幸福について

先週、4日(土)に、行動経済学会のシンポジウムに、
パネリストとして参加してきました。

「3.11以降の豊かさと幸せについて」のタイトルで、
各分野の専門家が集まって、豊かな視点から話をすることが
できたことは、聞きにきてくださった方それぞれに
響くものがあったのではないかと思います。

パネリストは、香山リカ氏(精神科医)、筒井義郎氏(大阪大学大学院教授)、
内藤忍氏(マネックス・ユニバーシティー社長)、僕、
そして、司会進行役に、真壁昭夫氏(信州大学教授)というメンバーでした。

行動経済学の専門家は、筒井先生と真壁先生の両氏。
カンタンに説明すると、行動経済学とは、お金よりも生きがいを追求する人間の
生き方を経済学的観点から考察する、という、比較的新しい学問です。
というのも、もともと、経済学に登場する平均的な人間像は、
「より多くのお金を稼ぐ=幸福に近づく」という発想をすることと
設定されています。
しかし、それは戦後日本のGDPが伸び続けたにも関わらず、生活満足度は
横ばいであることが、伝統経済学の発想に限界があることを示しています。

香山氏は精神科医として、診察室からみた、いまの生き方の傾向について
感じたこと、気になっていること、などを話され、
「どんどん、成長しつづけなくちゃ、という脅迫めいた観念が
いまの人の中にある。だから、失敗してしまったときに、折れてしまう。」と。

内藤氏は、ご存知マネックス・ユニバーシティーの社長なので、
お金を直接扱うビジネスに関わる人ですが、やはり、お金の特性については
良くご存知です。
「じつは、幸福にお金は直接は関係ない。お金は、ただのツールでしかない。
例えば、一億円欲しい、という人が多いけど、それを使って何するの?
と聞くと、だいたい、みんなノープラン(笑)。それじゃ、いくらあっても
幸せとか豊かさは実感できない。だから、結局は生き方ですよね」と、
はっとするような話で場を盛り上げるのが、とても上手な方でした。

僕はというと、キャリア&ライフマネージメントの専門家として、
ふだんから言っていることを、やはりここでも話をさせてもらいました。

結局、いくら「幸せとは?」と、眉間にしわを寄せて高尚な話をしても、
基本的に、元気でないと幸せは実感しにくい、という大前提があることを
ぜひ忘れてはいけないのです。

そうでしょう?

調子が良いと、ちょっとしたうれしいことで、幸福感はたくさん生まれます。
調子が悪いと、ちょっとくらいの良いニュースでは、幸福感はあまり生まれません。

人間は単純にして、繊細な生き物です。

それを念頭において、きょうも、元気に生活しましょう。

■ 日本赤十字 東北関東大震災義援金 受付 ■
http://www.jrc.or.jp/contribute/help/l4/Vcms4_00002074.html

◆◆◆

【夏セミナー 各種お知らせ】 

第35期『やる気を上げる2ヶ月講座』

7月24日開始の夏の講座。

ただいま、受講生募集中!

受講に関する不安や質問は、いつでもお気軽に。

info@d-pr.jp まで

◆◆◆

【新刊!】

◆◆◆

【まだまだ新刊!】

『人生を豊かに歩むために大切なこと どうでもいいこと』

(ダイヤモンド社、1,365円)


◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆

■twitter:DuboisFrancois

■朝日新聞online 『人生を変えるカラダづくり』連載中!

NIKKEI NET 日経 Ecolomy 連載

◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木or金曜日更新】

今度じゃなくて、いま、応援したい店

※今週のブログの更新が遅れてしまいました。

すいません。

アップしてあったと思ったら、下書きに入ったままでした!!!

====

ご存知の方も多いと思いますが、僕が住んでいる自由が丘界隈は、
飲食店がとても多くて、打ち合わせのときには、いろいろなカフェが
選べてとても便利です。

しかし、震災後、どこのお店もお客さんの足が激減してしまって、
なんと知っているだけでも、潰れた店がすでに3軒も!!!!

