日常が重く、複雑になってしまう理由

私は日本が大好きです。

海外から東京に戻って来る度に、いつも幸せな気分になるし、
日本人と会うのもとても楽しいものです。

今回、中国に3ヶ月間滞在して、久しぶりに日本に戻ってきたのですが、
日本の社会的な傾向を客観的に観察するとても良い期間になりました。

例えば、この国が好きだからこそ、今最も気になっていることがあります。
それは、都市部に蔓延する重く複雑な雰囲気です。

東京は大都市であるせいで、山とは違って自然の力を借りた健康的な
生活がしにくいという現実があるのは否定できません。
しかし、それにしてもみなの不健康そうで、疲れた顔をしているのが
気がかりです。

電車の中が一番明らかです。
一様に表情は暗く、疲れたエネルギーが充満しています。
さらに人と話したり、他の人の言葉に耳を傾けていると
「ああ、不況でどこも大変だよー。厳しいなぁ!」
というため息交じりの声が必ず一言は加わります。

不況を乗り越えるのが一人一人にとって難しいのなら、
なおさら、運を天に任せずに、私たちの力によって厳しい状況から
脱却する必要があるわけですよね。
と言うことは、我々一人一人の体力と気力にかかっているわけです。

しかし、東京にいると、電車の中の会話や空気に引き摺られるようにして
なんとなく自分達は体力が尽き果てて、疲れきってしまった老人になって
しまったかのような錯覚を起こします。

個人的な体験の話をすると、私は中国での修行中に、
どんな困難に出くわしても、自分の限界を越えていくことを覚えました。
限界を超えるとは、肉体的であったり、あるいは精神的なものであったりします。

さらに修行を通して実感したことは、自分の思いや信じる気持ちが、
その後の行動や結果に大きな影響を及ぼすことを軽んじてはならない、という事です。

難しいと思っても、「そう口にしない!」と師匠から教わりました。「難しいのは、百も承知だから。」と。

東京の日常で言えば、例えば、疲れるのがイヤならば、まずは「疲れた」と口にすることを止めることから始める。
忙しいのがイヤな場合も同じです。
「忙しいでしょう?」という挨拶や掛け合いは止めること。
「疲れた」や「忙しい」という言葉が自分や会話の相手のマインドに及ぼす影響は、
実は侮(あなど)れないのです。

ポジティブな方向に感覚を発達させて行けば行くほど、
自分の周りにも好影響を及ぼします。
意識をしてポジティブさの波及効果を、自ら作り上げることです。

とても基本的なことにすぎませんが、大きな力を持つ行動です。

そしてそれらが、日常の重い空気や複雑な物事を解きほぐす鍵になります。

◆◆◆

【3月8日特別講演会 詳細はクリック】

◆◆◆

『デュボワ・メソッド・スクール』

⇒ アドバンスト18期募集中!

⇒ 講師養成講座第3期生募集中!

◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木曜日更新】

◆◆◆

最新刊

『いつも、いい方向に人生が動く1%の人たち』



『デュボワ思考法』(ダイヤモンド社)

『日本人には教えなかった外国人トップのすごい仕事術』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>