山の持つ底力

sleeve

New album “dive into silence” Francois Du Bois

瞑想CD『ダイヴ・イントゥ・サイレンス』(日本コロムビア)フランソワ・デュボワ

好評発売中です。

「秋の夜長に、瞑想のひとときを。」

*****

某メディアで、『ダイヴ・イントゥ・サイレンス』の大特集をして頂けることになりました。

たいへんありがたいことです。

そのための、準備がもの凄くたいへん(笑)でも、かなり楽しいです。

もう少し詳しい情報や、進捗状況については、また追って来週にでも書けると良いと思います。どうぞおたのしみに。

今週末は、秋も深まる山に一泊してきます。「オータム・リトリート」と称した、瞑想や太極拳三昧の週末です。都会からすぐの山で、こんなことができるなんて、本当に贅沢ですね。

もちろん、僕の音源『ダイヴ・イントゥ・サイレンス』も持っていきます。

今頃、山の中もこういう色合いでしょうか。

2012-11-24 - Winter_Gasshuku_001_S

photo Alexis Andre

2012-11-24 - Winter_Gasshuku_All_537_S

Photo Gael Vasseur

DSC_0073_E_S

Photo Francois Du Bois

天然水(市販のおいしい水と同じ水源!)のお風呂です。

肌がすごくきれいになります(^^)

DSC_0070_E_S食事も、体に良いものばかり。すべて天然水で調理しているので、とても美味しいです。

L1006761_S

Photo Alexis Andre

朝の眺めです。

たった一泊することで、山のエネルギーがすうっと体に浸透して、驚くほど元気になります。

では、行ってきます!

 

******
[フランソワ・デュボワ New Album]

ダイヴ・イントゥ・サイレンス』(日本コロムビア)
フランソワ・デュボワ
2枚組CD・通常配信・ハイレゾ配信

sleeve
■Amazon■
http://www.amazon.co.jp/dp/B00LTPMF3K

■通常配信■
Amazon mp3
http://www.amazon.co.jp/Dive-into-silence-%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%AF%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%9C%E3%83%AF/dp/B00NA6ZD30/ref=mb_oe_o
iTunes
https://itunes.apple.com/us/album/dive-into-silence/id914482533#

■ハイレゾ配信■
mora http://mora.jp/package/43000013/COKM-32711_F/?fmid=newRelease_all_0002
e-onkyo http://www.e-onkyo.com/music/album/cokm32711/
HD music http://hd-music.info/album.cgi/898
ototoy http://ototoy.jp/_/default/p/45180

■dive into silence: official video■
http://youtu.be/sLQ4jQl6wxo

  *******

 [電子書籍新刊!]

『日本人には教えなかった外国人トップの「すごい仕事術」』

〜カリスマたちの人生を豊かにする「秘密」〜 

(フランソワ・デュボワ著)

 対応機種:Windows / iPhone / iPad / Android S / Android M / Android L

Kodansha_book_cover_small

[大人気!] 

太極拳が教えてくれた人生の宝物-中国・武当山90日間修行の記

(講談社文庫)

******

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド』

@大前研一のアタッカーズ・ビジネススクール

2014年9月生募集中!

******

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA武当式太極拳・気功教室』

 

******

[デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木or金曜日更新]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>