僕の音楽経歴 その2

先週にひきつづき、奇跡的に残っているコンサート音源やスタジオ録音物をyoutubeに少しずつアップしているものの一部を紹介しましょう。全部で40本弱ほどアップする予定です。(まだ、半分くらいしかアップしていないかな。)

アナログテープとして残っていたものをデジタル化したりと、なかなかたいへんな手間を経ているものもあります(^^)

テクノロジーの進化は便利ですね。

まずは、非常に叙情的で美しい旋律の名曲です。

Helene Collerette (Violin, 1st soloist of the Orchestre Philharmonique de Radio Franceフランス放送フィルハーモニー管弦楽団)とのデュオです。

Cesar Franck “Prelude, Fugue et Variation” [Marimba : Francois Du Bois]

◆◆

こちらはドイツの新聞で最高の音楽批評を書いてもらった一曲。もともとは、ピアノ曲だったのが、クラシックギターのレパートリーとして有名になった、これも名曲です。

Isaac Albéniz “Granada” [Marimba : Francois Du Bois]

◆◆

これは日本でも有名なリシャール・ガリアノが、僕のために書いてくれたAppelというマリンバ曲。

リシャールらしさが出ています。

Richard Galliano “Appel” [Marimba : Francois Du Bois]

◆◆

マリンバの僕と、ビアノで黄金コンビを組んだ、Ludovic Selmiリュドヴィック・セルミとの一曲です。

Ludovic Selmi “Asteroide 1″ Recorded at IRCAM Studio, France, 1990 [Marimba : Francois Du Bois]

◆◆

そのほかにも、まだまだたくさんアップしてありますので、よかったらここを覗いてみてください:

Francois Du Bois COLLECTION

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 [電子書籍新刊!]

 

『日本人には教えなかった外国人トップの「すごい仕事術」』

〜カリスマたちの人生を豊かにする「秘密」〜 

(フランソワ・デュボワ著)

 対応機種:Windows / iPhone / iPad / Android S / Android M / Android L

[大人気!] 

太極拳が教えてくれた人生の宝物-中国・武当山90日間修行の記

(講談社文庫)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

[デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木or金曜日更新]

「縮み思考」の恐ろしさ

地震にあって、人々は変わった!と口々に言いますが、
僕は何も変わってはいないと思います。

変わったのは、人々の潜在意識が顕在化するスピードが上がった
ということだけ。

日々、まっとうなことを考えたり、分析したり、そして実行しようとしている人は
そのままの姿が如実に現れます。
あるいは、腹黒いことを隠し持っていた人は、それが如実に顕れるようになります。

そんなこんなで、それぞれが腹の中で考えていたことが
あっという間に表に出てくる速度が上がったために、
「こいつは、こんなことを考えていた奴なのか!」
「まあ、この人はやはり心底、しっかりしている人なのね。」
と言った気づきが、ここのところ多い、と思った方は多いのではないかと思います。

いかがですか?

これは、最近特に気づいたことなので、あえて書いてみました。

ところで、いま、僕は公私ともに、中国本土の方と付き合うことが非常に多いのですが、
インフレや、GDPの上昇率のスローダウンが叫ばれていても、
やはり、彼らのやる気の凄さや、勢いは、しっかり健在です。

とにかく、何かを掴もう!
何かを実現したい!
見たい、聞きたい、知りたい!
という、勢いがもの凄いのです。

一つのところに留まろうと思わずに、拡大しようという意志が非常に強い。
ひとことで言うと、元気です。

これに対して、日本社会はどうか。

しばらく前から、「縮み思考」が非常に強く根付き始めているのに、
みなさんも気がついていると思います。

豊かになりすぎて、ある程度の地位を築いた人間がいたら、
その人の次の行動は、たいていの場合、「守りの体制」に入ります。
築いた財産を守る、なるべく減らないように運用する、
付き合うひとを限定しはじめる。

でも、そうしているうちに、だんだんと心も視野も発想も「守り」の
体勢に入ります。

しかし、それを僕は「老ける」と呼びます。

年を取る、ではなくて、老ける、です。

いろいろなものにチャレンジしなくなり、
考えがふつうになり、そして、いつか、動きも小さくなる。
気がついたら、考えが小さくまとまり、動きがせせこましくなり、
人間関係にマンネリが生まれる。

もちろん、拡大ばかりするのが良いとは言いません。
実際、それもおかしいですしね。

でも、少なくとも、自分が縮み思考に入ったら、
守って手中に入れているはずのものでも、いつかは失う可能性を
持っている、という現実を、ぜひ、認識しておいてください。

そうなんです。チャレンジするからリスクを負う、のではなく、

守りの大勢に入りすぎているのも、また悪い意味でもリスクになりうるのです。

日本社会のあり方、自分のあり方、いろいろなものに照らし合わせて
この「縮み思考」について、ぜひ、みなさんも考えをめぐらせて
見て欲しいと思います。

まずは、その縮んだ背筋を、しっかりとまっすぐ立てることから
初めてみるのも良いかもしれません。

■ 日本赤十字 東北関東大震災義援金 受付 ■
http://www.jrc.or.jp/contribute/help/l4/Vcms4_00002074.html

◆◆◆

【夏セミナー 各種お知らせ】 

第35期『やる気を上げる2ヶ月講座』

7月24日開始の夏の講座。

ただいま、受講生募集中!

