物事をうまくいかせる秘訣:その3

シリーズ3回目の今日は、運動の話です。
食事、睡眠ときて、最後は運動を大切なポイントとして挙げます。

みなさんは、身体を動かしていますか?
何か、スポーツをしていますか?

運動不足から来る代表的なものの一つに、ぎっくり腰があります。
最もわかりやすくて、ポピュラーな故障の一つなので、
今日はこれを例にして話をしていきましょう。

このぎっくり腰は、できれば一生なりたくないものの一つだと、誰もが願っています。
しかし、実際は、どれだけの人がならないように対策を打っているでしょうか?
誰もが「イヤだ」と思っているわりには、ならないように行動を起こしている
人の割合は絶対的に少ないですね。

ドキッとしましたか(笑)?

ドキっとしたのは、本当のことだからですね。

では、どうしてこうなってしまうのか?
それは、多くの人はぎっくり腰が起らない身体作りをするよりも、問題が起きたら対処しよう、
と目論んでいるからです。あるいは、自分に限ってならない、と甘く見ているからです。
とりあえず、現状維持をひそかに願っているわけです(笑)。

そして、ある日突然・・・・・腰に激痛が走ります。

こんな風に、ぎっくり腰を受身の態勢で待つ生き方は、キャリアにも重要な支障をきたす、
という風に考えてみたことはありますか?

例えば、ぎっくり腰になった日、朝から重要なクライアントの前で一世一代の
プレゼンテーションをする予定が入っていたとします。

自分の実力を最大限に発揮するよりも、痛みと格闘することに気力・体力・時間・お金が
消費されてしまって、仕事どころではなくなってしまいますね。

まさに、できごとに翻弄されてしまっている状態です。

これでは、自分で自分の道を作っている感覚が沸き起こらないですね。
悲しいけど、傍から見ても、自分の手でキャリアを切り拓いているようには写りません。
身体をケアしていなかったために、その代償を支払っている「かわいそうな人」に
写ってしまいます。

人生で成功を納めている人を何人も知っていますが、彼らをつぶさに観察していると
ある共通項が見えてきます。
それは、できるだけ未来を予測・予見しようとみな努力をしている、ということです。
きっとマズイことになるだろうなと思うこと、不安に思うこと、などがちょっとでもあったら
それが大きくならないうちに、きちんと処理する、という作業を、いつも丁寧に行っているのです。

そして、本来やるべきこと、それが仕事であれ、人生そのものであれ、に自分の情熱を注ぎ
実力を発揮できるように、今日も活き活きと活動していくのです。

身体の故障は、誰にでも平等に訪れます。
だからこそ、自分にも可能性がある、と予測して事前に動いておくことが
賢いキャリア・デザインの方法ですね。

さあ、この週末から、あなたもぜひスポーツをしましょう!
でも、無理はしないでください。
何ごとも、バランス、バランス!

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日に更新です!】

★ お知らせ ★

【デュボワ・メソッド・スクール ベーシック19期コース募集中!】

【デュボワ・メソッド・スクール 講師養成コース第2期生募集中!】

【「時代」を駆け「次代」を創る人たちがここにいる:モダンベンチャー】

★ 近著 ★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>