僕の音楽経歴 その2

先週にひきつづき、奇跡的に残っているコンサート音源やスタジオ録音物をyoutubeに少しずつアップしているものの一部を紹介しましょう。全部で40本弱ほどアップする予定です。(まだ、半分くらいしかアップしていないかな。)

アナログテープとして残っていたものをデジタル化したりと、なかなかたいへんな手間を経ているものもあります(^^)

テクノロジーの進化は便利ですね。

まずは、非常に叙情的で美しい旋律の名曲です。

Helene Collerette (Violin, 1st soloist of the Orchestre Philharmonique de Radio Franceフランス放送フィルハーモニー管弦楽団)とのデュオです。

Cesar Franck “Prelude, Fugue et Variation” [Marimba : Francois Du Bois]

◆◆

こちらはドイツの新聞で最高の音楽批評を書いてもらった一曲。もともとは、ピアノ曲だったのが、クラシックギターのレパートリーとして有名になった、これも名曲です。

Isaac Albéniz “Granada” [Marimba : Francois Du Bois]

◆◆

これは日本でも有名なリシャール・ガリアノが、僕のために書いてくれたAppelというマリンバ曲。

リシャールらしさが出ています。

Richard Galliano “Appel” [Marimba : Francois Du Bois]

◆◆

マリンバの僕と、ビアノで黄金コンビを組んだ、Ludovic Selmiリュドヴィック・セルミとの一曲です。

Ludovic Selmi “Asteroide 1″ Recorded at IRCAM Studio, France, 1990 [Marimba : Francois Du Bois]

◆◆

そのほかにも、まだまだたくさんアップしてありますので、よかったらここを覗いてみてください:

Francois Du Bois COLLECTION

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 [電子書籍新刊!]

 

『日本人には教えなかった外国人トップの「すごい仕事術」』

〜カリスマたちの人生を豊かにする「秘密」〜 

(フランソワ・デュボワ著)

 対応機種:Windows / iPhone / iPad / Android S / Android M / Android L

[大人気!] 

太極拳が教えてくれた人生の宝物-中国・武当山90日間修行の記

(講談社文庫)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

[デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木or金曜日更新]

僕の音楽経歴

音楽家としての僕の、かつての以外な顔を、きょうは特別に披露しましょう(^^)

もともと音楽をはじめたきっかけは、だいたいの音楽少年と同じようにロックでした。
10代の頃、ロックバンドを組みたくてドラムをはじめたのが、音楽の道に入ったきっかけです。

その後、コンセルバトワールでクラシックの打楽器科を出たあとも、
ロック分野での活動はしばらく続けていました。

23歳当時の僕が写っています。ぜひこれをチェックしてみてください(^^)

ioというグループのドラムを担当していました。

io “Chercheur d’amour” [Drums : Francois Du Bois]

↑Francois Du Bois on drums in the group “io”

“io”グループ時代のフランソワ・デュボワ on ドラム

io “Kid quidam” [Drums : Francois Du Bois]

io “Sauve qui sait” [Drums : Francois Du Bois]

もちろん、ジャズもやっていました。
ジャズ演奏は、マリンバのソリストになったあとも、しばらく続きましたね。
ソリストになると、ジャズ系のミュージシャンとのコラボのチャンスが結構あったりするんですよ。

このアルバムには、珍しい僕のヴィブラフォンのソロパートが収録されています。

Stefan Patry Trio “Vibra Vibra pas” [Vibraphone: Francois Du Bois]

↑Stefan Patry Trioというジャズグループで、はじめはヴィブラフォニストとして、そのあと、ドラマーになりました。

↑これは Le Petit Journal Montparnasse というパリの老舗のジャズクラブで演奏していた頃。

↑当時のプログラム。

↑珍しいヴィブラフォンvibraphoneのショット。

ポップミュージックの作曲も手がけたことがあります。彼女のアルバムのプロデュースもしました。

Cristelle “Fais moi un signe” [Composition: Francois Du Bois]

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 [電子書籍新刊!]

 

『日本人には教えなかった外国人トップの「すごい仕事術」』

〜カリスマたちの人生を豊かにする「秘密」〜 

(フランソワ・デュボワ著)

 対応機種:Windows / iPhone / iPad / Android S / Android M / Android L

[大人気!] 

太極拳が教えてくれた人生の宝物-中国・武当山90日間修行の記

(講談社文庫)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

[デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木or金曜日更新]