値観の変化、というと、年を取ることによる価値観の変化と混同して理解してしまう人がいますが、それは違います。
年を取って、前のように体も心も動かなくなり、そのせいで価値観が変化をした、というのは、老化であって進化ではありません。

世界中を回り、世界中の人間と付き合い、貧乏人も金持ちも、様々な人種と付き合ってきて、そして、今の彼が獲得した視力で見えている人間の局面があるのです。

僕と友人は、年齢も、育った背景も、職業も、何もかもが違います。
しかし、それぞれの分野において、一生懸命打ち込んできたことがあり、志を持ってひた走ってきた経験を持ち合わせています。

そんなお互いが、それぞれの手の内を見せ合い、経験を語り合い、見てきた風景の感想を述べ合い、心のうちに培ってきた価値観を披露しあい、新たに学び合う。

世の中に何かを生み出したり、作り出したりしてきた人には、国、文化、言葉の背景に関係なく、何か共通した言語や哲学があると思います。
そして、何かの縁でひょいと出会い、語り合い、分かち合い、そして、またそれぞれの道をゆく。

わたしはどこに行くのか。
何を目指しているのか。

僕がカンフーで今目標としていることも、きっと、そこの到達した時には、ただの通過地点でしかなくなっているでしょう。なぜなら、新たな目標がとっくに生まれているだろうから。
だからこそ、生きている限り、「ひとはどこに行くのか」「何を目ざしているのか」という問いは、エンドレスに続くのでしょう。

[新刊] 

太極拳が教えてくれた人生の宝物-中国・武当山90日間修行の記

(講談社文庫)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木or金曜日更新】

驚きのマレーシア

先週、はじめてマレーシアを旅してきました。

ビジネスで大成功を収めている華僑のマレーシア人の友人のお誘いで行ってきたのですが、現地についたらすべて彼が手配をしてくれていたので、ほとんど前知識も入れずに、出発の直前までセミナーなどの仕事をこなして、カバンひとつで、ひょいと行ってきました。

実は、たいへんに失礼ながら、はじめはそんなに期待はしていなかったのです。というのも、お隣のインドネシアには何度も訪れたことがあるので、おそらく似たような感じかな?程度のイメージだったのです。

それが、向こうに降り立った瞬間、あまりにも豊かな経済と国土に、びっくりしてしまいました。

人口2,700万人程度の内訳は、6割がマレー系、3割が中華系、そして残り1割がインド系。

出迎えてくれた友人は成功した億万長者で、今回の旅でも僕を超VIP待遇で歓待してくれました。
彼自身が運転する車で、3日間、マレー半島のすみずみを観光しつづけ、なんと走行距離1,200キロ!

旅には、直接の友人のほかに、もうひとり、アーリーリタイアをした経営者の友人も同伴してくれ、
車の中では3人で、ずっと人生について、ビジネスについて、哲学について、お金について、生きることについて、国について、文化・芸術について、道教について、カンフーについて、中国と日本、そして欧州について、などありとあらゆる、思いつく限りの人間の話題を、語り続けました。

非常に示唆に富み、また新たな価値観を学ぶことができ、僕にとってはほんとうに大切な旅となりました。

また、友人は世界中のメーカーを相手に仕事をしているほかにも、たくさんの企業のコンサルティングを手がけて、めまぐるしく仕事をしています。
3日間の移動の最中も、ひっきりなしに仕事の電話がかかってきては、その都度、穏やかにすべての案件を口頭で指示して処理していました。決して声を上げることなく、途中で起こったアクシデントも淡々と処理し、そして最終的に要求をきちんと通すべきところは通し、物事を前に運ぶ。

この旅が終わったら、すぐに北京に飛ばなくてはいけない、という話をしていたように、彼は毎月、世界のどこかに出張に出かけています。
欧州であったり、日本や中国であったり、あるいはアメリカだったり。
そして家族がいて、プライベートライフもおろそかにすることなく、毎日、たくさんのことをこなして生活しています。

僕もひとに比べると、たくさんのことをしているほうですが、さらにはるか上を行くひとがいるもんだと、
ほとほと感嘆しっぱなしで、その秘訣を聞いてみました。答えはいたってシンプルでした。

タイムマネジメントです。

ただし、きちっと徹底的にマネジメントすること。
ただそれだけです。

日本の場合、「タイムマネジメント」と言うと、冷徹に時間を仕切ってそれで物事を進める、と思われがちですが、そうではないんです。

友人が僕といっしょに時間を過ごしてくていた間も、ものすごく徹底したタイムマネジメントに基づいています。でも僕は一度も「忙しいなあ」とか「せかせかしているなあ」と思ったことはありません。
すべてがゆったりと進んで、自由なのです。
そういう風に運ぶべく、友人がきちんとタイムマネジメントをしてくれていたからです。
いつか、このトピックは、新しい本でもお話してみたいですね。

今回の旅で撮りためた写真を、フリッカーにアップしたので、旅気分を味わってみてください。

(このブログの、一番下にリンクあり。)

[新刊] 

太極拳が教えてくれた人生の宝物-中国・武当山90日間修行の記

(講談社文庫)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木or金曜日更新】

高速道路の両側は、ジャングル!

キャメロン高原(軽井沢みたいなところ)

お茶畑。このあたりは紅茶でとても有名。イギリス植民地時代から。

ジャングル!

ニースのような雰囲気の、ペナン島。

ホテルの中。リゾート色。

東南アジア一大きなお寺にて。

とにかく、広い!!!!

有名なツインタワー。

ポルシェ・カイエンヌ。

[Flickr]

マレーシアの旅オンラインアルバム

http://www.flickr.com/x/t/0097009/photos/dproject/sets/72157629933349972/

 http://www.flickr.com/x/t/0098009/photos/dproject/sets/72157629933712230/

 http://www.flickr.com/x/t/0096009/photos/dproject/sets/72157629934238540/

http://www.flickr.com/x/t/0097009/photos/dproject/sets/72157629934300910/

東京に戻りました

マレーシアの旅から戻りました。

はじめてのマレーシアで、マレー半島横断してきました!

たくさんのところに行って、膨大な写真を撮りためたのですが、

まだ編集する時間がないので、来週、月曜にまたアップします!

ちょっとお待ちください。

では、良い週末を。

 

[新刊] 

太極拳が教えてくれた人生の宝物-中国・武当山90日間修行の記

(講談社文庫)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木or金曜日更新】