人気が多い自由が丘でさえ、そんななので、他の地域は
どうなんでしょうか。

自由が丘には、好きな店がいくつかありますが、
そのなかでも、とても気に入っていて、ときどき顔を出すガレット屋さんが
あって、ここだけは潰れて欲しくないな!と、心底、思っています。
(※ガレットとは、ブルターニュ地方の食事で、そば粉を使ったクレープのこと。)

ここも、じつは震災後にお客さんの数が半減してしまったそうです。
今週のはじめにお店に行って、おかみさんが話してくれました。

お店の名前は、『ポルト・ボヌール Porte Bonheur

これはフランス語で「幸せをもたらす」という意味です。
「お守り」のこともそうやって呼びます。

僕は、去年、新しくオープンしたこの店を発見してから、
年末のバースデーパーティーをお願いしたり、
あるいは、平日の午後、人ごみを避けて、ここでゆっくりすることがあります。

とても居心地がよくて、ついつい長居をしてしまいます。
もちろんガレットもとてもおいしい!

フランス人仲間にどんどん広げていますが、誰に紹介しても
みんな「ここは、おいしい!」と言ってくれます。

しかも、とてもリーズナブルです。

参考メニュー

お店は、自由が丘駅から歩いて10分弱、九品仏駅からは2分くらいです。

地図

フランスは、La restauration(レストラン業)のレベルが
世界の中でもトップクラスの国で、長い文化もあります。
僕もその文化の中で育ったので、いわゆるサービス業にはとても厳しい目を持っています。

こざっぱりとした、一見、きれいなお店でも、店員の笑顔に白々しさや
食事の味にもそれが現れると、すぐに見破って、二度と、訪れません。

そういう意味では、この『ポルト・ボヌール』は、非常に居心地が良くて
おいしい店として、大好きです。

ただし、おかみさんが、とても個性的なのです(笑)。
はっきり言ってしまうと、あまり愛想が良くないほうです。
(Mさん、ごめんね!)
でも、話をしていると、とてもハートのある方だいうのが
すぐに分かります。

彼女は、ブルターニュで料理の修行をした、本格的な味を出せるシェフです。
ぜひ、今度、食べにいってみてください。

書いていたら、またきょうも行きたくなってしまったけど、
まだ仕事があるので、ダメだ・・・。

みなさんも、お気に入りの店や、応援したいお店があると思います。

震災後は特にどこも商売が厳しくなっているので、

そのうち、そのうち、と延ばしているとお店の存続に関わるので、

ぜひ、すぐにでも駆けつけて!

『ポルト・ボヌール』

〒158-0083
東京都世田谷区奥沢6丁目22-10
ハルシエール自由が丘1F

Open 11:30~22:00

(L . O . 21:00 今だけ、20:00になっています)

月曜定休

年末年始・営業日のお知らせ
12月29日ランチまで
1月5日から通常営業

TEL 03-3702-0490

ガレット

壁画 :ブルターニュの伝統的な衣装を来た女性のイラスト

店内

外観

■ 日本赤十字 東北関東大震災義援金 受付 ■
http://www.jrc.or.jp/contribute/help/l4/Vcms4_00002074.html

◆◆◆

【夏セミナー 各種お知らせ】 

第35期『やる気を上げる2ヶ月講座』

7月24日開始の夏の講座。

ただいま、受講生募集中!

受講に関する不安や質問は、いつでもお気軽に。

info@d-pr.jp まで

◆◆◆

【新刊!】

◆◆◆

【まだまだ新刊!】

『人生を豊かに歩むために大切なこと どうでもいいこと』

(ダイヤモンド社、1,365円)


◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆

■twitter:DuboisFrancois

■朝日新聞online 『人生を変えるカラダづくり』連載中!

NIKKEI NET 日経 Ecolomy 連載

◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木or金曜日更新】