リハーサル風景

10月初旬のレコーティングに向けてのリハーサルを、ここのところ、どんどん進めています。
昨晩は、レコーディング・エンジニアの2人にも、“特殊なレコーディング現場”を下見してもらいました。

さすがは、プロですね。
どんな環境でも、どこで、どの音(蛍光灯とか)が響いて、どこで相殺されているか、というのを瞬時に見抜きます。
どうも僕がいたところが、壁にあたって跳ね返ってきた音が相殺されて、ノイズが聴こえないポイントだったようです。無意識にそこに楽器を置いて弾いていました。

プロジェクトの関係で、リハーサル場所も、日程もまだ極秘です(^^)

すごく美しい写真が撮れたので、雰囲気を伝えるために、載せておきます。

作曲作業中。

台にしているのは、アフリカのズールー族のバラフォンです。

夜になると、また雰囲気が変わります。

これが完成すれば、通算14枚目のアルバムになります。

新しい続報を、たのしみに待っていてください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

[大人気!] 

太極拳が教えてくれた人生の宝物-中国・武当山90日間修行の記

(講談社文庫)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木or金曜日更新】

コンサート会場めぐり

ヨーロッパでは、昔ながらの歴史的な史跡でコンサートを開くことが珍しくありません。

僕も、今まで数々のお城、政府関係の史跡、などといった歴史的建造物で

コンサートをしてきました。

その中のほんの一部をご紹介します。

(写真がなかったり、忘れてしまったり、数が多すぎたりと、例のごとく全部紹介しきれません。)

マドレーヌ寺院(パリ)

ラ・サル・ガヴォー(パリ)。

パリで最も格式のある、室内楽用コンサートホール。

ラ・サル・ガヴォー(パリ)。ステージからの眺め。

ラ・シテ・デ・ザール(パリ)。

世界の芸術家たちが集う「芸術家村」が、セーヌ川のほとりの超一等地にあります。

ここで僕も何年か過ごしました。

ムスティスラフ・ロストローポヴィチとの出会いも、ここでした。

僕の音楽を聴いてくれた巨匠から「君は、選んだ道を決して辞めてはダメだ」と、激励のハグをもらいました。

ラ・シテ・デ・ザール(パリ)。

正面からの眺め。これはメインの建物ですが、これ以外にもたくさんあります。

広大な土地と建物です。

IRCAM(パリ)。

ポンピドゥー・センターの音楽専門館です。

メスのアルスナル(ロレーヌ地方)。

かつての軍事施設が、美しいコンサートホールに。

ここからは、ドイツのコンサートホール(マインツ)

こちらもマインツのコンサート会場。

レジデンツ(ミュンヘン)。

バヴァリア地方政府のお城です。

かつてのすさまじい財力が垣間見れます。

音響も、最高です。

と、いった具合です。

他にもたくさんのお城や歴史的建造物で弾いてきました。

ヨーロッパでツアーコンサートをすると、史跡巡りにもなります。

さて、日本での新しいアルバムのレコーディングも、まもなくです

10月頭に録ります。

続報は、また、近々ブログにて!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

[大人気!] 

太極拳が教えてくれた人生の宝物-中国・武当山90日間修行の記

(講談社文庫)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木or金曜日更新】

フランスから戻りました

しばらく、フランスのグルノーブルの実家に行ってました。

毎日、青空で雨が1回も降らなかった奇跡の天気でした(笑)

日本とは違う光の質なので、青空もぜんぜん違います。

みなさんも、その様子を写真で楽しんでください。

湖の湖畔に海水浴場があります。そこのカフェの店員。

いい光でしょう。

姉の家の庭にて。暑すぎず、涼しすぎず、ちょうど良い。

ベルリオーズの生家がある、コート・サンタンドレ村の教会(11世紀建立)にて、コンサートを聴いてきました。

題して「ベルリオーズ音楽祭」。

小さな村なので、ささやかなお祭りですが、 クオリティーは確かです。

フランスは、どんなに小さな村でも、芸術祭のレベルが世界水準で高いのは、文化背景のせいもあるのでしょう。

どれほど田舎かというと、これくらいに何もないところ(笑)

牛とか山羊ばかりです。

湖畔のレストランでのランチ。

何もかもが大きい・・・・。

他にも、下のアルバムにたくさん写真をアップしました。

ENJOY!!!

【オンラインアルバム】2013年8月〜9月フランス

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

[大人気!] 

太極拳が教えてくれた人生の宝物-中国・武当山90日間修行の記

(講談社文庫)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木or金曜日更新】