受講に関する不安や質問は、いつでもお気軽に。

info@d-pr.jp まで

◆◆◆

【新刊!】

◆◆◆

【まだまだ新刊!】

『人生を豊かに歩むために大切なこと どうでもいいこと』

(ダイヤモンド社、1,365円)


◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

↓↓↓New Class!『ティータイム太極拳』↓↓↓

◆◆◆

■twitter:DuboisFrancois

■朝日新聞online 『人生を変えるカラダづくり』連載中!

NIKKEI NET 日経 Ecolomy 連載

◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木or金曜日更新】

持って生まれた体力についての“謎”

今日のディスカッションで、ひとりひとりの中にもともと蓄えられている
体力の量は平等だと思うか?という質問をもらいました。
そして、実際の体力のある・なしの実感は、ただ単にその人が自分の中にある
体力分を十分に引出しきれていないからか?と。

正直に言うと、もともと生まれ持った体力には個人差があります。
DNAが違いますからね。
実際、丈夫に生まれる、あるいは、虚弱体質に生まれる、などと言うでしょう。

でも、多くのひとは、この一時的な事実に留まって
それ以上先に進もうとしないのがクセモノです。

「わたし、もともと身体が弱くて体力ないのよ。」という風に言い訳をしたら、
それに甘んじて生活してしまうのです。

でも、それはマズイですよ。

遺伝で受け継いだものを、ただ持て余しているだけでは、
あなたというヒトとしての生命力や、性質としての個性は、
浮かび上がって来ません。
いろいろな体験を生きて、鍛えたり、育てたりして、
心身のアイデンティティーが、徐々に形成されていきます。

そして、冒頭に出てきた体力の話もしかり。

中国の高名な漢方医で、副主席の主治医でもある王医師のことを
思い出します。
彼は、武当山の道士であり、また名医として中国中に知られている方で、
私が向こうで修行をしている間に、気功を教わった張本人でもあります。

上:王医師

先生は、虚弱体質として生まれ、いつも病気がちで、さらにまだ小さい頃に心臓に重要な
疾患が見つかって「長くは生きられない」と当時の医者から宣言されたそうです。

その頃に中医学と漢方に出会って興味を持ち始め、勉強&実践をするうちに、
身体が丈夫なり、心臓の疾患を自力で治したという話を教えてくれました。

彼は今80歳で、山の誰よりも身体がやわらかく、また丈夫で、かくしゃくと
しています。そして、見事なカンフーの使い手です。

さあ、私の言いたいことがお分かりですね。

持って生まれた体力云々なんて、ただの都合のいい「いいがかり」です。

【6月4日(土)シンポジウムの告知】

テーマ:講談社『現代ビジネス』行動経済学シンポジウム
「幸福の経済学—3・11以降の『豊かさ』と『幸せ』を考える」

日時:6月4日(土) 午後1時半受け付け開始 午後2時開演終演午後4時

場所:株式会社講談社本社講堂
東京都文京区音羽2-1-12-21 営団地下鉄有楽町線「護国寺駅」すぐ

主催: 講談社『現代ビジネス』編集部
協賛: 行動経済学会

詳しい情報とお申し込みは、こちらから。

※チケットの当日販売はありません。事前に入場券を購入した方のみ
ご参加いただけます。
シンポジウムに登場するゲスト:

(上左)香山リカ氏 (上右)筒井義郎氏 

(下左)フランソワ デュボワ (下右)内藤忍

■ 日本赤十字 東北関東大震災義援金 受付 ■
http://www.jrc.or.jp/contribute/help/l4/Vcms4_00002074.html

◆◆◆

【夏セミナー 各種お知らせ】 

第35期『やる気を上げる2ヶ月講座』

7月24日開始の夏の講座。

ただいま、受講生募集中!

受講に関する不安や質問は、いつでもお気軽に。

info@d-pr.jp まで

◆◆◆

【新刊!】

◆◆◆

【まだまだ新刊!】

『人生を豊かに歩むために大切なこと どうでもいいこと』

(ダイヤモンド社、1,365円)


◆◆◆

■ライフとキャリア のことなら

『デュボワ・メソッ ド・スクール』

◆◆◆

 ■都内で学べる太極拳

『WIMA:武当式太極拳・気功教室』

 

◆◆◆

■twitter:DuboisFrancois

■朝日新聞online 『人生を変えるカラダづくり』連載中!

NIKKEI NET 日経 Ecolomy 連載

◆◆◆

【デュボワ・メソッド・ブログは、毎週木or金曜日更新】