直観力をつける

梅雨の晴れ間ですね。

僕は雨でも晴れでも、外でトレーニングしていますよ(^^)

さて、来週は、横浜の朝日カルチャーセンターで特別講座が予定されています。まだ申し込んでいない方は、ぜひチェックしてみてください。普段は、大前研一のビジネススクールで10万円以上するテーマが、4,000円弱で受講できます。

今回は、直観力をテーマに選びました。じつは、昨今の「瞑想」ブースで直観力を鍛える話がかなり頻繁に報道されていますが、(参考記事)僕の講座でも「瞑想」や、様々なフィジカルワーク、音楽を使ったワークを通じて、直観力を鍛えることをしています。しかも、僕の「デュボワ・メソッド」はこの夏で10周年を迎えるほどかなりキャリアのある画期的なメソッドで、自分で言うのもなんですが、オススメです(笑)

一度、トライしてみるのにちょうどいい価格だと思いますので、ぜひ、遊びに来てみて下さい。

お待ちしています(^^)

講座案内を貼っておきます↓↓↓ (お申し込みには、タイトルか写真をクリック!)

『人生の選択を間違えない直観力をつける』6月21日(土)

人生は決断の連続です、仕事を選ぶあるいは変える、パートナーや友人、家選びなど、問題の大小にかかわらず、決断を下さなければならない場面はたくさんあります。

人生の岐路に立った時こそ、正しい選択をしたいもの。そのために必要なものは何でしょうか。

それは直観力です。理性で判断するより、はるかにに強力な答えを出してくれます。

ではその直観力はどうやったら身に付けることが出来るでしょうか。

答えはとてもシンプル。健康であることが第一です。「何が正しくて、何が間違っているの か」を正しく判断できる心や脳の働きは、健康な身体があってこそ。頭の中を整理して、できるだけクリアに物事を見抜くための余裕を全身で作りだすことがで きれば、正しい判断をすることができます。だから、まずは自分のコンディションを整えることからすべてが始まるのです。

この講座では、多くの有名企業に画期的なキャリアセミナーを提供し、武術家・音楽家としても活躍している講師が、直観の定義やその引き出し方、磨き方までのメソッドを分かりやすく指導します。

さらに身体のバランスを整える簡単なエクササイズをご紹介します。
※簡単なエクササイズを行います。動きやすい服装でご参加ください。

※講義はフランス語ですが、通訳がつきます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 [電子書籍新刊!]

 

『日本人には教えなかった外国人トップの「すごい仕事術」』

〜カリスマたちの人生を豊かにする「秘密」〜 

(フランソワ・デュボワ著)

 対応機種:Windows / iPhone / iPad / Android S / Android M / Android L

[大人気!] 

太極拳が教えてくれた人生の宝物-中国・武当山90日間修行の記

(講談社文庫)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

[デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木or金曜日更新]

 

この秋、日本コロムビアからニューアルバムを発売します

去年の秋、都内の名刹である目黒不動尊瀧泉寺にて、新しいアルバムのレコーディングをしたという話をしたのを覚えていますか?

リハーサルの様子

奇蹟のレコーディング@目黒不動尊

ミックスダウン作業完了!

「瞑想」のための音楽ということで、お寺の副住職(執事と言います)の瀧口康道師を中心に多大なるご協力を頂いたばかりでなく、ご住職、副住職らも音づくりに参加を頂けた、ほんとうに奇跡的なご縁のコラボレーション作品となりました。重層的で、非常に美しい音楽です。

瞑想のための音楽とは、どういうことでしょうか?

音楽が流れることで聴く者が内観しやすい環境を作る、というのがこの音楽の目的になります。つまり「リスナーはメロディーラインに気を取られてしまってはいけない」ということです。メロディーラインに気を取られてしまうと、どうなるか?
自分の周囲の環境に気を取られてしまう→気が散る→感情・情緒が生まれる、余計な考えが生まれる→軸がブレて流される・・・、という図式になります。

メロディーに気を取られては、内観や瞑想はできません。
音楽は、本来、メロディーを聴いて楽しむためのものでもあるのに、そのメロディーに気を取られない、とは矛盾に満ちています。だけど、瞑想のための音楽であるからには、その矛盾を成立させないことにはだめなのです。悩ましいですね。そこが、今回、作曲家として非常に高度で難しい条件でした。(と言っても、この条件を課したのは自分なのですが。)

この場合、作曲家の知識と技巧だけでは、太刀打ちしきれません。瞑想を実践していて、それがなんたるかの本質を理解し、経験していないと、生み出せないサウンドです。それがあったからこそ、チャレンジしようと思いましたし、収録場所が目黒不動尊であること、そして何よりも、日々瞑想を実践している目黒不動の僧侶にもご参加頂けたことで、さらにこの作品がすばらしい深みを得たと感じています。

まったく新しいカテゴリーの音楽の完成です。

このアルバムは2枚組みとして、日本コロムビアより、9月17日に発売になります。
詳細は、また、追ってこのブログや様々なメディアで発表していきたいと思います。
どうぞ楽しみにお待ちください。

なぜ、瞑想をテーマに選んだのか、理由は非常に明快で3つほどあります:

1)先ほども書いたように、自分も瞑想(道教・武当式)を実践している、ということ。

2)社会的に成功をしているとされる人物でも瞑想を実践している人物は驚くほど多く、それらが公にされる世の中の風潮となってきています。(一番有名な例は、スティーブ・ジョブズでしょうか。)
そんな大きな社会現象とまでなってきている昨今、瞑想をやってみたいけどまだ試したことがない、どうやったらいいのか良くわからない、という方はとても多いと感じています。そういったみなさんに、僕の今回のアルバムが瞑想入門のきっかけとなれば、というささやかな希望がありました。

3)そして、もうひとつ、忘れてはいけない重要な理由は、キャリアマネジメントの『デュボワ・メソッド®』でも、瞑想をプログラムに組み込んでいるから、というのがあります。メソッドを実践したことがある方は、音楽ワークがそれに当たると言えば、ピンと来るでしょう。瞑想を実践することで、自分を冷静に客観視し、不要な緊張を落とし、様々な物事への対処がしやすくなり、パフォーマンスが上がる、などの優れた効果がたくさん挙げられます。
そして、実際にデュボワ・メソッド・スクールや、大前研一のアタッカーズ・ビジネススクールの受講生に参加してもらって、サウンド作りをお手伝い頂いた一曲も収録されています!
これも、ぜひ楽しみにしていてください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 [電子書籍新刊!]

 

『日本人には教えなかった外国人トップの「すごい仕事術」』

〜カリスマたちの人生を豊かにする「秘密」〜 

(フランソワ・デュボワ著)

 対応機種:Windows / iPhone / iPad / Android S / Android M / Android L

[大人気!] 

太極拳が教えてくれた人生の宝物-中国・武当山90日間修行の記

(講談社文庫)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

[デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木or金曜日更新]