変化の時の精神状況

今までやっていたことが終り、もう一度スタートを切らなくては
いけない時が、ときにはやってきます。

健康問題だったり、あるいは別れや離婚、あるいは誰かとの死別だったり、
仕事を変えることだったり。
今まで二人だったのが、何らかの理由で1人になってしまったとか、
とにかく今までとは生きる環境も条件も違ってくると、
場合によっては自信の喪失に繋がることもありえます。

物事を再スタートさせる時に、まずは自分のエンジンをかけ直さないと
物事って進まないものです。
自分にエンジンをかける、つまり精神的に「えいや!」と再スタートする
エネルギーを出すわけですが、これはかなりのカロリーが必要とされます。
あるいは、自信を取り戻すだけでも一苦労、ということもあります。

身近な例で言うと、母はこう状況のとき、ものすごく強いのです。
彼女は落ち込んだり、人生でつまずいてしまうとすぐに立ち上がることを
意識しはじめるのです。

昔、僕が車で事故ってしまったことがありました。
そんなに大した事故ではなかったのですが、そのせいで
また車を運転するのが恐くなってしまったのです。

そこで母は、「何を言ってるの。すぐにまた運転をしなさい。
そうでないと、どんどんと自信を失うわよ!なんだったら
私の車を使っていいから。」と。

僕の車だと事故を思い出してしまうので、
母の車を代わりに運転してまでも、運転の感覚を鈍らせては
ならない、と考えたのでしょう。

このやり方はとても正しかったです。
そのあと、すぐにまた運転する感覚が戻ってきて、
事故への恐怖もすっかり消えてしまっていました。

自信を失ったときは、自分に多くのことを期待することはよくありません。
モチベーションとか体力とか、様々な「元気の素」「エンジンの素」を
すぐに自分の中に見出そうとすると、返って焦ってしまって逆効果の場合もあります。

でもゆっくりと前に進むこと、その中で自分の中に確固たる感覚を作って
いくことなんです。ああ、これならできる、とか、これはできた!とか。
そういう細かい感覚を少しずつ自分の中で蓄積していくことで
自信はしっかり作られていきます。

もし、あなたも変化の時にいたら、
このことをぜひ覚えておいて、少しずつ前に進むことをオススメします。

精神的なブロックを取り除くのは、テクニカルな行動が大変有効です。

◆◆◆

リクナビ海外×デュボワ タイアップ企画

◆◆◆

 NIKKEI NET 日経 Ecolomy 連載中

(↑クリック)

◆◆◆【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日更新】

One thought on “変化の時の精神状況

  1. デュボワさん

    こんばんは。遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。
    今、まさにある決断を迫られている状況です。
    このブログ記事、勇気付けられます。失敗を恐れる必要など、どこにもないのですね。

    hello!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>